嫌われ松子の一生 TVドラマ版 DVD-BOX がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ☆帯付き【アマゾンから即日発送!】 ◆ディスク5枚・DVDケース6枚・帯・外箱・ブックレット付属! ◆レンタル品ではありません^^ 帯・外箱・ブックレットはキレイで、ディスクもキレイでピカピカです♪ ◆ 再生確認済み、アマゾン専売商品ですので在庫切れはありませんので、ご安心ください。 ◆ アルコール除菌後、汚れないようにクリスタルパックで包装後、アマゾン倉庫で保管しています。 ◆ 万が一商品に、不備がある場合は、返品・返金対応させていただきます。 ◆ ご注文確定後、安全・確実のアマゾンから発送されますので、ご安心ください♪
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 10,949
120pt  (1%)
通常配送無料 詳細
発売元: コスモまーと
カートに入れる
¥ 10,949
通常配送無料 詳細
発売元: モカショップ 伊勢崎
カートに入れる
¥ 16,731
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

嫌われ松子の一生 TVドラマ版 DVD-BOX

5つ星のうち 4.2 14件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 24,624
価格: ¥ 10,950 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 13,674 (56%)
ポイント: 164pt  (1%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、コロルストアが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 嫌われ松子の一生 TVドラマ版 DVD-BOX
  • +
  • 嫌われ松子の一生 通常版 [DVD]
総額: ¥12,420
ポイントの合計: 164pt (1%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 内山理名, 要潤, 小池栄子, 鈴木えみ, 北村一輝
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 6
  • 販売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日 2007/03/09
  • 時間: 590 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 14件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000I8OI1G
  • EAN: 4527427637269
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 29,485位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

★大ヒット映画『嫌われ松子の一生』のTVドラマ版、早くもDVD発売! 内山理名が清楚な中学教師から肌もあらわなソープ嬢、殺人犯、引きこもり中年女までを体当たり熱演! 歌って踊って泣けた映画とはひと味違う、川尻松子クロニクル誕生!! 製作年: 2006
製作国: 日本
分類: TV
ジャンル: ドラマ
TV放送: 2006年10月12日より毎週木曜22:00~ 全国TBS系列にて(全11話)
特典映像: あり
メイキング/制作発表/各キャスト・クランクアップ集/SPOT集/予告編集/ノン
クレジットタイトルバック/王様のブランチ映像(予定)
封入特典: なし

【スタッフ:】
■原作:山田宗樹「嫌われ松子の一生」(幻冬舎文庫)
■脚本:成瀬活雄
メインテーマ:「In The Mood」by BACCHUS feat.La Gauno

■ プロデューサー:貴島誠一郎
■ 演出:酒井聖博/堀英樹/山本剛義
■ 製作:TBS/ドリマックス・テレビジョン
【キャスト】:
内山理名
要潤
小池栄子
鈴木えみ
佐藤B作
秋野暢子
吹越 満
萩原聖人
杉本哲太
谷原章介
北村一輝
●ストーリー:
主演の嫌われ松子こと川尻松子役は、約1年ぶり連ドラ主演となる内山理名。
内山は23歳の清楚で初々しい教師時代から56歳で生涯を終えるまでを演ずる。
共演者には要潤ほか毎回豪華ゲストが登場。
松子という女性の生涯を通じあぶりだされる人生の光と影。
そこには、ひたむきに生きた生身のむきだしの愛情が溢れている。
「あーあ・・・またやっちゃったよ・・・」と松子の思い込みの激しい行動
にヤレヤレとため息をついているうちに、ふと振り返ってみると、いつのまに
か松子を愛おしく思っている自分に気付くはず。
そして、松子の人生を愛おしく思ううちに、なぜだか自分の人生もまた愛お
しく思えるようになってくるような、人を愛おしくさせる成分がこれでもかと
ぎっしり詰まったサプリメントのようなドラマ!!
解説・備考:

----------------------------------------------------------------------------

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

映画版も大ヒットした山田宗樹の同名小説を、内山理名主演でドラマ化したTVシリーズのBOX。運命の波に翻弄され、社会の底辺を這いずるかのように生きた主人公・川尻松子の波乱の人生を描く。実力派俳優を中心に多彩なキャストが出演。全11話を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

原作本を読んで、松子の悲惨さに暫くの間…落ちましたが、

ドラマの松子はホントに素晴らしかったです。

こう言うと、映画版を勤めた
中谷美紀・松子に失礼ですが、中谷・松子にも愛はありました。

演技も素晴らしいし、命を注いでたと実感します。
映画版もオススメですが、個人的にはドラマの内山理名・松子も大健闘してました。

最終回は正に必見です。

あんなに酷い人生だったのに、それでも愛に溢れたラスト…

是非、観て欲しいです。

設定が変わった明日香役の
鈴木えみも素晴らしい。

小池栄子は屋台骨の様な構えでの好演。

考えや生き方を変えさせられました。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
最高です!!
映画版では2時間という枠に制限されてしまい、残念ながらあまり語られなかった松子と洋一の愛が
TVドラマ版では2人の長年の年月によって変わっていく心情が実に細部まで描かれていて泣けました。

前半は松子の転落人生。後半は、松子、洋一、めぐみの3人の人間ドラマに引きずり込まれる事間違いなしです。
松子の生涯を辿った過去パートと、姪の明日香が松子という人間の真実を追い求める現代パートが毎週絶妙に絡み合うのも面白い。
映画版では、過去に松子と重要な絡みがあった洋一とめぐみが映画版の現代パートでちょい役としか出てきませんでしたが
TVドラマ版では明日香が真実を知るための重要な役柄として登場して来るのも良さのひとつ。

キャストも、内山理名さんの可愛らしい松子や要潤さんの凛々しい洋一などぴったりな配役だと思います!
低視聴率のためか、あまり世間から評価されないのが実に悔しいです…。
「あの時こうならなければ…」という、ドラマオリジナルのラストシーンのパラレルワールドには、このドラマを愛した人たちには号泣モノです。

洋一やめぐみ、明日香や赤木マネージャー、孤児院の子どもたち、
大勢の人たちから愛され、天に昇っていった川尻松子を、みなさんもぜひ愛してください☆★☆
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
何故なんだろう…
このドラマだけは、毎週テレビ放映されていた時、毎週かならず欠かさずに観ていたドラマ。
この作品が面白いから。なんて理由は、言うまでもない理由だが…
面白い。って言っても、普通のラブストーリードラマと違い、決して明るい話ではなく…ヒロインの転落人生…いろんな人と出会うが…幸せな時間は、そう長くは続かず…みたいなどっちかと言うと暗い話…そのどんよりとしたドラマ全体的な雰囲気がまたいい。
そしてなにより、出演者がいいですよね。ヒロイン役の内山理名。最後の恋人役として出てくる硬派系の要潤。そしてヒロインの友人役の小池栄子。そして、このドラマで「この人久々に見たなぁ」という印象が強かった美木良介。といったキャスティング。特に、内山理名と要潤は、このドラマがきっかけで好きになりました。
川尻松子は、ホントにカワイイです。優しくて、尽くしてくれる人で、そして容姿端麗。現代女性には、ほとんどいないタイプですね…
こんな人…お嫁さんにしたいなぁ…(笑)
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
賛否両論ありますが、僕は、ドラマのほうが断然いいと思います、映画では伝わってない松子の微妙な心情まで描かれてていいと思います。映像でごまかしてないとこもいいです。

内山理名さんの微妙な表情の演技が光ります。DVD-BOXが出たら買いたいと思います。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 : 投稿日 2006/11/16
映画ならともかく、ここまで破滅的なヒロインをリアルなタッチでプライムタイムの連ドラで描くというのはある意味タブーへの挑戦で、当然視聴率はじめいろんな面でリスクを負うが、それを敢えてやってしかも実験的なものに堕さない「普通の目」で見られる作品にしている制作の姿勢と努力に拍手したい。キャスティングにも目先の人気取りでない手堅さを感じる。

映画と違うから評価しないという意見があるというのには、その信じがたい頭の悪さに呆然とする。映画をドラマ化したわけじゃなく小説をドラマ化したのであるなんてことはいちいちいうのもバカげてるほど当たり前のことだし、映画とは敢えて違う方向で、つまり原作に忠実にやると事前に宣言してそのとおりにやっているのは、先行作品の人気に便乗しない姿勢として果敢なことだしある意味当然そうやるべきことでもある。というか、そんなこと以前に、映画と「同じもの」が見たいならどうしてドラマ見るんだろうね。「同じもの」が見たいなら映画繰り返し見るしかないじゃない、映画「じゃない」ものは映画「と違う」に決まってるんだから。同じカレーライスでも甘口カレーは辛いし辛口カレーは辛いなんてことは幼稚園児でもわかるだろう。「辛口カレーを食べてみたら甘口カレーと違って辛かったから嫌いだ」なんて……どこの星から来た人なんだろ?
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック