中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

好きになってはいけない国。―韓国発!日本へのまなざし (文春文庫) 文庫 – 2005/3

5つ星のうち 3.5 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「日本の文化は好きだけど、日本は好きになってはいけない国」。ジャニーズファンの星南や熱血アムラー真姫たちとの出会い。若者たちの日本への複雑な思いは、ヨン様現象の裏表から97年以降激変した韓国の経済事情や性意識まで、鮮明に浮かび上がらせる。現地の視点で新しい日韓関係の可能性を描いた興奮の一冊。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

菅野/朋子
1963年宮城県生まれ。中央大学文学部史学科西洋史学専攻卒業。新聞社の広告局、出版社勤務を経て、93年9月にカナダに渡る。カナダ・カールトン大学で韓国語を学ぶ。95年4月から96年6月まで、韓国延世大学付属語学堂に留学する。帰国後、出版社勤務、週刊誌記者を経てフリーに。韓国在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 309ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2005/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 416767937X
  • ISBN-13: 978-4167679378
  • 発売日: 2005/03
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 908,292位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
全体的に好感を持てたのだが、著者は歴史について勉強が足りない。
日本では当たり前のようにされてきたのも問題だが、そもそも従軍慰安婦というものは存在しない。
確かに日本軍はその当時慰安婦を募集した。高いお金を支払って。
自ら志願してきたのは朝鮮女性の方だ。
ちなみに、一番日本軍の慰安婦の中で多かったのは、同じ日本人の女性だ。

その当時他国や敵国の女性を乱暴するのは自慢できることであったが、日本軍はそういった被害を減らすために、わざわざ女性を雇ったのだ。

勉強不足の知識で日本軍の尊厳を傷つけてはいけない。

元従軍慰安婦とする女性の証言は辻褄が合わず、ベトナムでは韓国人との混血児がたくさんいるのに、韓国には日本人との混血児はほとんどいない。
これらの事実や、従軍慰安婦はいなかったとする政治家や学者の主張を全て論破してから、従軍慰安婦については語って欲しい。

その点以外では、非常に興味深い読み物であった。
1 コメント 386人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
韓国人の一般認識は、日本の文化は好きだけど、
日本は好きになってはいけない国なのだと。国家
の意思として反日教育を推進している韓国との間
には超えられない厚い壁が存在していることが分
かりました。その意味で文化交流の延長線上に、
真の友好は存在し無いことを実感した一書でした。
1 コメント 146人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 韓国・若年世代における日本への「まなざし」の変遷の「有無」を、90年代後半から00年代半ばまで追い続けた、刊行年次やや古め(05年3月)のルポルタージュ。韓国在住のJ−POPS追い掛け組を中心にしているため、対象が限定されている気配は否めず、しかも彼らへの問い掛けがほとんどいつも同じベクトルなため、要は「日本は好きになってはいけない国だが、タレントは別」といった二律背反、または次元の異なる受容感覚を延々と再確認するという展開で終始しているようにもみえる。

 筆致は手慣れており、著者の意識・肉声もよく表現されていて、興味深い読み物には違いないが、最後までその「堂々巡り」から抜け出せていない、という印象は残ったまま。もっとも、日韓のねじれた、錯綜した関係には容易には変わらない面が多々あると思うので、この印象はやむをえないのかもしれない。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
J-POPは大好き。でも歴史を考えると日本は嫌いという韓国の若者達。
一見矛盾しているようだが、特筆するようなことでもない。
ビートルズは好きだけれど英国に興味がない。ジョン・レノンを敬愛するがアメリカは好きじゃない
という日本人はいくらでもいる。更にJ-POPのアイドル達は、恒久的なメッセージを歌っている
わけでもなく、人気に盛衰があって必ず世代交代が起こる。
またノンポリである。何か肩入れする政党でもあれば純粋さが薄れ、俗な印象を与えるためだ。
娯楽情報は「自由」の象徴であり、政治情報(国政教科書)は「規制」の象徴。
韓国の若者達は、自由を手放したくなく、規制を捨てることもできない。
そして「克日」、日本より優位に立ちたいという願望が強い。
その心を満たしたのが、ワールドカップで日本がベスト8から外れ、韓国がベスト4に
残ったことだという。
「日本は韓国を見下している」と韓国人は言うが、J-POPのアイドル、アニメ漫画は、
韓国であろうがどこの国であろうが取り込んで愉しみを与える。国というゼッケンを
つけているスポーツ選手は国の象徴。自国選手が打ち負かして快感を覚える敵役である。
「このアイドルが好きだから、日本が好き」と言われても信用でき
...続きを読む ›
1 コメント 140人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mfhty トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/2/15
形式: 文庫
 著者は、もともと韓国に全く興味がなかったが、留学していたカナダで出会った韓国人男性に一目ぼれしたことをきっかけに韓国に興味を持ち、1995年から1年間、韓国の延世大学に語学留学した経験をもつ。

 この本で、著者は、J−POPや日本アニメをこよなく愛する若者たち、日本に住む韓国人女性ノンフィクションライター、日本バッシング本「悲しい日本人」の著者など、さまざまな韓国人を取材し、韓国人の日本観が今どのようになってきているかを伝えている。
そのポイントは、
(1) 文化・経済面では日本に強い影響を受けており、多くの人が日本を強く意識している。
(2) しかし、J−POPなど日本のアーティストに熱をあげている若者たちであっても、過去の植民地支配の歴史に基づく反日教育やマスコミの反日報道によって、「国としての日本は好きでない」「日本は『好きになってはいけない国』と思っている。

 私は、この本を読んで、取材対象がJ−POPファンに偏りすぎており、韓国人全体の姿を伝えているのかという点が気になった反面、普通の韓国の人たちの微妙な感情を知ることができ、たいへん参考になった。
 まじめに、ていねいに取材している姿勢も好感がもてる。
 読んで損はない本と思います。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック