この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

女王の花 15 スペシャルファンブック付き限定版 (フラワーコミックス) 新書 – 2017/3/24

5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2017/3/24
"もう一度試してください。"
¥ 6,480 ¥ 6,479
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

永久保存版ファンブック付き!

悠久の大河浪漫、ついに感涙完結。ここでしか手に入らない限定ファンブック付きの特装版!
美麗イラストギャラリーやキャラクター徹底解剖、名言集から“もうひとつのエンディング”まで完全収録の永久保存版です!

【編集担当からのおすすめ情報】
「もうひとつのエンディング」はもちろん、本誌での本格連載前に描かれたショートストーリーなど、惜しくもコミックス未収録だった作品も収録。限定版なのでお買い逃しなく☆


登録情報

  • 新書: 288ページ
  • 出版社: 小学館 (2017/3/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 409941888X
  • ISBN-13: 978-4099418885
  • 発売日: 2017/3/24
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 11.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 39,527位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

少女マンガはハッピーエンドが王道かもしれません。
でも私はこの壮大の物語の結末はこれで良かったと思ってます。
1巻からどれだけ泣いただろうってくらい泣きました。
悲しかったり、感動したり、嬉しかったり。
本当に色んな事を感じさせ、考えさせていただきました。

以下ネタばれです。

最終話は敢えて、亜姫の顔は描かれず、第三者の目から描かれてました。
賛否両論あるかもしれませんが、私はそれで良かったように思います。
私が今まで読んだ漫画の中ではこういった描かれ方は読んだ事がなかったので新鮮にうつりましたし、色々と想像を含ませる事ができました。
最後まで亜姫らしかったのも良かったです。
この作品に出会た事に感謝です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
電子書籍化まで待てず購入しましたが、買って良かった!と久しぶりに思った最終巻です。
毒が薄星の体を蝕んでるし、前巻で亜姫と結ばれたのでやはり…でしたが。ただ薄星がこれまで「きみはおれが守るよ」と繰り返し言ってますが、今巻は一番胸に響きました。
女王になって年老いた亜姫の顔が描かれなかったのは少々残念な気がしました。
でも、ふたりが幸せになった未来は夢あるいは来世じゃないと実現しないので仕方ないのかもしれません。
曾王・旦の一途な想いも描かれています。
「……引き受けてやる」はグッときました♪
スペシャルファンブックは赤・青・緑に分かれた美麗イラスト集と名言集、そしてもう一つのエンディング。
4頁のエンディングなので大きく期待すると肩透かしをくらいます(笑)
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
人は己の運命の星の元、責務を全うするために生きて死ぬ。
王族として生まれた者、その下に生まれた者、立場の違いを乗り越えて、
2人を結びつける者があったとしても、現世では報われることがないのが鉄則。
女王となった後の亜姫の顔を決して描くことなく物語は終わる。

読者の前に亜姫が顔を見せるのは、薄星と共に笑顔を見せることができた、
1人の女性としての顔だけ。幼い無邪気な頃の顔だけ。
幼なじみであり、友とも同志とも恋人とも言える存在を失い、
師と仰ぐ人さえも通り越して生きた者にとって、宮殿は心の中と同じく、
空に等しい、虚ろな世界の象徴だ。王としての責務を全うするという殻にすぎない。

終わりは予想されたが、涙、涙にくれた。
ファンブックのもう一つの終わり方の方が、気が楽なくらい、
哀しい2人の別れと再会。
自由になるということは、宮殿から出て行くということは、
現身(うつしみ)ではあり得ない切なさ。

2人を取り巻く人々をカメオ出演させながら、物語は静かに終わる。
余韻を残して。
私達読者は、2人の若き日の姿を眩しく思いだす。
ただただ、哀しく懐かしく。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告