中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

女王の教室The Book 単行本 – 2005/9

5つ星のうち 3.8 23件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 926 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • ドラマ| 人気ドラマの公式ガイドブックやドラマガイドなど、幅広いジャンルの本をラインアップ。ドラマの本ページへ。

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

女王・阿久津真矢の謎。すべてがわかるキャラクター解説、裏設定付き!鬼教師vs.子供たち、戦いの全記録。人気沸騰の子役たち。6年3組全リスト。今、初めて明かされる「真矢の封印された過去」。カトリーヌあやこが描く書き下ろし「女王の教室」劇場。

内容(「MARC」データベースより)

日本テレビ系テレビドラマ「女王の教室」のガイドブック。すべてがわかるキャラクター解説を裏設定付きで紹介。鬼教師と子どもたちの戦いの全記録、女王・阿久津真矢の謎と封印された過去など、「女王の教室」の全情報が満載。


登録情報

  • 単行本: 109ページ
  • 出版社: 日本テレビ放送網 (2005/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4820399462
  • ISBN-13: 978-4820399469
  • 発売日: 2005/09
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 215,803位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
ストーリー全体を思い出す目的のためには内容が希薄なような気がする。ただ、現在の日本の大人達に対する真矢のせりふを留めておくことを目的とするならば、十分な内容である。彼女のせりふは仕事でも家庭でも参考にできるもので、世の大人たちがしっかり受け止め、自らの中で十分にかみしめるべきものではないだろうか。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
全出演者達の紹介、素顔などが一人一人をちょっとづつと(本当にちょっと)、各話の簡単なまとめ、印象的なセリフのピックアップ(挿絵付き)有り。
幼い時のマヤを見守っていた人や、マヤの同僚の教師などの、マヤに関わってきた様々な周りの人々の、彼女に対する思いや印象などが、載せられていてそれがこの本の目玉になっていると思います。
あまりつきつめたところまでは書いていないので、女王の教室が大好きで、いつまでも記憶に残しておきたい、と思うファンの方なら楽しめると思います。
最終回では結局語られなかったマヤの素顔や過去などを知りたい人は読んでみて損は無いでしょう。
ただし他人視点なので、もどかしさやすっきりしない点などはかなり残るかもしれません。
彼女の思想や理想、はっきりした目標など、子供たちに対する執着の理由等は結局謎のままでしたね。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
日本テレビさんの策略にまんまとはまってしまいました。予約注文までして・・・。1話から最終回までのストーリーを簡潔に書いてあり、それと名言集。阿久津真矢誕生までを、8人の証言という形で書いてあります。カラー写真も多くお買い得といえばお買い得か?ただドラマの裏話など一切無く、その点が物足りないかも・・・。
大多数の人がもうわかっていると思いますが、やはり阿久津真矢先生はイイ先生でした。!
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ノベライズかと思ったら、真矢先生の名言や写真、イラストなどで
番組のガイド的な本なのですね。
印象に残るセリフが載っていて悪くはないのですが、
灰色のページに印刷されていて、
文字も大小インパクトをつけてあるので
ちょっと見づらかったりします。
小説で読みたいですね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 elliott 投稿日 2005/11/6
形式: 単行本
とても感動しました。鬼教師・阿久津真矢に関する8人の証言というのが載っているのですが、悲惨な過去が分かり、すごく泣ける一冊でした。ドラマを観ていた人や、SP版を希望している人にはオススメの一冊です!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
大人気で続編もほぼ決定的なこの作品。続編を作るなら主人公である真矢の人格について語られることが濃厚だそうです。
ですが、続編を待たなくてもこの本にはかなりの情報が詰まっています。監督と俳優のやりとりからセリフの持つ深い意味、隠された意味が伝わってきます。そこには、刺激的でときに過激な言葉とは裏腹に、真剣に人間と社会を考えている製作者達の誠意を感じ取ることができます。同時に作品に対する真摯な気持ちも感じられます。
最近のテレビは不祥事が多く、とくに報道番組でそのような傾向が多く私は正直がっかりしていました。ですが、ここに熱意と才能のあるスタッフがいて、実に面白いドラマを作ってくれたことに感謝したいと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 なかなか手に入らなかった本ですが、内容としては真矢の過去を探る事ができオフィシャル本ならではの読みごたえです!最終回に向けて1話からのストーリー展開もバッチリ読めます。オンエアでは観られなかったクラス写真もありで6年3組ファン、天海祐希ファンは必見です!!
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ドラマでは分からなかったようなことまで事細かに書いてあって分かりやすかったです。阿久津先生は立派な人だと思います。言ってるだけの事はしてると思います。人の気持ちをすごく考えさせられるドラマそして本だと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Carouselambra VINE メンバー 投稿日 2005/10/13
形式: 単行本
世の大半の諸兄諸子と同様に、最終回はいまだに涙なくして
見ることの出来ない筆者です。
台本のある物語とはいえ、真矢と和美が出会って、真剣勝負で
生み出したケミストリーがあったからこその秀逸な「闘い」の
記録になったのだと思います。和美のような生徒が出現しない
限り、「アクツ・マヤ」は鬼教師で、最悪で途中でクビになる
ような教師のレッテルを貼られ続けるのが現実のような気がします。
くしくも最終回に真矢が言っていた「教育は奇跡を起こせる」は
彼女自身にも当てはまるのだな・・・と感じました。
さて、この本は感動の最終回直前に発行されていますので、最終回
はなぞに包まれたままの構成になっています。最終回の感動や、
最後の「あの笑顔」もこの本には載っていません。しかし、続編、
というかSWのエピソード1としか思えないような、時間を逆流
した、「この真矢ができるまで編」の布石と思えるような、これまで
の関係者(?)8名の証言が巻末に記載されています。どれも興味
深く読むことが出来ます。
筆者的には生徒たち一人一人の顔写真が載っているのがうれしい
ですね。これで、この素晴らしい奇跡の生徒たちを永久保存でき
るのですから
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック