通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
娘と私 (ちくま文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★【ポイント付きます!Amazonからの発送。365日毎日発送致します】帯はありません。本文は書き込み・ページ折れ・開きグセもなく良好な状態です。但しあくまで中古品になりますので気にならない程度のキズ等に付きましてはご容赦下さい。ご注文頂きましたら【 Amazon FBA 】にて梱包し、発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

娘と私 (ちくま文庫) 文庫 – 2014/11/10

5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 807

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 娘と私 (ちくま文庫)
  • +
  • 悦ちゃん (ちくま文庫)
  • +
  • てんやわんや (ちくま文庫)
総額: ¥3,304
ポイントの合計: 69pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

文豪、獅子文六が作家としても人間としても激動の時間を過ごした昭和初期から戦後、愛娘の成長とともに自身の半生を描いた亡き妻に捧げる自伝小説。

内容(「BOOK」データベースより)

文豪、獅子文六が「人間」としても「作家」としても激動の時を過ごした昭和初期から戦後を回想し、深い家族愛から綴られた自伝小説の傑作。亡き妻に捧げられたこの作品は、母を失った病弱の愛娘の成長を見届ける父親としての眼差し、作家としての苦難の時代を支え、継娘を育てあげ世を去った妻への愛、そして、それら全てを受け止める一人の人間の大きな物語である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 649ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2014/11/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480432205
  • ISBN-13: 978-4480432209
  • 発売日: 2014/11/10
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 166,793位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
.
獅子文六の代表作。ユーモリスト作家とは別の切り口の、獅子文六の持つ
筆力を存分に発揮した、 限りなく「 私小説 」 に近い名作である。

物書きとして世をわたる著者の、純粋なるがゆえの生硬な日々の歩みが、
素直に、正直に、淡々と語られる中に、母を亡くし 父一人に残された娘への
限りない愛情が縦糸となってストーリーが紡がれる。

その昔、「NHK朝の連続テレビ小説・第一回作品」として放送されたことも
あったと聞く。

色彩でいえば、雨後の晴れゆく空のような、「透明で明るいパステル・グレー」
のイメージが、読後の印象として 鮮やかに残る。

獅子文六の自由な精神・温かさと厳しさのバランス・趣味の良い生き方には
啓発されることが多い。

.
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yoshioki6 投稿日 2015/3/15
形式: 文庫
 「娘と私」と題された作品ですが、巻頭の「亡き静子にささぐ」の言葉通り、「娘と私と妻(たち)」の関係を軸に描かれています。全編に獅子文六らしい生硬なユーモアに溢れており、自伝だからか巧んでかは判然としませんが、数多の作品の主人公然とした作者の佇まいに笑いを超えた余情を堪能できること請け合いです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
.
獅子文六の代表作。ユーモリスト作家とは別の切り口の、獅子文六の持つ
筆力を存分に発揮した、 限りなく 「 私小説 」 に近い名作である。

物書きとして世をわたる著者の、純粋なるがゆえの生硬な日々の歩みが、
素直に、率直に、淡々と語られる中に、母を亡くし 父一人に残された娘への
限りない愛情が縦糸となってストーリーが紡がれる。

その昔、「NHK朝の連続テレビ小説・第一回作品」として放送されたことも
あったと聞く。

色彩でいえば、雨後の晴れゆく空のような、「透明で明るいパステル・グレー」
のイメージが、読後の印象として 鮮やかに残る。

獅子文六の自由な精神・温かさと厳しさのバランス・趣味の良い生き方には
啓発されることが多い。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
愉快な物語小説で知られる獅子文六の、自伝小説、私小説である。フランス人女性との間に儲けた娘だが、妻は病を得てフランスで死去、後妻を迎え、戦争があり、娘は病気などしながら育ち、戦後遂に結婚するまでを描くが、その前に後妻は急死していた。
 前半が何とも陰鬱である。特に主人公つまり文六が、あんまり結婚や子供を持つことに向いていないと繰り返すからでもある。それでもとうとう頑張り通したのである。愉快な作家獅子文六の意外な側面を映し出す私小説の名作である。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
45年前(ほぼ半世紀前です)、母の蔵書で中学生のときに読みましたが、今回amazonで購入し懐かしく読み返しました。そんな若い頃にどんな感想をもっていたのか覚えていませんが、ず〜っと忘れられなかった作品であることは確かです。「娘と私」というタイトルですが、実は2番目の奥さまとの愛の物語です。この本は(獅子文六にとっては数少ない)私小説ですが、「悦っちゃん」、「てんやわんや」、「自由学校」、「海軍」などを執筆したときのコメントもあり、獅子文六愛読者には必須でしょう。獅子文六の文章は読みやすく、なにしろ読んでいて楽しい! 現在、読んでなかった他作品を買い集めている最中です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告