中古品:
¥ 3,979
+ ¥ 391 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 113分。USED、レンタル落ち商品。ジャケットやラベルの日焼け、多少のノイズ、音声が歪む場合があります。また、レンタル管理シールなど綺麗に剥がせない場合があります。再生確認時に問題が発生した際にはメールにてご連絡させて頂きます。【レンタルケースのままで通常はゆうメール発送。購入額3000円以上、または3本以上のご購入で佐川急便での発送となります】※休日(土、日、祝)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

女殺油地獄 [VHS]

5つ星のうち 4.3 9件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:8¥ 3,979より


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 樋口可南子, 藤谷美和子, 堤真一, 長門裕之, 石橋蓮司
  • 監督: 五社英雄
  • 形式: Color
  • テープ数:: 1
  • 販売元: フジテレビジョン
  • VHS発売日: 1992/11/20
  • 時間: 113 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 9件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005FSN0
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

レビュー

油商の息子・与兵衛の元乳母・お吉は小菊への嫉妬に燃える。女の魔性を描く、近松の名作を映画化!
-- 内容(「VIDEO INSIDER JAPAN」データベースより)

製作: 村上光一/奥山和由
監督: 五社英雄
原作: 近松門左衛門
脚本: 井手雅人
撮影: 森田富士郎
音楽: 佐藤勝
出演: 樋口可南子/藤谷美和子/堤真一/長門裕之/石橋蓮司/辰巳琢郎/佐々木すみ江/井川比佐志
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
タイトルはおどろおどろしいのですが、美しい文学作品です。女優さん2人の演技も見事でしたが、堤さんの役者魂には脱帽です。2人の女に手玉に取られ翻弄される純情な男をまさに体当たりで演じています。堤さんの関西弁はなぜかすごく色っぽいです。関西弁といえばお笑いのイメージが強いが、しっとりしていて作品の雰囲気を盛り上げています。もっと評価されていい映画です。DVDが何故出ないのか?
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
樋口可南子さん、藤谷美和子さん、そして何より堤真一さんがとても美しくて見入ってしまいました。若き日の堤さんの初々しさ、鍛え上げられたしなやかな肢体が眩しく、女優さん以上に官能的です。堤さんはかっこいいだけでなく、演技力と存在感のある素晴らしい俳優さんですが、こんなに若い頃の初期の作品からもうすでに凄い役者魂、プロ根性を見せていて、圧倒されました。また、兵庫県出身の堤さんの柔らかで自然な関西弁のセリフも魅力的です。他の出演者も皆ベテラン揃いだし、物語も男と女のどうしようもない感情の絡みがしっとりとした映像で描かれていて、廃盤になってしまっているのが惜しいほどの作品です。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ジンガリ 投稿日 2015/11/27
絵が相も変わらず、太筆で力強く美しいです。大好きな監督の一人です。それにしても「こおろぎ橋」で初々しく連ドラデビューした樋口可南子が終始艶めかしいですね。さらに藤谷美和子、堤真一との三つ巴から目が離せません。「題」から連想するイメージは「おどろおどろしい」ものだったので敬遠していましたが、かくも哀切な物語だったとは知りませんでした。お気に入りの「映画」に加わりました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 こんぶや 投稿日 2003/11/10
藤谷美和子と樋口可南子の、まさしく一揆打ちの対決である。
どろどろとした男女の仲…平凡な商人のお内儀が、年下の男におぼれ、
護身のために突き放したかと思うと、また、たぐりよせようとする…
女郎蜘蛛のような、女の手管と、業の深さを、
ものの見事に樋口可南子が演じている。
堤真一との濡れ場も見事である。
タイトルを裏切らない、すごい作品であると思う。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 makutsu 投稿日 2004/2/1
特に結婚式のシーンが幻想的で綺麗でした。
あと若造役の堤さんがやたら官能的に見えるので、
そちらの方に気を取られてしまいました。
しかし奥方は(いくら相手もいい加減とはいえ)男心を
弄ぶのはひどいなと思いました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック