妖怪大戦争 DTSスペシャル・エディション (初回... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,284
通常配送無料 詳細
発売元: STAR-SELLER
カートに入れる
¥ 3,780
通常配送無料 詳細
発売元: FJOオンライン
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

妖怪大戦争 DTSスペシャル・エディション (初回限定生産) [DVD]

5つ星のうち 3.3 75件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 2,026 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,050 (60%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、【値下げ商品多数!期間限定セール開催中!!】☆Remedia OUTLET★が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオ妖怪大戦争(2005)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 妖怪大戦争 DTSスペシャル・エディション (初回限定生産) [DVD]
  • +
  • 妖怪百物語 [DVD]
  • +
  • 妖怪大戦争 [DVD]
総額: ¥6,026
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 神木隆之介, 宮迫博之, 南果歩, 成海璃子, 佐野史郎
  • 監督: 三池崇史
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 角川エンタテインメント
  • 発売日 2006/02/03
  • 時間: 124 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 75件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000BTOWMM
  • JAN: 4988111282064
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 65,279位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   水木しげる、荒俣宏、京極夏彦、宮部みゆきの4作家が原案を作り上げ、三池崇史が監督した、大映妖怪映画のリニューアル・バージョン。10歳の少年タダシが、夏休みに故郷で体験する冒険をつづったファンタジーであり、画面を埋め尽くす妖怪たちとの戦いを最新のVFX技術で描いた特撮バトル・ムービー。
   最大の見どころは、やはり日本古来から伝わる妖怪の面々。近藤正臣が飄々と演じる、妖怪たちのリーダー・猩猩、その存在が艶めかしい女性妖怪・川姫、重要な鍵を握る小豆洗い、竹中直人が扮している油すましなど。いずれも凝ったメイクとコスチュームで大いに笑わせ、怖がらせ、楽しませてくれる。
   クライマックスは魔人・加藤保憲とその手下・アギと120万匹の妖怪たちとの決戦で、CG、合成、実写、特撮映像が雪崩のように押し寄せる物量展開。しかし鑑賞後に爽快な後味が残るのは、タダシの視点で全編が貫かれていることと、タダシを演じた神木隆之介の演技によるところが大きい。(斉藤守彦)

内容(「Oricon」データベースより)

破格の製作費をかけて生まれた壮大なファンタジー・アドベンチャー。いじめられっ子の少年タダシが日本古来の妖怪たちに出会い、世界を破滅させようとする魔人、加藤保憲に立ち向かう。個性派豪華キャストにも注目!初回限定生産2枚組。出演は神木隆之助、豊川悦司、岡村隆史ほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
水木しげる、京極夏彦、荒俣宏、宮部みゆきという大御所で構成したプロデュースチーム「怪」が手がけたということで結構期待してたんですが、正直、何を見せたかったんだろう?というのが見終わった時の感想でした。
帝都大戦の魔人加藤が出てきたり、なかなかそそる演出もあるものの、麒麟送子に選ばれたタダシの活躍はほとんど無いし、何を中心にまとめたかったのかが疑問。
決戦に決着を付けたのは結局アレだし、なんだか無理矢理こじつけたようなラストも嫌だったし、見終わった後にいったいなんだったんだろう…?と呆然としてしまいました。
麒麟送子の意味まったく無し。
子供向けとは思いつつ、何をしたかったのかよくわからない映画でした。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
この作品、あまりにもシナリオが破綻している。
大まかな内容は気弱な少年が悪霊と戦うと言うストーリー。
人間を襲う悪霊は廃棄物と妖怪を融合させて作り出される。
その悪霊を作り出すための素材となる妖怪を捕らえていたわけだが
結局捕らえられた妖怪がどうなったのか、
人間に恨みを晴らすために甦らされた大型の悪霊に
侵食された東京がどうなったのか良くわからない。
最後の戦いも意味のわからない内容で幕を閉じる。
子供向けであっても酷い内容である。
豪華なキャストもこの内容のおかげで色褪せて見える・・
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2006/8/19
形式: DVD
水木しげるや荒俣宏の協力を得て制作されたにもかかわらず、ストリーは最悪でした。「鬼太郎」マニアならこの物語のベースが「すねこすり」の回のものだとすぐに気付くはず… 笑える箇所はあるのですが、テンションが高いだけの河童には閉口します。役者や芸人をもっと上手く使える脚本家が必要ですね。子供向けに作るなら尚更、内容のあるストリーにしないと… せめて加藤役には従来のように嶋田久作を使ったら良かったのでは? そこまで徹底したなら少なくとも大人向けのギャグ映画として救われたのではなかろうかと思います。(笑)
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
はっきり言って駄作です。
西洋の妖怪と日本の妖怪が日本を守る為に戦う!なんてワクワクする人は見ないほうがいいです。最悪です。出演人が豪華なんですが、特殊メイクで誰が誰だか解かりません。よって安いキャストでもいいのでは?(笑)と思います。

1)戦争ではありません。
2)クライマックスありません。
3)誰が誰だかわかりません。
4)魔人加藤が嶋田久作ではありません。
5)オチが最悪です。
6)ワクワクしながら待ってても期待にこたえてくれません。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
角川グループの角川歴彦会長は、「ハリー・ポッター」シリーズと「ロード・オブ・ザ・リング」三部作を超える作品に仕上げるよう言明したらしい。しかし予算に関しては「金を掛ければいいわけではない」とケチくさいことを言ったらしい。だが、三池崇史監督に大ヒット映画を作れというのは、デヴィッド・リンチにラブコメを作れって言うようなものだぞ(わかりにくい例えだなぁ)。あと、角川会長は脚本を読んだ後で前述の言葉を口にしたらしいが、この脚本で大ヒット作が出来上がると本気で思ったのかね。公開当時、「子供から大人まで誰にでも楽しめる映画」という風に宣伝されていたように記憶しているが、むしろターゲットを絞り切れず、子供も大人も置いてけぼりを食らうような映画になっているという印象がある。

というか、まあ紛れも無く三池テイストの作品なんだよね、本作は。だから三池監督のファンという狭い観客層にだけ受ける内容なんだろうな。まず子供向けとしては、ほとんど何の説明もない加藤保憲が敵という時点で「はあ?」となるんじゃないだろうか。加藤保憲を敵に設定してあるのは、恐らく荒俣宏のアイディアだろう。個人的には、加藤保憲を敵にするのは構わない。ただし、それを演じるのが豊川悦司というのは大いに不満。誰が考えても、そこは嶋田久作じゃないとダメだろう。

大人も子供も、三池流の脱力系ギャグを受
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 B級映画と言われても仕方ない出来ではあります。
説明が足りなすぎて、初めて見る自分には正直理解しにくい出来でした。

 つっこみをいちいち入れて矛盾を指摘しながら見ていたら映画なんて面白くもなんともありません。
が、ある程度の設定がなければ、視聴者は感情移入がやりにくいしついていけないのも事実だと思います。
今作でいえば、何故主人公はあんなにスネコスリを慕っていたのかとか、加藤という男の詳細とか、
ラストの展開とか、これら足りないものは全部脳内補強というのは少々残酷な気がします。

 妖怪大戦争というタイトルに見合うだけの出来かと言われると「うんそうだよ」とは言いにくいです。
というのも妖怪はたしかにわんさか登場するんですが、
それぞれの妖怪が独自の力を発揮するいわば見せ場が少なすぎるからです
(大戦争だけにぬりかべは鉄壁の防御とか、砂掛けババアは敵の目くらましに一役買ってでるとかね)
ですので『ゲゲゲのきたろう』のような展開を期待してる人にはお勧めできません。
百鬼夜行のような妖怪パレードを期待している人も同様で、ド派手でシュールなシーンでいえば
今敏監督の『パプリカ』やスタジオジブリの『平成狸合戦ぽんぽこ』には遠く及ばないと思います。
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー