通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
妄想科学ADV CHAOS;CHILD とある情弱... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 つちり書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーは付いています。 使用感があります。 読まれるのには問題ありません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

妄想科学ADV CHAOS;CHILD とある情弱の記録 (電撃ゲーム文庫) 文庫 – 2015/12/10

5つ星のうち 3.9 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 734
¥ 734 ¥ 350

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 妄想科学ADV CHAOS;CHILD とある情弱の記録 (電撃ゲーム文庫)
  • +
  • 「 Real Boot Modulation 」- CHAOS;CHILD OST -
総額: ¥3,678
ポイントの合計: 23pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

6年前に起こった連続猟奇殺人事件、ニュージェネレーションの狂気。その再来と呼ばれる事件が発生。ただ今回の事件は、以前とは少し違っていた。事件の被害者は、信じられない方法で「自分」を殺していく――。

内容(「BOOK」データベースより)

「ニュージェネレーションの狂気」と呼ばれた、連続猟奇殺人事件から6年。その事件をなぞるように、6年前と同じ日に連続して人が死にはじめた。1人は自分の腕を食べ、1人は自分の腹を裂き、1人は自分の首をねじ切って…。高校の新聞部に所属する宮代拓留は当初、興味半分で事件を追いはじめる。しかし、取材を進めるうち、いつのまにか自分に危険が迫っていることに気づくが…。大人気ADVゲーム「CHAOS;CHILD」初の公式ノベライズがついに登場!!


登録情報

  • 文庫: 306ページ
  • 出版社: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015/12/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048654721
  • ISBN-13: 978-4048654722
  • 発売日: 2015/12/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.9 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,280位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
読み終えたのでレビューします。

まず言っておきたいのが、この本はゲームであるカオスチャイルド本編をプレイ済みでないとよく分からないということです。ですので、この本を買う前にゲームをプレイすることをお勧めします。

さて、読み終えた感想ですが、本編の補完としてはとても良くできていると思いました。軽く内容に触れておくと、この本は『ニュージェネレーションの狂気の再来事件』を主に来栖乃々の視点から、そして事件の被害者の視点から見ていくというものでした。本編では語られることのなかったことも所々に見受けられた点があり、本編を振り返りながらも新鮮な気持ちで読むことができました。一部を少しだけ紹介すると、『回転DEAD』の被害者である柿田と有村の協力関係を掘り下げていました。

本編をプレイした方なら購入しても絶対に損にはならないと私は思いますので、プレイした方は手に取ってみてはいかがでしょうか。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
レビューを書くのが苦手なので段階的にではなく部分的に書かせていただきます。

・イラスト
表紙のイラストは非常に薄い涙を流しながら笑顔が浮かべる来栖、
個人的にこのイラストは色々と連想させてくれる構図で大変好みです。
一方で本編中の挿絵はゲームで使われていたCGの使いまわしで不満を抱かざるを得ません。
その内容もこっちみんな、音漏れたん、ごっつぁんDEATHの被害者CGといささか必要性をあまり感じず。
ゲームでは扱われなかった内容に新規イラストがあると良かったんですが、中々難しいものなのかもしれません。

・ストーリー
ライターさんはTwitterのRTで実は何度かお目にかけてる人。
まさかラノベ書く人だは知らなかった、というか本人も冊子で言ってますがちょっと異色のライターさんです。
文章は特別惹かれる感じはありませんが読みやすくテンポの良いゲームノベルらしいものとなっております。
恐らく誤字はほぼ無く、その誤字自体も全然支障にはなりません。

内容は表紙にもなっている彼女を視点としたゲーム全編の振り返りに近いです。(一部被害者などの視点になります)
例えば本編だとどうして渡部はあの状態だったのに人気だったのか、
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
Amazonで購入すると発売日に届かない未来が見えていたため、書店で購入し先ほど読み終わりました。
まず、この本はCHAOS;CHILDをまだプレイしていないならば読んではいけないものです。CHAOS;CHILDをプレイしたことが前提にあります。
その上で言えることは、「CHAOS;CHILDをプレイした人には絶対に読んでほしい一冊」ということです。
本編を補完する内容として、今作は様々な要素が盛り込まれています。
本編のヒロインの1人である来栖乃々と、「ニュージェネレーションの狂気の再来」の被害者たちの視点から語られる「CHAOS;CHILD」の世界。特に被害者たち視点の話は、本編では語られなかった興味深い設定が見られ、とても楽しめました。
本編のあのシーンは一体どういうこと?
本編のあのシーンに至るには一体何があった?
そういう疑問もこの一冊で解決するかもしれません。

本編で深く踏み込まれなかった一部の事件の実行シーンを被害者目線で描く様は、ゾッとするものがあります。この恐怖もCHAOS;CHILDの魅力の一つなのでしょう。
さらに他の科学ADVシリーズをプレイしていればニヤリとできる要素も…。

本編発売からもうすぐで1年。CHAOS;CHILDの世界をよ
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
レビュー初投稿なので、他の投稿者の方の書かれた内容を参考にしつつ書かせていただきました。駄文になっていたらすみません。

まず初めに、この本はカオスチャイルドのゲームをクリア済みの人が読むことをお勧めします。興味のある方はいきなりこの本を読んだりせず、ゲームをプレイしましょう。

最初に表紙のイラストを見た時に既視感を感じましたが、公式資料集の表紙と対になっているかのようなデザインとなっていました。
内容は、カオスチャイルドの物語を主人公ではない別の人物の視点から見たものとなっています。他の方のレビューにもありますが、ゲーム本編の中では分からなかった点もわかるようになっているので、ゲームをプレイした人にはぜひ読んで欲しいです。文章には所々誤字などもありますが、自分はそれほど気にしませんでした。
個人の感想としては、”彼女”の視点を中心に進んでいく物語であることからか、改めて一からシナリオを進めているかのようでありながらも、読み進めている間もゲームの中の出来事などが思い出されてくるように感じられました。よかったです、ありがとうございました。同じようなものがもし出るならぜひ読みたいと思います。

読みづらい文章になっていたらすみません、最後まで読んでいただきありがとうございました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック