この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

子どもこんだて 単行本 – 2001/8/23

5つ星のうち 4.1 17件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 39
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

子どもがすくすくじょうぶに育つために食べさせたいのは、日本人が昔から食べてきた伝統的な日本食。「ごはん、みそ汁、漬物、お茶」を基本にした、大人も一緒に食べる朝・昼・おやつ・晩ごはんの献立集。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

幕内/秀夫
管理栄養士、フーズ&ヘルス研究所主宰。1953年、茨城県生まれ。東京農業大学栄養学科を卒業したのち、(学)誠心学園で栄養学講師を務める。1979年に山梨県の長寿村、棡原を知り、以来現在まで伝統食と民間食養法の研究を行う。また、全国の長寿村を歩いて調査して“FOODは風土”を実感し、提唱する。食生活の個人相談、講習会、帯津三敬病院をはじめとする医療機関などで食事相談を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 128ページ
  • 出版社: 主婦の友社 (2001/8/23)
  • ISBN-10: 4072313149
  • ISBN-13: 978-4072313145
  • 発売日: 2001/8/23
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 181,897位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
アレルギーをはじめ身体が弱くなったといわれる今の子どもたちは
動物性脂肪やお砂糖たっぷりの食事が大好き。
一方、丈夫な昔の子どもはそんな食事はしていなかった。
そんな視点から子どもの食事は伝統食がいいと提唱されている幕内さんの献立集です。
何だか手がかかりそう、と思う方も多いかもしれませんが、レシピはとてもシンプル。
ハンバーグやスパげティに慣れた舌には最初は物足りないかもしれませんが、
こんな食事のよさも我が子には知ってもらいたいな。
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
朝ご飯を食べてくれない子どもにイライラを募らせていました。自分の料理がいけないのかと悩んでいました。共働きで忙しい為、前の日の残り物ばかりの朝食に子どもも飽き飽きしていたのだと思います。この本のレシピに挑戦してみてから自然とたくさん食べてくれるようになりました。おいしい!!と言ってくれるようになりました。毎日続けられるお手軽レシピが魅力です。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
2歳半の男の子の母親です。第一反抗期も真っ只中、食事もなかなか思うように進まず毎日献立に困っていました。そこでこの本に出会い実践すると「エッ!?」っと思うほど子どもがすんなり受け入れてくれました。レシピも素材もいたってシンプル。今まで私は頑張りすぎていたようです。素材そのままの形と味が我が家の息子にはとても合っていたようです。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
離乳食からいざ、一般食へ…。
とはいえ、どの子供向けのレシピブックもこぎれいな料理ばかりで、
生活していく中で実現可能なものって案外少ない。
この本は、そんな迷いを払拭してくれた。
基本はごはん!
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
簡単で、おいしくて、体にいいもの。
でも、どうやって作ったらいいんだろう。どんなものを子どもに与えたらいいんだろう。
ここには、参考になるメニューがたくさん。
見ているだけでもおいしそうだし、私でも簡単に作れそう、って思えるところがいいです。
これを読んでから、我が家の夕方のおやつは”塩むすび”になりました。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
よく朝パンを食べていたのですが、この本を読んで、やはり日本人はお米と味噌汁と漬物だなぁって思いました。昔私が食べていたのがやっぱり子どもにも良いのだとつくづく感じました。我が家では毎日味噌汁を作り(だしを取ります)、ぬか漬けをつくり、ご飯食に変わりました。

おやつもよくクッキーとか買ってましたが、レンジでチンしたおいもやとうもろこし、甘栗むいちゃいましたなんかが良いのですね。

おやつの意味がわかりました。

添加物や着色料なんかも気になりますし、子供の食は親次第ですね。

気をつけようと思います。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 こぶたえ 投稿日 2005/9/6
形式: 単行本
自閉症の子供たちと関わる方のお話がほんの少しありますが、差別的な内容は全く無かったです。しかも著者自身の言葉でも無いし。
それは良いのですが、子供の成長に関して「子供とはこういうものだ」と決め付けてしまう考えがところどころに表れていて気になります。
献立はシンプルで肩の力がほぐれて良いです。とても参考になります。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
近頃、母親である私が家族の食事を作るにあたり、
家族の健康を考えてこちらの本を読んでみました。
栄養面で和食がいちばん良いということと、
「おやつは食事の延長」という考え方で、おにぎりや
おいもなどを薦めてありました。
これまでスナック菓子や清涼飲料水を与えていた自分を深く反省しました。
子どもがアトピーなこともあって、我が家では今洗剤、食べ物などに
含まれるケミカルなものをなるべく少なくしていこうと色々な物を
徐々に買い変えているところで、食事もなるべく手作りして、
添加物の少ないものを選んでいこうと思っています。
この本はそのきっかけを与えてくれました。
レシピももちろん載っていますが、
要は和食なので、コンセプトに☆5です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
子どもが和食を好むので、この本を購入しました。
基本は「ご飯、味噌汁、漬物、お茶」。
とてもご飯の仕度が楽になり、子どもも喜んで食べるようになり
いままで「子どもが好む」とされている食品を子どもが食べないことを悩む必要がなくなりました。
母乳もさらさらとしたものがよく出るようになりました。
日本人の体にあった食事を、ということなのだと思います。
ただ、この本では今まで言われてきた栄養の摂り方とだいぶ違ったことが書かれているにもかかわらず、なぜそのほうが良いのか?ということがわかりにくいため、最初、極論を体験的な乱暴な思い込みで書いているような感じを受けました。(そのため、★4つとしました)
著者の「粗食のすすめ」を読んだのですが、こちらを読むと実際に理論に裏づけがされていることがわかります。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー