この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

妻のオナラ―夫婦のための幸福論 (サンガ新書) 新書 – 2006/7

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2006/7
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

オナラを恥ずかしがる女、その臭いを香水に感じる男。惹かれ合った男女は、結婚するとともに同性化への道を歩み、子どもができる頃には、もはやオナラの音も、臭いも気にならない。そのようにして二人はともに老いてゆき、人生の終着地点で一緒に立ち枯れてくれるのは、永年連れ添った配偶者だけ。恋愛から壮年期、死の準備期間に至るまでを、年代ごとに寓話と自らの経験で語る、三浦流夫婦円満の秘訣。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

三浦/朱門
1926年東京生まれ。作家。東京大学文学部言語学科卒。日本大学芸術学部で教職に就くとともに、第15次「新思潮」に加わり、51年『冥府山水図』で文壇にデビュー。吉行淳之介、遠藤周作、安岡章太郎、小島信夫らとともに第三の新人と呼ばれる。67年『箱庭』で新潮文学賞受賞。82年には『武蔵野インディアン』で芸術選奨文部大臣賞受賞。85年文化庁長官に就任。98年産経正論大賞受賞。99年文化功労者となる。教育・家庭問題の著作、文化面での発言も多い。日本芸術文化振興会会長、日本文芸家協会理事を務め、2004年に作家としては森鴎外以来となる日本芸術院院長に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 267ページ
  • 出版社: サンガ (2006/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 490167921X
  • ISBN-13: 978-4901679213
  • 発売日: 2006/07
  • 梱包サイズ: 17.5 x 11 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,226,063位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2013年9月27日
Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。プリンセス 筆箱