通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 大黒堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー付き。きれいです。すぐに発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫) 文庫 – 2003/9

5つ星のうち 4.4 148件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫)
  • +
  • 男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方 (中経の文庫)
  • +
  • はじめてママ&パパの育児―0~3才赤ちゃんとの暮らし 気がかりがスッキリ! (主婦の友実用No.1シリーズ)
総額: ¥2,702
ポイントの合計: 73pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

世界22カ国で愛読され、日本でも120万部を超えるベストセラーとなった子育てバイブルが待望の文庫化! 子育てでもっとも大切なことは何か、どんな親になればいいのかというヒントがこの本にあります。親は、子どもにとって、人生で最初に出会う、最も影響力のある「手本」なのです。子どもは、毎日の生活の中で、よいことも悪いことも、親から吸収していきます。
本書は、よい子を育てるために親が知っておかなければならない知恵が、誰もが共感できるシンプルな言葉で綴られています。「けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる」「見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる」「認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる」「和気あいあいとした家庭で育てば、子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる」など、子育ての不安を解消する魔法の言葉がいっぱいです。
自信を持って子どもに向き合えるようになるに違いありません。

内容(「BOOK」データベースより)

世界22カ国で愛読され、日本でも120万部を超えるベストセラーとなった子育てバイブル、待望の文庫化。子育てでもっとも大切なことは何か、どんな親になればいいのかというヒントが、この本にあります。「見つめてあげれば、子どもは頑張り屋になる」「けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる」など、シンプルな言葉の中に、誰もが共感できる子育ての知恵がちりばめられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 263ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2003/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569660231
  • ISBN-13: 978-4569660233
  • 発売日: 2003/09
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.2 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 148件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 627位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
著者のドロシーさんの詩にこの本のすべてが要約されています。
「子は親の鏡」
けなされて育つと、子どもは人をけなすようになる
とげとげした家庭で育つと、子どもは乱暴になる
不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる
「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもはみじめな気持ちになる
子どもを馬鹿にすると、引っ込み思案な子になる
親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる
叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう
励ましてあげれば、子どもは自信を持つようになる
広い心で接すれば、キレる子にはならない
誉めてあげれば、子どもは明るい子に育つ
愛してあげれば、子どもは人を愛することを学ぶ
認めてあげれば、子どもは自分が好きになる
見つめてあげれば、子どもは頑張り屋になる
分かち合うことを教えれば、子どもは思いやりを学ぶ
親が正直であれば、子どもは正直であることの大切さを知る
子どもに公平であれば、子どもは正義感のある子に育つ
やさしく思いやりを持って育てれば、子どもはやさしい子に育つ
守ってあげれば、子どもは強い子に育つ
和気あいあいとした家庭で育てば
...続きを読む ›
コメント 568人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
某有名大学、大学院で、日本を代表する児童心理学者に学んだ者です。
最初の授業で、何十年も児童発達心理学を研究してきた第一線の教授から、「随分売れているけど、この本に書いてあることは信じないように。悪書です。」と紹介されたのがこの本でした。

読み物としては、確かにいい本です。でも、思うとおりに子供が育たないとき、自己嫌悪に陥る本でもあります。読んでいると、「そうなんだー、親の私がしっかりしなくちゃ!」と思わされる。「子供が悪いのは、自分が悪いからなんだ」って。私自身、今は2児の親になりましたが、この本を読んでいると、いつも「忙しい日々の中でこんなこと全部するなんて無理無理。自分って駄目な親だなー」と思わされます。こういう気持ちになるのは、私だけでしょうか?

読み物として感動したり、いい内容の本が、必ずしも現実に即していたり、科学的に裏付けされているとは限りません。実際に、どんなに親が完璧で、この本に書いてある通りの子育てをしても、子供が問題児や、犯罪者になることはあります。それが現実です。事実、子育てに問題を抱えて大学の心理相談室を訪れる親御さんたちが、すべていわゆる「悪い親」ではありません。

子育てとは、この本にあるような、こんなに単純な因果関係だけで説明できるものではありません。遺伝なども含め、文化的背景
...続きを読む ›
1 コメント 862人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/10/10
形式: 文庫
私は、ずっと親の言葉に傷つけられて生きてきた。一番身近な人間にそんな目に遭わされたので、人を信じられない人間になった。この本を読んで、自分の親に読んで欲しいと思いましたが、そんな学習能力があったら、そもそも子供に言葉の虐待なんてする訳ないですね。私は、この本を読んで、「自分の親みたいな人間」にだけはならないようにしようと、自分の子供には愛情をもって育てようと思いました。
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 poohymca VINE メンバー 投稿日 2004/12/5
形式: 文庫
最初に書かれているポエムで、すべてを語りつくしている。
それほどこの詩には力があると思います。
「このように接すると、このようになる」という原因と結果の法則がいいじゃないですか。
相手のせいじゃない、自分の鏡なんだっていうところが・・・
そうして、子どもだけじゃなく、人と接するポイントとして
人に優しく生きて生きたいと思いました。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/2/5
形式: 文庫
いろんな育児本をよみましたが、具体例が著者それぞれ違ってまったく実現できないし、無理が多い。でもこの本は基本的な精神の持ち方がかかれていて、読んでいても疲れない。なるほどと言うことが多いし、実行しても自分の気分も落ち着く。
外国の本に多い、日本では変だという内容もなく、非常に共感できる。
初めの詩の内容を具体的にしてある本文も分かりやすい。
おすすめです。
コメント 135人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
詩「子は親の鏡」を読んで泣いた。
予想せずに泣いた。
かねがね、自分の人間関係がヘンだなあと思った。
その人間関係がなぜ、うまくいかないのか、
その理由が冒頭の長い詩に込められている。
昔アダルトチルドレンだとかトラウマだとか、
そういうフレーズにビビッときた
傷ついた子どもたち、
大人になれない人たち、
大人たちは、
この詩をよく読みよく考えてみてほしい。
長年の恨みつらみ被害妄想から解き放たれるはずだ。
もう苦しまなくてもいいんだよ。
ところで、
うちの親は毎日文句を言います。
そういう親にぴったりなフレーズが載っています。
「文句を言うくらいなら、どうすれば文句を言わなくてすむか、
その対策を考えて行動に移す・・・」36頁
もっとも、この本を読んですぐ実践できるようなら
相当頭のいい人かもしれませんけどね。
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック