¥ 2,592
通常配送無料 詳細
ただいま予約受付中です。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

子どもたちの階級闘争――ブロークン・ブリテンの無料託児所から 単行本 – 2017/4/18


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2017/4/18
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「わたしの政治への関心は、ぜんぶ託児所からはじまった。」

英国の「地べた」を肌感覚で知り、貧困問題や欧州の政治情勢への
ユニークな鑑識眼をもつライターとして注目を集めた著者が、保育の
現場から、格差と分断の情景をミクロスコピックに描き出す。
2008年に著者が保育士として飛び込んだのは、英国の「平均収入、
失業率、疾病率が全国最悪の水準1パーセントに該当する地区」に
ある無料の託児所。「底辺託児所」とあだ名されたそこは、貧しいが
混沌としたエネルギーに溢れ、社会のアナキーな底辺層を体現して
いた。この託児所に集まる子どもたちや大人たちの生が輝く瞬間、
そして彼らの生活が陰鬱に軋む瞬間を、著者の目は鋭敏に捉える。
それをときにカラリとしたユーモアで包み、ときに深く問いかける筆に
心を揺さぶられる。

著者が二度目に同じ託児所に勤めた2015-2016年のスケッチは、
経済主義一色の政策が子どもの暮らしを侵食している光景であり、
グローバルに進む「上と下」「自己と他者」の分断の様相の顕微描写
である。移民問題をはじめ、英国とEU圏が抱える重層的な課題も
背景に浮かぶ。

「政治は議論するものでも、思考するものでもない。それは生きること
であり、暮らすことだ。」
英国移民で一児の母でもある保育士ライターが放つ、渾身の一冊。

出版社からのコメント


商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 296ページ
  • 出版社: みすず書房 (2017/4/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4622086034
  • ISBN-13: 978-4622086031
  • 発売日: 2017/4/18
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 44,031位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
この商品はまだ発売されていないので、レビューの対象ではありません。

関連商品を探す