Facebook Twitter LINE
  • ポイント: 124pt (6%)
通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
子どもと一緒に覚えたい 毒生物の名前 (子どもと一... がカートに入りました
+ ¥ 350 配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 ★ゆうメールの発送は、日曜祝日には発送されません。中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

子どもと一緒に覚えたい 毒生物の名前 (子どもと一緒に覚えたいシリーズ) – 2018/7/13


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
-, 2018/7/13
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 1,795
この商品の特別キャンペーン まとめ買いでオーディオ・情報家電が10%OFF 1 件


booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「1111」を入力すると最大12%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 子どもと一緒に覚えたい 毒生物の名前 (子どもと一緒に覚えたいシリーズ)
  • +
  • 子どもと一緒に覚えたい 道草の名前 (momobook)
  • +
  • 子どもと一緒に覚えたい 野鳥の名前 (momobook)
総額: ¥6,156
ポイントの合計: 372pt (6%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

身近な生物で、危険な「毒」を身に付けている生物に絞って詳しく紹介。その毒の種類や症状、遭遇度レベル、危険度レベル、生息エリアやよく出会う場所、季節、その毒生物を避けるための予防、対処法、似た生物との見分け方など1つずつディープに掲載。監修者には昆虫博士、植物博士、海洋生物博士の3名。
かぶれる程度のウルシ、毛虫から、ヒアリ、カツオノエボシなどうっかり刺されたら命が危険な生物まで、子どもと親で一緒に覚えておきたい 日本全国で遭遇度の高い生物を詳しく写真と細密画で紹介しています。
本は上製本で、飾っておきたいくらいの美しい絵と体裁。
工夫点は「よく間違えやすい生物」の写真、特徴を掲載し、比較。また「毒レベル」の表示の仕方を単純に致死量のLD50で表現するのではなく、子どもにもイメージしやすいよう、食べて毒のものは「ネズミが何匹死ぬレベルの毒か」をネズミの匹数で表し、刺された時の痛さを注射の何倍痛いか、蚊の何倍痒いか、など、親子で読み応えのある1冊です

出版社からのコメント

あなたは「毒生物」と聞いて、どんなものを思い浮かべますか?
すぐに思い浮かぶものと言えば、
猛毒で名高い、コブラやサソリ、タランチュラなどかもしれません。

でもそれられはこの本にはでてきません。
本書は、子どもと一緒に外へ出かけたときに、うっかり遭遇するかもしれない
身近な毒生物に絞って、詳しく紹介しています。 ですから、ハブよりも、皮膚が腫れたりする程度の毛虫が出ていたりします。

大人で「毒生物に興味がある」と言うと、怪しい人だと疑われそうですが、
子どもは大抵「毒生物」や「危険生物」に興味があります。

どうして子どもが毒生物に惹かれるのかといえば、
それが、とても不思議な生き物だからです。

どうして体の中に毒があっても平気なのか。
どうしてそんな毒々しい色をしているのか。

「毒」という武器や防御を身に付けた生き物を知ること、
地球上の不思議と出会うこと。
まるでリアルな世界にいる、最強モンスターを見つけるような気分です。
できれば、あまり会いたくはないけれど、安全な場所からじっくり見てみたい。
それは恐竜が好きだったり、お化けや妖怪に興味があるのと同じかもしれません。

動機はどうであれ、それは自然への扉を開けるきっかけ。

近年はテレビ等で毒生物が出たと大騒ぎするあまり、
子どもを自然から遠ざける人もいます。
でも、やみくもに怖がって、いるかもしれない場所から遠ざけるのではなく、
まずは親も、その不思議な生き物を知ることから始めてみませんか?
相手をよく知れば、子どもを守ることができます。
また、大抵のものは予防でき、知っていれば避けることができます。

子どもと一緒にこの本を読めば、子どもの方が詳細に覚え、
忘れっぽい大人なんかより、ずっと頼もしい我が家のレンジャーとして
アウトドアで活躍してくれると思います。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • -: 156ページ
  • 出版社: マイルスタッフ(インプレス); B5変型版 (2018/7/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4295401773
  • ISBN-13: 978-4295401773
  • 発売日: 2018/7/13
  • 梱包サイズ: 29.8 x 19.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 175,139位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう