中古品
¥ 4
+ ¥ 228 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため、多少の使用感(痛み、汚れ、日焼け等)がありますのでご了承ください。■やむを得ぬ事情により注文をキャンセルさせて頂く場合がございますので予めご了承下さい。■商品につきましてご不明な点がございましたら注文前にお気兼ねなくお問い合わせ下さい。 33041
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

姫さま消失-剣四郎影働き(4) (双葉文庫) 文庫 – 2012/2/16


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

未明に、如月剣四郎は見知らぬ部屋の中で気がついた。なぜか前夜からの記憶がない 。そこは広い屋敷のようだ。身に迫る危険を感じ、屋敷から忍び出ようとしたとき、庭で人が斬られるのを目撃する。そこは凶賊たちの根城 だった。剣四郎は、わけのわからないままに、凶賊たちと闘う羽目になる。

内容(「BOOK」データベースより)

越後黒川藩の綾姫が伝通院へ参詣に行った折、忽然と姿を消した。その後、五千両の身代金要求があった。以前から知り合いであった黒川藩の用人から、如月剣四郎に姫を助けて欲しいと依頼が。事件を追うにつれ、凶賊の頭領・百足の銭六が絡んでいるのが判明。果たして姫を救出出来るのか。また、江戸に落ちた隕石は姫の行方と関係があるのか!?―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 280ページ
  • 出版社: 双葉社 (2012/2/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4575665479
  • ISBN-13: 978-4575665475
  • 発売日: 2012/2/16
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,277,873位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう