通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
子どもに伝えたい<三つの力> 生きる力... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

子どもに伝えたい<三つの力> 生きる力を鍛える (NHKブックス) 単行本(ソフトカバー) – 2001/11/22

5つ星のうち 4.3 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,048
¥ 1,048 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 子どもに伝えたい<三つの力> 生きる力を鍛える (NHKブックス)
  • +
  • 「できる人」はどこがちがうのか (ちくま新書)
総額: ¥1,890
ポイントの合計: 59pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

引きこもる小学生。算数のできない大学生。他人と会話できず、すぐにキレてしまう若者。彼らの「冷えた身体」を暖め、「生きる力」を鍛えるために必要な「三つの力」を、教育学の俊英が、授業実践に基づき提言する。高い関心を集める「斎藤メソッド」の試みを紹介しながら、子どもたちのアイデンティティをどう育てるのか、レスポンスできる「動ける身体」をどう作るのかを考える。自信を失った日本と日本人に活を入れる、注目の書。

内容(「MARC」データベースより)

引きこもる小学生。他人と会話できず、すぐにキレてしまう若者。彼らの「冷えた身体」を暖め、「生きる力」を鍛えるために必要な「三つの力」を授業実践に基づき提言し、高い関心を集める「斎藤メソッド」の試みを紹介。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 254ページ
  • 出版社: NHK出版 (2001/11/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 414001928X
  • ISBN-13: 978-4140019283
  • 発売日: 2001/11/22
  • 梱包サイズ: 18.2 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 161,665位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
三つの力をバランスよく磨くこと大切さは、
おとなという年齢になっても大切なものである
と思います。
斎藤氏の主張する「コメント力」が特に他の著書「質問力」
などにもつながる考え方であると思うのであげておきます。
このコメント力とは、
本を読んだり人の話を聞いたりして、
それを要約し、自分なりの考えを述べ、
質問するというような力です。
自分たちが日常で行っている「聞いて、話す」
というコミュニケーションの基本的な姿勢について、
具体的な事例を挙げて言及しています。
コメント力を鍛えるためには「メモを取る」力が
大切であり、たとえば講義中などは聞きながら、
質問内容を考え、メモをするなど実際の訓練についても
ワークショップを通じた実践事例なち?を書いてあります。
それぞれの力には、
スポーツ選手や落語家の例などいわゆるできるひと、
達人の例を出しながら、説得力のある証明をしています。
そういった方が提案する
教育や学びについては生涯使い続ける
力の基本があるようにおもいます。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ミヤコ トップ500レビュアー 投稿日 2007/1/10
形式: 単行本(ソフトカバー)
斎藤孝教授らしい本です。

昨今、文科省の方針で「生きる力」の養成が学校教育で重要視されている。筆者はその概念自体は否定せず、その抽象性を否定している。もう少し具体的で、かつあまり具体的になりすぎないものとして、本書のテーマである<三つの力>を提案している。

<三つの力>とは、コメント力、要約力、そしてまねる盗む力である。これを身につけることが生きる力につながることを説いている。

文科省の方針を批判して終わりの書物はよく見かけるが、斎藤さんは、そこから自分なりの考えや代替案を提示し、それを実践しているところが素晴らしいと思う。

また、この本は、<三つの力>が中心に据えられているが、それだけではない。<三つの力>を根底にした、授業案の立て方、また読書の重要性も説いていて、特に現場教員にとっては意義深いことが多く書いてある。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 教室での実践や体験をふまえていて、具体的で説得力のある内容だと思います。『花男』『ゴルゴ13』『おたんこナース』『天才バカボン』などのシーンを転載して、質問力や段取り力などを分かりやすく説明したりもしています。これからの時代に身につけておくべきこと(現代の「読み書きそろばん」)について、著者の提案が詰まった一冊です。
 著者は、「生きる力」という考え方を基本的には肯定する立場で、それをより具体的にするために「三つの力」を提唱してます。それぞれの項目はとても重要なもので、たしかに今後の子どもたちに必要な能力だと思うのですが、一方でもっと根深い問題がここでは取り上げられていないような気がします。
 そもそも、「生きる力」が語られはじめるということは現代の子どもたちに〈生きる意欲〉がなくなってきているということでもあるのではないでしょうか。子どもたちの間に、ニヒリズムやシニシズムが広がっていると報告する教育学者もいます。ここで紹介されるノウハウは、子どもの側に向上への〈意欲〉、将来への〈希望〉があってこそ習得されていくもののように思えます。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
6歳になる息子の、大変有益な教育の指針書となりました。せっかく小学校で英語を教えてくれるのに今から英語塾などに通わせている周囲の親御さんに対して漠然と違和感を感じておりましたが、本書を読んで英語の前に国語教育の重要性を確信できました。しかも明確な理由とともに。本書には具体的な方法がバラエティ豊かに紹介されているので、すぐにでも「やってみたい」と思わせてくれます。現在の学校教育に欠落している、生きる上で非常に大切なことは親が教え導かねばならないんだと気合が入りました。子を持つ親御さん、特にこれから義務教育に入るお子さんがおられる一人でも多くの方に読まれることを心から願います。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/6/21
形式: 単行本(ソフトカバー)
「子供に本当に伝えたい、伝えなければならない力」として、「コメント力(要約力・質問力)、段取り力、まねる盗む力」というコンセプトが提示されている、子供はもちろん社会人にも役に立つ本である。
著者が強調しているように、<三つの力>は「クリアな比較が可能」であるところが優れている。自分を高めようというときに、何から手をつけたらいいのか分からなくなってしまうことが多いと思われるが、まず<三つの力>のような評価可能な実際的な能力を高めることは、まさに現代人に必要とされていることではないかと思う。
著者は身体論も専門とし、さまざまな身体技法を実践しているという。頭で考えているだけでは決して生まれてこない、身体という「目に見える」ものと付き合ってきた著者ならではの主張であると思う。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー