この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

始まりと終わり―ドイツ空軍の栄光 アドルフ・ガランド自伝 (WWセレクション) 単行本 – 2013/5

5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2013/5
¥ 20,582 ¥ 5,090
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ポイントアップキャンペーンに事前登録しよう
2018/2/28 18時からのAmazonタイムセール祭りで、合計5,000円(税込)以上のお買物でポイントアップチャンス。 獲得条件をチェックして事前登録する。

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

逼迫する戦況と混迷の軍組織の中、騎士の誇りを抱いて戦った“空の男”が綴る、パイロット人生の「始まり」からドイツ空軍の「終わり」まで―。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ガランド,アドルフ
1912年3月19日、ドイツのヴェストファーレン・ヴェスターホルトに生まれ、少年時代よりグライダー競技に熱中する。1935年4月、新生ドイツ空軍において第2戦闘航空団「リヒトホーフェン」に配属され、1937年にはスペイン内戦に参加する。第27戦闘航空団に転属した後、戦闘機エースとして名声を得る。1941年12月、戦闘機隊総監に任命され、ドイツ本土防空戦などを指揮する。翌年には少将に昇進、ドイツ軍最年少の将官となった。1945年、“エーズ部隊”第44戦闘団を編成し、自ら世界初の実用ジェット戦闘機Me262を駆って出撃した。出撃回数705回、撃墜機数104機の記録を残す。戦後はアルゼンチン空軍顧問などを経て帰国、航空コンサルタント事業を成功させた。1996年2月9日死去

並木/均
1963年新潟県高田市(現上越市)生まれ。中央大学法学部卒。訳書多数。その他、戦争映画などの字幕・台詞の監修なども手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 704ページ
  • 出版社: 学研パブリッシング (2013/05)
  • ISBN-10: 4054052584
  • ISBN-13: 978-4054052581
  • 発売日: 2013/05
  • 梱包サイズ: 19 x 13.2 x 4.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 719,162位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2017年11月18日
Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年1月28日
Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年9月3日
Amazonで購入
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年5月19日
0コメント| 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
VINEメンバー
2013年5月9日
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年6月25日
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告