この本は現在お取り扱いできません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


妖雲 大内太平記 (日本語) 単行本 – 1997/5/1


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 1997/5/1

本2冊以上で3%ポイント還元

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


5日間のBig Sale 11/27[金] 9:00 - 12/1[火] 23:59
第1弾 ブラックフライデー 開催中
今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「おのれ逆臣、七年以内に怨い殺すぞ」長門大寧寺で大内義隆に殉じた隆豊はすさまじい怨霊と化し陶晴賢・杉重矩・内藤興盛に迫る―。陶の忍者善常に惨殺された冷泉総子の怨霊から、義隆との間に生まれた頼子をゆだねられた義侠の剣士さぎりを守護する魔性。片手片足を切り取り衆道地獄に投げ込んだ仇敵善常への憎悪と思慕の相克に翻弄される美少年次郎。晴賢に取りつき頭脳と肉体を狂わせた隆豊の怨霊は厳島奇襲の前夜、水軍村上武吉にのり移り、ためらう毛利元就を説得。怒涛さかまく死の海に突入させる。中天高く黒雲に乗って毛利軍を守護する妖しき影―。戦国の闇を照射する長篇時代小説。

内容(「MARC」データベースより)

大内義隆に殉じた隆豊は、怨霊となり陶晴賢の頭脳と肉体を狂わせる。そして厳島奇襲の前夜、隆豊はためらう毛利元就を説得、怒涛さかまく死の海へ突入させる。

登録情報

  • 発売日 : 1997/5/1
  • 単行本 : 444ページ
  • ISBN-10 : 4794702639
  • ISBN-13 : 978-4794702630
  • 出版社 : 叢文社 (1997/5/1)
  • 言語: : 日本語

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません