通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
姿なき占領―アメリカの「対日洗脳工作」が完了する日 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

姿なき占領―アメリカの「対日洗脳工作」が完了する日 単行本 – 2007/1

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 姿なき占領―アメリカの「対日洗脳工作」が完了する日
  • +
  • 格付け洗脳とアメリカ支配の終わり―日本と世界を振り回す「リスク・ビジネス」の闇
  • +
  • 金融危機の資本論―グローバリゼーション以降、世界はどうなるのか
総額: ¥4,752
ポイントの合計: 110pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

本山/美彦
京都大学名誉教授、福井県立大学大学院経済・経営学研究科教授。経済学博士。1943年神戸市生まれ。1965年京都大学経済学部を卒業後、同大学院経済学研究科修士・博士課程を経て、1969年甲南大学経済学部助手。同大学講師、助教授を経て、1977年京都大学経済学部助教授。1986年同教授。(社)国際経済労働研究所長(1996~2005年)、日本国際経済学会長(1997~1999年)、京都大学大学院経済学研究科長兼経済学部長(2000~2002年)、日本学術会議第18期第3部(経済学)会員(2001~2003年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 237ページ
  • 出版社: ビジネス社 (2007/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 482841326X
  • ISBN-13: 978-4828413266
  • 発売日: 2007/01
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 443,151位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
2006年版の『日米投資イニシアティブ報告書』では,医療と並んで,教育も重点分野に挙げられた。私たちの生活の根幹であるはずの「公」の分野が,米国が指令する「構造改革」の名のもとに,カネ儲けをしてもよい「私」の分野に移し替えられる。本書は,こうした実態を詳細にわたって告発するばかりでなく,軍事と宗教原理主義に傾斜する洗脳国家・米国の正体をも解き明かす。冷静な筆致で平易に核心を突く著者の文章は,前著に続き,説得力がある。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 もなか VINE メンバー 投稿日 2007/2/15
形式: 単行本
最近になって一時期もてはやされた「規制緩和」という言葉が、いつの間にか「規制改革」という言葉にとって替わっていることに気が付いた。その言い換えの一つの理由は本書で指摘される第三分野の保険ビジネスをめぐる規制の動きを追えばおのずと明らかになる。つまり、「規制」は外資が参入しやすくするためには「緩和」されねばならないが、逆に外資が十分に利益を独占していない状況では彼らの育成を援助するために「強化」せねばならないのである。規制「緩和」だけではないからこの状況は「改革」であるそうだ。

まともな感覚の持主なら、耳を疑うような状況がまさにこの21世紀の日本で起きようとしている。このような理念も国益も無視した恣意的な利益誘導を「改革」と呼ぶことなど到底できない、という著者の怒りの叫びが行間から溢れている。

全ての日本人に読んでほしい、熱い、そして重い一冊である。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 recluse VINE メンバー 投稿日 2007/2/17
形式: 単行本
最近この種の本が多いですね。何も目新しいものがないのを知りながらも、麻薬みたいなものでまた読んでしまいました。逃避のための一種の解毒剤として機能してるのかもしれません。読んでも世界は何も変わりません。何も目新しいことは書いていません。著者の言うとおり、アメリカは恐るべきまでの同調主義を強いる世界なのです。決して本質的に自由な世界ではないのです。そこから外れた言論は社会的な存在は許されないのです。今回の作品は、保険の業界についての部分が、ちょっと類書ではこれまでカヴァーされなかった部分でしょうか。当時はこの業界での異様な決着もそれなりに日本のメディアで取り上げられていた記憶があります。今では、日経新聞の第一面からしてアメリカに”洗脳”された能天気な記事のオンパレードです。もう私は日経新聞の購読はやめてしまいました。というのはそれは別な意味での朝日新聞だからです。本書のあとがきで取り上げられている宮沢喜一元首相の演説は、初めて知りました。この戦後史の生き証人で、”姿なき”だけでなく”姿ある”占領も経験した人物の講演は、熟読に値します。戦前の日米学生会議の参加者でもあるこの人物が経験することになった語りつくせない”屈辱”を追体験するところに、おそらく日本人の出発点があるのかもしれません。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 七海光一 投稿日 2007/9/30
形式: 単行本
要するにアメリカが全部悪いということになっているが、事ここに至るまでに、日本が何をせず、何を出来なかったのかについてほとんど触れていない。教育の部分は特に違和感がある。日本の教育など、アメリカにどうのこうの言われる前から、既にテストと受験しかないようなもので、それは今に始まったことではない。学校法人なら大丈夫かと言うとそうはいかない。学生を食い物にするような拝金主義の「学校法人」など、大学、専門学校を問わず、昔からいくらでもある。メガチャーチやキリスト教の部分も、ブッシュ政権下に所謂原理主義やモラルマジョリティが権力を持ったのは確かだが、それがアメリカの全てであるかのような物言いは聊か閉口せざるを得ない。保険や軍事については、うなずける部分もあるが、他メディアからの引用がやたら多いのはいかんともしがたい。市場というのは、もともと国境浸透性の高いものである。それが問題だというなら、なんらかの代替案を示さなければ、単なるアジに終わる。この手の書物は、右にも左にも受けそうだから、それだけにもう少し緻密な議論が望まれる。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告