嫌われ松子の一生 通常版 [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,980
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: サザンフィールド
カートに入れる
¥ 2,800
通常配送無料 詳細
発売元: Maid in KIHARA
カートに入れる
¥ 2,800
通常配送無料 詳細
発売元: オンラインDVD/CD通販ショップ 【夢の王国】 送料無料&コンビニ決済/代引き利用可能
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

嫌われ松子の一生 通常版 [DVD]

5つ星のうち 4.2 212件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 1,880 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,224 (54%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、f-priceが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:20¥ 1,100より 中古品の出品:27¥ 67より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオ映画「嫌われ松子の一生」¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 嫌われ松子の一生 通常版 [DVD]
  • +
  • 下妻物語 スタンダード・エディション [DVD]
総額: ¥4,970
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 中谷美紀, 瑛太, 伊勢谷友介, 香川照之, 市川実日子
  • 監督: 中島哲也
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日 2006/11/17
  • 時間: 130 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 212件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000HRMEYG
  • JAN: 4527427635975
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 5,429位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

『下妻物語』の中島哲也監督待望の最新作!
超豪華キャストで贈る不幸だらけのまったく新しいシンデレラストーリー!
2006年秋、たくさんの皆さんに愛された「嫌われ松子」がDVDになって帰ってくる!
2006年・日本/カラー/片面二層/16:9ビスタ/音声:1:日本語5.1chサラウンド(ドルビーデジタル)
2:日本語5.1chサラウンド(DTS)/字幕:日本語字幕
映像特典□コメンタリー(監督、音楽スタッフ、美術スタッフなど □ミュージック・チャプター/
キャラクター(登場人物)チャプター □予告編、TVスポット(特典名称は変更になる場合がございます) 【スタッフ】監督・脚本:中島哲也 原作:山田宗樹 製作統括:宮下昌幸、近藤邦勝、細野義朗、島谷能成、
見城徹 エグゼクティブプロデューサー:間瀬泰宏、小玉圭太 プロデューサー:石田雄治、佐谷秀美
アソシエイトプロデューサー:鈴木ゆたか アシスタントプロデューサー:盛夏子、岡田有正 撮影:阿藤正一
照明:木村太朗 録音:志満順一 美術:桑島十和子 スタイリスト:申谷弘美 ヘアメイク:佐藤光栄
振付:香瑠鼓 スクリプター:長坂由起子 助監督:吉見拓真、武正晴 ビジュアルエフェクト:柳川瀬雅英
VFXプロデューサー:土屋真治 CGディレクター:増尾隆幸 音楽プロデューサー:金橋豊彦 音楽:ガブリエル・ロベルト、
渋谷毅 整音:太斉唯夫 編集:小池義幸 キャスティングプロデューサー:鳥沢晋、楠本直樹
ラインプロデューサー:大里俊博、松田康史
【キャスト】中谷美紀 瑛太 伊勢谷友介 香川照之 市川実日子 黒沢あすか 柄本明 木村カエラ 蒼井そら
柴咲コウ 片平なぎさ 本田博太郎 奥ノ谷佳奈(子役) ゴリ(ガレッジセール) 榊英雄 マギー
竹山隆範(カンニング) 谷原章介 甲本雅裕 キムラ緑子 角野卓造 阿井莉沙 宮藤官九郎
谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ) 劇団ひとり 大久保佳代子(オアシズ) BONNIE PINK
濱田マリ 武田真治 木野花 荒川良々 渡辺哲 山本浩司 土屋アンナ AI 山下容莉枝 山田花子
あき竹城 嶋田久作 木下ほうか(登場順) (C)2006「嫌われ松子の一生」製作委員会

Amazonレビュー

   現代の日本映画とミュージカルというのは、相当うまくやらないと水と油の関係になってしまうが、本作は違う! 主人公・松子のターニングポイントで、ふつうに撮ったら中だるみしそうな場面をミュージカルにすることで、映画の流れを加速させるのだ。木村カエラ、BONNIE PINKらのナンバーも耳に残る名曲ぞろい。山田宗樹の原作は、松子の不幸な人生を明るく描いていたが。この映画版はさらにポップで前向き。不幸な人生も、見方を変えればドラマチックですばらしいという人生賛歌に変えていく。だから観ていて爽快なのである。
   教師からソープ嬢、犯罪者、孤独な生活…と落ちていく松子の人生。特殊メイクで超デブ姿も披露する中谷美紀を中心に、ゲスト出演の脇役に至るまで俳優たちが個性を出しきっている。困ったときに見せる松子の「ヘンな顔」など原作にはないユーモアも映像ならではだろう。映画というものは、どんな傑作でも2時間観ていれば多少疲れてくるものだが、本作はいつまでも観続けたいと思わせる飽きのこない作り。日本映画の可能性を示す傑作だ。(斉藤博昭)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
深いお話です。原作を知っていますが、どういう風にエンターティメントになっているのか
どういう風に松子のことがきちんと伝わっているのか
が、救われました、
観客に対して、ぼけたり遊んでいるのを見せれば
見せるほど、松子の何とも言えない部分が伝わり、原作の言うがごとくが充分に伝わるいい映画でした。

中谷さんはさすがの演技で、
栄太の先を考えず。今を生きてるっていう実感と、
恥をしらないってこう言う事か。。
をうまく見せていたと思います。
何が、どうなの。。
を言えないけど、
最後は、なんか自分らしく生きる事は大丈夫!
と思いました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 irooa VINE メンバー 投稿日 2006/5/31
形式: DVD Amazonで購入
とても切ない映画でした。

コメディ、かつミュージカル調に仕立てられているのでオブラートに包まれたように感じますが、

内容はかなりシリアスです。

些細なことで誰しも人生をしくじってしまうことがあり、

実際に松子のような人生を送った人は少なくないと思うのです。

観ていて胸が苦しくなりました。

最近の邦画では、男性が女性を殴打するシーンが殆どないので

本作は余計にインパクトがありました。

中谷美紀さんの役者根性に感心するばかりです。

松子の魂が救われて欲しいと願いました。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
主人公のあまりにも救われない人生を甥っ子が追いかけながら、彼女の古い知人たちと関わりながら解き明かしていく。。。とだけ聞くとこの映画はパッとしません。
実は松子の回想シーン(?)がまるで夢の中に入り込んだかのようなミュージカルになってたんですね。これがまた陰鬱なストーリーと正反対のノリで、ギャップがものすごい。特にラスト前は、ある結末が来ることが最初からわかっているのですが、そこまでに物語をうまく消化して観ておかないとトラウマになるくらいです。

ところが、やりすぎなほどのポップな演出と早いテンポの場面切り替え、俳優陣の入魂の演技にあっという間に引き込まれます。
松子演じる中谷美紀も熱演で、この人こんなに演技うまかったっけ??歌唱力も素晴らしい。

また、助演の松子の親友「沢村めぐみ」役の黒沢あすかの演技がこの映画のもう一つの魅力は間違いない。肩書だけ見ると一番ぶっ飛んでるが、カッコよさと熱い魂と松子を思いやるあったかい心に胸が打たれた。

この映画は確実に賛否が分かれる。自分の意見としては、「観とけ!」です。そして日本ミュージカルの傑作です!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Wny 投稿日 2017/4/2
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
レビューをみていると、この映画を嫌う人も、結構、多いようです。形だけをみれば、落ちていく一方の人生なので救いがなく思えるのかもしれません。けれど、人は、ある意味、誰でも救いがありません。どれだけ頑張って、運よく幸せな人生を送ったとしても、最後は例外なく死がまっています。松子は嫌われてもいなかったし、不幸でもなかったように思えます。気にかけてくれた友人もいたし、なにより家には彼女の帰りをまっていくれていた家族が、「ただいま」と言えば、「おかえり」と言ってくれる妹がいたのですから。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
中谷美紀さんの弾けぶりや体当たり演技がとにかく凄かった。女優魂を見た気がした。
ただそのストーリーはあまりに酷であまりに暴力的過ぎたのが僕にはきつかった。

出てくる男という男がどれも彼女を本気で愛してない暴力的でカラダ目当てのクズばかり。
そういう生き方しかできない松子のストーリーであることは十分わかっているのだが、人に媚びることで繋がろうと願い、その結果自分を安売りしていることにいくらなんでも早く気づいて欲しかったし、容貌も良く才能もあり頭もいいのだからもっと自立した女性になって欲しかった。作品に関する何の予備知識もないまま観て自分が抱く勝手な期待を裏切られた感じがしたのでちょっと辛めだが☆3つ。

作品としてはレベルが高かった。
昭和時代から平成にかけた時事ニュースや当時の流行も多く取り入れ時代の流れを見事に再現していた。
音楽が特に良かった。ラインダンスのような振付やミュージカル要素も多く取り入れ、部屋のごみ袋が〇〇になるようなCGも駆使して作品としてはとてもバリエーションがある素晴らしいものだったことは間違いない。
 
一度は観て損はない。

 
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す