お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【アマゾンから即日発送!】 ◆ディスク5枚、DVDケース5枚、外箱、スリーブケース、取説付き! ◆レンタル品ではありません^^ 外箱・スリーブケースはキレイで、ディスクも5枚ともキレイでピカピカです♪ ◆ 再生確認済み、アマゾン専売商品ですので在庫切れはありませんので、ご安心ください。 ◆ アルコール除菌後、汚れないようにクリスタルパックで包装後、アマゾン倉庫で保管しています。 ◆ 万が一商品に、不備がある場合は、返品・返金対応させていただきます。 ◆ ご注文確定後、安全・確実のアマゾンから発送されますので、ご安心ください♪
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

女王の教室 DVD-BOX

5つ星のうち 4.7 69件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 19,656
価格: ¥ 15,204 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 4,452 (23%)
通常7~8日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 15,000より 中古品の出品:15¥ 8,100より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 女王の教室 DVD-BOX
  • +
  • 女王の教室スペシャル DVD-BOX
総額: ¥21,552
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 天海祐希, 羽田美智子, 原沙知絵, 尾美としのり, 夏帆
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 4
  • 販売元: バップ
  • 発売日 2005/12/21
  • 時間: 560 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 69件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000BHZ0KM
  • JAN: 4988021129497
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 11,714位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

商品の説明

教室に君臨する冷酷かつ独裁的な鬼教師に戦いを挑む子供たちの慄きと成長を描いた異色の学園ドラマ。期待に胸膨らませて6年生に進級した神田和美(志田未来)はクラス替えで6年3組になった。担任は2年間現場から離れていたという新任の阿久津真矢(天海祐希)らしいが、真矢の姿は始業式にない。ついに教室に現れた真矢は名簿の名前を読み上げることもなく、いきなり全員にテストを強いる。そのテストで実力を発揮できずに最下位になってしまった和美は、代表委員とは名ばかりのありとあらゆる雑用係をやらされることに。これが6年3組24名にとっての、小学校生活最後の地獄のような1年間の始まりだった。 社会的敗者は差別と不公平に苦しみ、逆に勝者はいろいろな特権を得て豊かな人生を送ることが出来る、といった真っ当極まりない現実社会の不公平、厳しさを説く阿久津真矢の発言は随所に的を射ており、その言葉の一つ一つには奇妙なほどの説得力がある。そんな痛いほどの正論を吐く真矢の強烈な存在感こそが、このドラマを支配する独特のトーンそのものだ。黒づくめの衣裳に身を包み、生徒たちを成績で差別し、従わないものには体罰を与える、社会の不合理そのもののような教師像を怪演する天海祐希が圧巻。その完全無欠ぶりに最初はケレンも感じるが、子供たちの前に大いなる壁として立ちはだかる真矢そのものが生きていくことの示唆のようにも次第に思えてきて、独特の感慨を与えてくれる。エンディングロールも一工夫あって面白い。好き嫌いを超えて圧倒させられるドラマである。(麻生結一)

Amazonレビュー

   教室に君臨する冷酷かつ独裁的な鬼教師に戦いを挑む子供たちの慄きと成長を描いた異色の学園ドラマ。期待に胸膨らませて6年生に進級した神田和美(志田未来)はクラス替えで6年3組になった。担任は2年間現場から離れていたという新任の阿久津真矢(天海祐希)らしいが、真矢の姿は始業式にない。ついに教室に現れた真矢は名簿の名前を読み上げることもなく、いきなり全員にテストを強いる。そのテストで実力を発揮できずに最下位になってしまった和美は、代表委員とは名ばかりのありとあらゆる雑用係をやらされることに。これが6年3組24名にとっての、小学校生活最後の地獄のような1年間の始まりだった。
   社会的敗者は差別と不公平に苦しみ、逆に勝者はいろいろな特権を得て豊かな人生を送ることが出来る、といった真っ当極まりない現実社会の不公平、厳しさを説く阿久津真矢の発言は随所に的を射ており、その言葉の一つ一つには奇妙なほどの説得力がある。そんな痛いほどの正論を吐く真矢の強烈な存在感こそが、このドラマを支配する独特のトーンそのものだ。黒づくめの衣裳に身を包み、生徒たちを成績で差別し、従わないものには体罰を与える、社会の不合理そのもののような教師像を怪演する天海祐希が圧巻。その完全無欠ぶりに最初はケレンも感じるが、子供たちの前に大いなる壁として立ちはだかる真矢そのものが生きていくことの示唆のようにも次第に思えてきて、独特の感慨を与えてくれる。エンディングロールも一工夫あって面白い。好き嫌いを超えて圧倒させられるドラマである。(麻生結一)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
体裁第一の人にとって、耳の痛い話ばかりですね。うわべしか知らない哀れな輩 (ドラマ内では教頭、教育委員会) には真矢先生の良さは分からないんだろうな。教育委員会って、現場を知らない無知な連中なんだろうな。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 この作品の意図を強調されている話は何と言っても最終話であろう。天童教諭の、「保護者にどう思われるかなんて関係ないですよね。生徒にとって良い先生であればそれでいいんですよね。」という台詞に凝縮されているだろう。

 そして阿久津教諭と生徒たちの関係を凝縮したシーンは何と言っても仰げば尊しだろう。生徒たちがそれぞれ思い思いの台詞を口にしたあと教室を去ろうとする恩師に仰げば尊しを涙ながらに口ずさむ。あのシーンは最高である。具体的にどんな台詞であったかは、重要なキーポイントになると思うのでここに書くことは控えたいと思う。

 とにかく、この作品は賛否両論に分かれる作品であるが、現在の教育のあり方に一石を投じる作品になったことは言うまでもない。教育関係者はもとより、生徒と同じくらいの年齢の子供たち6年生も熱中して見られる作品に思う。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
一番好きなドラマです。

個人的なことを言わしてもらえば『ケイゾク』を超えちゃいました。あれも大好きなのですが。

ストーリー、キャスト、キャラクター、演出、すべてが秀逸だったように思います。個々の要素が絶妙にうまく絡み合い、全体として奇跡的な完成度に昇華していましたね。ほんとうに何年に一度あるかないかの傑作だと思います。

このドラマは神田和美ありきだと思いますね。志田未来は見事にハマっていました。
和美の独特のオーバー気味なリアクションを見るのがめちゃめちゃ楽しかったです。
可愛いかったし、どこか面白かったりで、非常に魅力的に映りました。

もぐらの絵描き歌とか、毎年おなじみの「てぃひっ☆〃」とか、微笑ましかったですね。

わたしはこのドラマのファンであり、それ以上に神田和美のファンなんです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
初めの印象は本当に今までにない内容といった感じだが、回を重ねるごとに、このドラマの奥の深さにはまっていく。特典Diskもぜひ1度は見る価値があると思う。既にドラマを見た人は本編以外に特典Diskも含め何度みても楽しくもあり、色々と考えさせられる内容ではないかと思う。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
最初は真矢のやり方はやり過ぎではないかと思っていましたが、次第に真矢と四人が対立するようになって、真矢の目指している真の優しさを感じました。

ただの学園ドラマではなく。人間のあるべき生き方、勉強する意味を改めて考えさせられました。

いろいろな議論にはなりますが、それはこのドラマが今までになかった大きな問題を世論に問うているからだと思います。

このドラマを企画したスタッフの方々や、このドラマて自分の役を演じ切ったキャストのみなさんにお礼を言いたくなるようなドラマでした。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
勝負している作品である。
何より作り手の信念と覚悟と確信に満ちた作品である。

TVドラマとか、小説とか映画とか関係ない。表現したい、伝えたいモノがあって、それをTVドラマという媒体のルール従ってぶつけている、それだけな感じがする。

当時は教育上の倫理観でとやかく言われたが、このドラマの本質はそんなものを遥かに凌駕している。その証拠にその本質を表現する子役達やストーリー、セリフが奇跡的に輝いている。

このドラマで表現している本質は「生きる力」である。
脚本家の遊川和彦氏が恐らく一貫して守っているであろう事は「人の生きる力はその人の中に必ずある」という思いである。
生きる力や思いやりといった人間性は決して他から教えられ、与えられるものではなく、いかにその人から引き出していくかだ、という硬い信念である。
それは、このドラマのテーマである「教育」自体の本質を突く鋭い信念でもある。
その信念を倫理観に怯える事なく徹底的に表現しているからこそ、このドラマは傑作なのである。

鬼教師による教育=悪、子ども達の戦い=善という徹底した勧善懲悪の対立構造が後半、子ども達の生きる力の獲得と成長により変質する。子ども達は逆にその「悪」を自らを成長させてくれた、宝のようなモ
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す