ポイント: 6pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 5月11日 火曜日 詳細を見る
最速の配達日: 5月 10日の月曜日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り1点(入荷予定あり)
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
妻は忘れない (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥300 配送料
お届け日 (配送料: ¥300 ): 5月11日 - 13日 詳細を見る
中古商品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】書籍は中古品のため多少の使用感、経年劣化、小さな角折れやヨレがある場合がございます。 アマゾン掲載画像とカバーデザインなどが違うことがございます。ご了承くださいませ。この書籍は、アマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っております。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※日、祝日出荷作業は行っておりません。当社2営業日以内に日本郵便ゆうメールにて発送いたします。 ゆうメールは、日曜、祝日の配達がないため到着予定日が日曜 祝日と重なる場合は、翌平日の配達となります。基本的に帯は付属しません。中古のためアクセスコードなどある場合、その有無は確認できません。ご了承いただけましたら幸いです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


妻は忘れない (新潮文庫) (日本語) 文庫 – 2020/10/28

5つ星のうち3.8 40個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
文庫
¥649
¥648 ¥141

よく一緒に購入されている商品

  • 妻は忘れない (新潮文庫)
  • +
  • 夫の骨 (祥伝社文庫)
  • +
  • セカンドライフ (徳間文庫)
総額: ¥2,123
ポイントの合計: 20pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

私はいずれ、夫に殺されるかもしれない。義父の弔問に訪れた前妻の佑香。夫は彼女とよりを戻したのではないだろうか。苦悩が募る中、通勤バッグにある物を発見してしまう(表題作)。日常を一本の電話が切り裂いた。大学生の息子哲生から元交際相手傷害事件について話を聞いている。刑事がそう告げたのだ(「戻り梅雨」)。平凡な家庭に潜む秘密を鮮やかに浮かび上がらせる、五篇の傑作ミステリ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

矢樹/純
小説家、漫画原作者。1976(昭和51)年、青森県生れ。実妹とコンビを組み、加藤山羊の合同ペンネームで、2002(平成14)年、「ビッグコミックスピリッツ増刊号」にてデビューする。『あいの結婚相談所』『バカレイドッグス』などの原作を担う。’12年、「このミステリーがすごい!」大賞に応募した『Sのための覚え書き かごめ荘連続殺人事件』で小説家としてデビュー。’19年に上梓した短編集『夫の骨』が注目を集め、’20(令和2)年に表題作で日本推理作家協会賞短編部門を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : 新潮社 (2020/10/28)
  • 発売日 : 2020/10/28
  • 言語 : 日本語
  • 文庫 : 304ページ
  • ISBN-10 : 4101023816
  • ISBN-13 : 978-4101023816
  • 寸法 : 10.6 x 1.1 x 15.1 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.8 40個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.8
星5つ中の3.8
40 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年11月15日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト50レビュアー
2021年1月20日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年11月14日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 日常に潜む陥穽
ユーザー名: 65made、日付: 2020年11月14日
5つのミステリー短編。
どれも出色。
1行読み進める毎にゾワリ。

寝室にお化けが現れたらもちろん怖いし、暗い夜道で殺人鬼に襲われたり、サファリパークでライオンゾーンに放り出されるのも心臓が口から飛び出るほど怖いだろう。
だがそれらは、明らかに非日常の出来事。
市井の人々が普通に暮らしていてそういう場面に遭遇することはまず無い。

真に恐ろしいのは、日常の中に潜む僅かなズレや違和感だ。
例えば、信頼する同僚がボソリと呟いた意外な一言がいつまでも神経にチリリと引っ掛かったり、昨日までと変わらず一緒に夕飯を食べている妻がほんの一瞬だけ見せた他人のような横顔にそこはかとない不安を覚えたりすることがあるが、そういった普通の暮らしの中でひっそりと出番を待っている陥穽のようなものが、実は一番怖い。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト1000レビュアー
2021年1月19日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト1000レビュアー
2020年12月12日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告