中古品
¥ 155
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

妖精学入門 (講談社現代新書) 新書 – 1998/9/18

5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ケルトの小さな神々からシェイクスピア、ピーター・パンまで、妖精の誕生・分類・系譜を網羅。多彩なカラー図版も楽しめる、はじめての妖精百科!

夢魔マブ女王と17世紀の極小妖精──『ロミオとジュリエット』のマキューシオの台詞に「さて、君は一夜をマブの女王と過ごしたようだな、あいつは妖精の産婆だ」という一節がある。「妖精の産婆」とは「人間の夢を引き出す、人間に夢見させる」の意で、それをマブ女王という妖精の女王に重ねているのである。眠っている人の上に乗って悪夢を見させる夢魔(インキュバス、女はサッキュバス)とも同じに見られる。続く台詞の中でマキューシオは、マブ女王がハシバミの殻の馬車に乗った芥子粒ほどの姿で「恋人たちの頭を通れば恋の夢、宮廷人の膝を通れば敬礼の夢、弁護士の指を通れば謝礼の夢……」を見ると述べている。夢を見るのはマブ女王の仕業なのだ。──本書より

内容(「BOOK」データベースより)

ケルトの小さな神々からシェイクスピア、ピーターパンまで、妖精の誕生・分類・系譜を網羅。多彩なカラー図版も楽しめる、はじめての妖精百科。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 190ページ
  • 出版社: 講談社 (1998/9/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061494198
  • ISBN-13: 978-4061494190
  • 発売日: 1998/9/18
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 272,943位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
妖精と言われても、思い浮かぶのはディズニーの妖精くらいしか思い浮かばない人は多いだろう。妖精が好んで出没する場所がストーンヘンジやドルメンなどの古代遺跡や土塚などであると知って奇異に思う人は少なくないだろう。

本書はこのように知っているようで知らない妖精の歴史や伝承、文学、絵画、演劇などを広く浅く説明している。予備知識がなくても分かるので、妖精に興味をもった方には良い本であると思います。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
井村君江『妖精学入門』(講談社現代新書)

 妖精に関する、文字通りの入門書である。第一章で妖精の起源(ケルト文化の神々が零落したもの)を解説したのち、エンサイクロペディアと称した第二章では、各国の代表的な妖精、妖精に関する用語を細かく紹介する。第三章では、創作に登場する妖精を網羅する。文学、絵画、映像作品……コナン・ドイルを挙げて、コベントリーの写真事件に触れるのも忘れない。「妖精とは何ぞや?」という人でも、基礎的な知識がまんべんなく得られるようになっている。全体で180ページしかないことを考えると、圧巻というほかはない。

 しかしながら個人的には、少なからず不満が残る。ここには、「手段としての妖精」はあるが、「目的としての妖精」にはほとんど触れられていない。

 著者は序文で、妖精学(Fairyology)という言葉は、存在するにはしているのだが、一般的に馴染みが薄いと語っている。その上で「「妖精」を単なる民俗学上の研究対象にとどめず、「妖精」自体を主題とした新たな研究領域を定めるには、「妖精学」という言葉を用いる方がかえってふさわしいという場合もあるのではないか」と述べ、「「妖精」を手がかりに深く研究を進めていくと、その先に人類学や民俗学、深層心理学や諸芸術の想像力の根元などが、多様にまた複雑に絡み合っていることに
...続きを読む ›
1 コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 志村真幸 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/2/24
形式: 新書
 ケルトの妖精について語らせたら日本一と思われる井村氏が、妖精についてなんとなくまとめてみた一冊。

 前半は、妖精の起源や分類。用語についても事典的にまとめられている。後半は、口承、文学、絵画、演劇などにあらわれた妖精について。

 全体を通して感じられるのだが、持ち出される妖精の種類や文学作品が非常に恣意的で、相互のつながりがない。どうしてこれが選ばれたのか、良く伝わってこないのである。「妖精学」を確立しようという意気込みは表明されているのだが、各節・各材料の位置づけ、意味が分からない。

もう少し、しっかりした仕事をして欲しいものだ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告