通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
娘の家出 5 (ヤングジャンプコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

娘の家出 5 (ヤングジャンプコミックス) コミックス – 2016/9/16

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 236
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 娘の家出 5 (ヤングジャンプコミックス)
  • +
  • 娘の家出 4 (ヤングジャンプコミックス)
  • +
  • 娘の家出 3 (ヤングジャンプコミックス)
総額: ¥1,944
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

幼馴染の兄にデートに誘われたまゆこ。アイドルであり親戚の要に想いを寄せる百華。かわいい服や華奢な女の子に憧れる理央…
淡い恋心やさまざまな悩みを抱えた少女たちの瑞々しい日々を描くランナウェイ・ストーリー。



登録情報

  • コミック: 174ページ
  • 出版社: 集英社 (2016/9/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088904907
  • ISBN-13: 978-4088904900
  • 発売日: 2016/9/16
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
誰?と思っていたら、3巻に出ていた立花百華ちゃん。
作中アイドルグループの、本当の親戚でした。
巻数を重ねると登場人物が多くなりますね。
その分、「この話がここで繋がるんだ!」と驚かされます。

まゆこちゃんは幼馴染のお兄さんに告白されたり
(それで八つ当たりされるパパの恋人がちょっと可哀想…)、
オンラインゲームで知り合った春奈ちゃんと千秋さんのその後、千秋さんとPさんの話、
新キャラ「かわいくなりたいコンプレックス」の理央ちゃんなど、
女の子たちは傷ついたり、恋をしたり、悩んだりして日々を送っています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ちょっとダメな普通の人たちがもがき苦しみながらちょっとずつ幸せに近づく、という話。
いいことばかりじゃないけど、悪いことばかりでもないような6話です。「こいいじ」よりも少しだけファンタジーな感じ。
本作はいろいろな登場人物がちょっとずつつながっているオムニバス、なのですが。
さすがに5巻ともなると、本巻だけではストーリーがよくわからず、既刊を通して読んでいることが前提です。
既読であれば、まゆこ、春奈、森本先生、加賀さんなど、群像劇として少しずつ話が進んで行ったり、過去の話が出てきたり、と面白いことは確かです。

個人的に一番共感したのは理央ちゃんでした。自分が持っているものに気づかず、いろいろなものがうらやましく見えるのは、いくつになっても変わりません。そして斉藤由貴は不滅だと思います。
ところで「娘の家出」というタイトルですが、本巻では家出少女は表紙の1人だけです。
「女子は家の外でいろいろなことをしたり考えたりしているんだよ」という感じが合いそうです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告