ポイント: 26pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 9月18日 土曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
4 時間 3 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
子どもたちの階級闘争――ブロークン・ブリテンの無料... がカートに入りました
この商品は1-Click注文できません。
お届け日 (配送料: ¥350 ): 9月18日 - 19日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ★良い★カバー:スレ、ふちヨレ、本文:側面小ヨゴレがありますが、読む分には問題ありません。帯無し。クリーニング済み。女性スタッフによる迅速丁寧な対応を心掛けております。 配送方法:日本郵政。送料込みの合計金額が2,000円以上(税抜き)の場合、追跡番号有りでの発送。2,000円以下の場合は郵メールの為追跡番号がございません、商品が届かない際は弊社に問い合わせメールを頂ければ郵政に確認致します。郵政の物量によってはお届け予定日より若干遅れてしまう可能性がございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


子どもたちの階級闘争――ブロークン・ブリテンの無料託児所から 単行本 – 2017/4/17

5つ星のうち4.7 131個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥2,640
¥2,640 ¥1,771

よく一緒に購入されている商品

  • 子どもたちの階級闘争――ブロークン・ブリテンの無料託児所から
  • +
  • THIS IS JAPAN :英国保育士が見た日本 (新潮文庫 ふ 57-1)
  • +
  • ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

メディア掲載レビューほか

英国社会の底辺 生活保護打ち切りで生まれた“未来のない"子どもたち

英国の保育所で働いていた日本人女性による英国社会の「底辺」についてのレポート。すべての人に読んで欲しいが、その余裕がない人のために、心に残った二点だけ書きとめておく。

「アンダークラス」という言葉をこの本ではじめて知った。「ゆりかごから墓場まで」の英国の社会福祉制度が生み出した「就業せずに生活保護をもらいながら生活している人々」のことである。伝統的な階級対立のさらに下に位置する「新たな階級」である。親子三代にわたって生活保護で暮らしているということになると、それはもう固有の文化、固有の生活規範を持つ、独立した社会集団と言わねばならないだろう。「『希望』というものをまったく与えられずに飯だけ与えられて飼われ」たこのクラスの人々は「金と引き換えに、それより大事なものを奪われてしまった」。自尊心を失った人々の心身がどれほど荒廃するかについては、本書に無数の症例があげられている。

生活保護など打ち切って、「アンダークラス」にも労働させろという声が当然上がってきた。保守党政権は二〇一〇年以来、福祉への支出を大幅に削減した。「生活保護受給者の締めつけを派手に行うことによって支持率を維持しようとした」のである。

事情は日本と同じだ。社会福祉先進国であった英国においてさえ、一方で社会福祉制度の受益者たちは底なしのモラルハザードを起こし、他方にそんな連中は餓死しても自己責任だと言い放つ人間が登場しているのである。

だが、保守党による福祉の停止は何の解決ももたらさなかった。事態はさらに悪化しただけだった。生活保護の受給停止の最大の被害者は受給者の子どもたちだったからである。子どもたちは、公的支援を失うことで、住むところを失い、食べるものも身にまとうものにも事欠き、絶望し荒れ狂う親たちの暴力によって心身に回復不能の傷を負った。

だから、親たちがどれほど問題を抱えていても、社会復帰の可能性が低くても、それでも子どもたちへの支援を止めるべきではないと著者は考える。

社会福祉というのは弱者自身のためというよりその子どもたちのためのものだという考え方を私はこの本に教えられた。子どもたちに親の責任を引き継がせてはならない。子どもたちにはつねに社会的上昇のチャンスを確保しておかなければならない。「子どもや若者を育てない社会はノー・フューチャー。というかスーサイダルでさえある」という言葉に私は同意の一票を投じる。

評者:内田 樹

(週刊文春 2017.07.13号 掲載)

子どもたちの階級闘争―ブロークン・ブリテンの無料託児所から

英国・ブライトンに20年以上住む著者が、保育士として関わった、「全国最悪の水準」にある託児所での見聞録。

最下層の子どもたちに未来をと一人の女性がつくった託児所で、かつては白人の最下層とインテリ・ヒッピー、それに移民の親子が共生していた。しかし生活保護や失業保険がカットされ、英国人の利用者が激減したのち、とうとう託児所さえもが姿を消す。未来に希望を持てる移民の子どもたちのほうが、英国人最下層の子どもたちよりも幸福に見える皮肉と、貧困の広がり。勤勉で上昇志向の強い移民の母親のスパルタ式育児が、「野蛮な文化圏の人々の児童虐待」とみなされる危険性。子どもがきれいな金色に塗った、「マミイが流しに捨てたビールの色」あるいは「おしっこ」の絵。軽妙な筆致で社会の暗部を鋭く描く。

評者:西條博子

(週刊朝日 掲載)

出版社からのコメント

UKの貧困地区にある託児所に視点を置き、社会の分断を鋭敏に綴った、在英20年余の保育士ライターが放つ、渾身の一冊。新潮ドキュメント賞受賞作。 定価(本体2,400円+税)<

出版社より

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ みすず書房 (2017/4/17)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2017/4/17
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 296ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4622086034
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4622086031
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.7 131個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
131 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト1000レビュアー
2019年11月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
37人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト500レビュアー
2019年12月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
30人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年7月31日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
44人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年11月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年4月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト1000レビュアー
2021年1月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年9月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年8月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告