数量:1
女王の教室 DVD-BOX がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: アマゾンより即日発送 ・送料無料 【 ディスク1~5全て未開封 ・ スリーブケース仕様 】※BOXは開封済みですが、中のディスク1~5巻は、シュリンクパックに入ったまま未開封の商品です。 ◆国内正規品。レンタル品ではありません。【 商品状態 】スリーブケースとBOXケースは、ともにとてもキレイです。ディスク1~5は、シュリンクパックに入ったまま未開封です。(ディスク4のシュリンクパックに破れがあります。) ◆丁寧にクリーニング後、クリスタルパック包装をしてアマゾン倉庫に保管しています。 アマゾン専売商品なので在庫確実。 ◆ご注文確定後、お客様に直送されますので、商品到着まで楽しみにお待ちください。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 15,200
通常配送無料 詳細
発売元: Faitagy(フェイタジー)送料無料‼︎ 24時間営業‼︎
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

女王の教室 DVD-BOX

5つ星のうち 4.7 67件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 19,656
価格: ¥ 15,202 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 4,454 (23%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 15,200より 中古品の出品:6¥ 7,596より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 女王の教室 DVD-BOX
  • +
  • 女王の教室スペシャル DVD-BOX
  • +
  • ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏 DVD-BOX
総額: ¥36,684
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 天海祐希, 羽田美智子, 原沙知絵, 尾美としのり, 夏帆
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 4
  • 販売元: バップ
  • 発売日 2005/12/21
  • 時間: 560 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 67件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000BHZ0KM
  • EAN: 4988021129497
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 47,085位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   教室に君臨する冷酷かつ独裁的な鬼教師に戦いを挑む子供たちの慄きと成長を描いた異色の学園ドラマ。期待に胸膨らませて6年生に進級した神田和美(志田未来)はクラス替えで6年3組になった。担任は2年間現場から離れていたという新任の阿久津真矢(天海祐希)らしいが、真矢の姿は始業式にない。ついに教室に現れた真矢は名簿の名前を読み上げることもなく、いきなり全員にテストを強いる。そのテストで実力を発揮できずに最下位になってしまった和美は、代表委員とは名ばかりのありとあらゆる雑用係をやらされることに。これが6年3組24名にとっての、小学校生活最後の地獄のような1年間の始まりだった。
   社会的敗者は差別と不公平に苦しみ、逆に勝者はいろいろな特権を得て豊かな人生を送ることが出来る、といった真っ当極まりない現実社会の不公平、厳しさを説く阿久津真矢の発言は随所に的を射ており、その言葉の一つ一つには奇妙なほどの説得力がある。そんな痛いほどの正論を吐く真矢の強烈な存在感こそが、このドラマを支配する独特のトーンそのものだ。黒づくめの衣裳に身を包み、生徒たちを成績で差別し、従わないものには体罰を与える、社会の不合理そのもののような教師像を怪演する天海祐希が圧巻。その完全無欠ぶりに最初はケレンも感じるが、子供たちの前に大いなる壁として立ちはだかる真矢そのものが生きていくことの示唆のようにも次第に思えてきて、独特の感慨を与えてくれる。エンディングロールも一工夫あって面白い。好き嫌いを超えて圧倒させられるドラマである。(麻生結一)

内容(「Oricon」データベースより)

日本テレビ系列にて放送された、悪魔のような女教師と、彼女が担任する小学6年生の子供たちとの物語を描いた連続テレビドラマ作品。天海祐希、羽田美智子、原沙知絵ほか出演。4枚組のDVD-BOX。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 take 投稿日 2006/11/30
Amazonで購入
このドラマは今の社会に置き換えて考える事が出来る。今の世の中非常識で自分さえよければいいという考えに真矢は凛々しい位にメスを入れ自分の信条を貫き通す姿には本当に考えさせられた。何度も考えさせられ何度も泣いた。天海祐希の演技は素晴らしいの一言に尽きる。会社で辛い事があった時はこのドラマを観て自分を見つめ直している。学園ドラマの域を越えた最高傑作なドラマである。
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
友人に言われて11話を一気に見てしまいました。

阿久津マヤの登場では、ヒッチコックの映画に出てくる母親の様なイメージ。厳格で、感情がなく、抑揚のない話し方。凄いインパクトですね。

6年3組のクラスの中は小学校ではあるが、今の日本の縮図の様。ショッキングなシーンがドンドン出てくるが、現実に起こっている事態はもっと悪くなっているのではないでしょうか。

自分で考えない。信念がない。人の目ばかり気にする。その反面人に無関心。責任を取らない。

私たち大人にグサグサとつきつけてきます・・・

そして、大人になりきれていない大人と、それを冷静に見ている子供の対比も怖い。

マヤの言葉には、とても考えさせられますね。結局、一人一人が大人になるしか解決法はない。逃げずに立ち向かう事の大切さを、忘れてしまっているのを実感してしまいました。

教育の起こす奇跡、子供の成長に最後に微笑むマヤが美しく、印象的です。

子役たちの演技が凄くて、みんなの今後が楽しみだし、真に今の日本だから生まれた傑作だと思います。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 この作品の意図を強調されている話は何と言っても最終話であろう。天童教諭の、「保護者にどう思われるかなんて関係ないですよね。生徒にとって良い先生であればそれでいいんですよね。」という台詞に凝縮されているだろう。

 そして阿久津教諭と生徒たちの関係を凝縮したシーンは何と言っても仰げば尊しだろう。生徒たちがそれぞれ思い思いの台詞を口にしたあと教室を去ろうとする恩師に仰げば尊しを涙ながらに口ずさむ。あのシーンは最高である。具体的にどんな台詞であったかは、重要なキーポイントになると思うのでここに書くことは控えたいと思う。

 とにかく、この作品は賛否両論に分かれる作品であるが、現在の教育のあり方に一石を投じる作品になったことは言うまでもない。教育関係者はもとより、生徒と同じくらいの年齢の子供たち6年生も熱中して見られる作品に思う。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
現実問題としては、いくら生徒を鍛えるためとはいえ、せっかく芽生えた友情を壊すこと(第3話)も、財布泥棒の名を言わないならあなたがやったと見なすと言うこと(第4話)も、弱みにつけこんでスパイを強要すること(第6話)も、教師として絶対にやってはならない。
ただ、昔のスポコンドラマの焼き直しみたいな「熱血鬼教師」なら誰も相手にしなかったであろう。遊川和彦の描いた「冷血鬼教師」に「横っ面をひっぱたかれた」視聴者が激怒したからこそ、議論の場が開けたのである。

このドラマは単なる視聴率狙いではない。確かに演出過剰であるが、真矢の主張は一貫しているし一見「正論」である。いや「正論」すぎるがゆえに、いわゆる世間の常識と乖離し、和美、ユウスケ、ひかるが反発する。
和美は、表向きは「いい子」であるが、その本心は「親や友達に嫌われたくない」。鬼教師真矢と渡りあううちにメッキがどんどんはがされ、本音で勝負しなければならなくなる。明るい事だけが取り柄の女の子は、クラスを引っ張るリーダーに成長する。通学途中で出くわすシェパードは真矢の象徴。最初はビビリまくるが、やがて「ワン」と言い返し、最後には仲良くなる。

小学校が舞台になってはいるが、現実の大人社会の縮図という見方もできる。我々生活のかかった大人が6年3組の生徒のように振る舞うのは容易ではない。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
初めの印象は本当に今までにない内容といった感じだが、回を重ねるごとに、このドラマの奥の深さにはまっていく。特典Diskもぜひ1度は見る価値があると思う。既にドラマを見た人は本編以外に特典Diskも含め何度みても楽しくもあり、色々と考えさせられる内容ではないかと思う。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック