通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
女学生探偵と偏屈作家 ―古書屋敷殺人事件前夜― がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

女学生探偵と偏屈作家 ―古書屋敷殺人事件前夜― 単行本(ソフトカバー) – 2013/11/30

5つ星のうち 3.9 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 1

この商品には新版があります:


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 女学生探偵と偏屈作家 ―古書屋敷殺人事件前夜―
  • +
  • 古書屋敷殺人事件 ―女学生探偵シリーズ―
  • +
  • 能面島神隠し事件 ―女学生探偵シリーズ―
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 99pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「先生、事件です! 」
50万再生を突破した和ロックテイストの人気ボカロ曲「古書屋敷殺人事件」より、オリジナル小説が誕生!
作者のボカロP・てにをは自身による書き下ろし3編を収録!
女学生探偵シリーズ「古書屋敷殺人事件」の作品世界を舞台した前日譚!!
女学生探偵・花本ひばりと、ドS推理作家・久堂蓮真の痛快事件録!!!

●人物紹介:
・花本(はなもと)ひばり
推理小説好きな高校2年生。久堂のもとに珈琲豆を届けるついでに珈琲を淹れ、身の回りの世話を焼いている。

・久堂蓮真(くどうれんま)
ひばりの父が営む純喫茶の常連で偏屈な美男子。売れない推理作家だが、ひばりの話を聞けば犯人がわかる“安楽椅子探偵"。


●各作品紹介:
・『明尾高屋上投身事件』(あけびこうおくじょうとうしんじけん)
文化祭の準備に沸く高校の屋上で血を流して倒れている女子生徒が発見される。
そこには血で書かれた『X』の文字が! 事件か!? 事故か!? ひばりは真相解明に乗り出す。

・『探偵暇潰遊戯』(たんていひまつぶしゆうぎ)
ひょんなことから久堂と勝負をすることになったひばり。
久堂宅にあるぼう大な蔵書の中から、久堂が出す三つの手掛かりをもとに一冊の本を選び出すというものだが…。

・『両国幽霊殺人事件』(りょうごくゆうれいやしきさつじんじけん)
ひばりと久堂は古書店を営む枯島の使いで両国へ。折しもその日は隅田川花火大会。
ひばりはちょっぴりデート気分だったが、訪ねた先で射殺死体が見つかり…。


●「古書屋敷殺人事件」とは?
2012年7月3日にニコニコ動画に投稿され、1年足らずで50万再生を超えた、てにをはの代表曲。
のちに「女学生探偵シリーズ」と称される、テンポが良くて歌詞の言葉遊びが楽しく、どこか懐かしいあじわいのシリーズ1作目。
その後「異国人形殺人事件」、「こっちむいてほい」、「能面島神隠し事件」と続く。
シリーズを通じて絵師・なのり、動画師・七星とタッグを組む。

内容(「BOOK」データベースより)

大人気ボーカロイド曲「古書屋敷殺人事件」以前の女学生探偵・花本ひばりと偏屈な推理作家・久堂蓮真の痛快事件録!書き下ろし!!女学生探偵シリーズ初ノベライズ!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 336ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2013/11/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048660721
  • ISBN-13: 978-4048660723
  • 発売日: 2013/11/30
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 261,036位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
そもそも推理モノが好きで、てにをはさんの楽曲の歌詞が面白かったので、「もしかして面白い推理小説なんじゃ…」と思い購入しました。
結果、推理モノを求めてこの手の本を買ったのは間違いだったなあと。

文章は結構読みやすいです。ラノベ風というか、主人公の一人称視点で話が展開していきます。
ただ、犯人は導入部分でなんとなく「こいつだな」とわかってしまいがちで、犯人探しの楽しさは皆無です。
また、主人公にヒントを与えてくれる先生は、「何でこの謎が解けたのか」という部分をほとんど描写されません。
そのため、安楽椅子探偵というよりは、ただの「全知全能のすごい人」みたいになっています。

謎解きが殆ど無くて、「事件発生→犯人はお前だ!トリックはこう!以上!解散!」みたいな流れ。
トリックは明かされるんだけど、どうやって探偵役がトリックを突き止めたのかの描写が全くなく、かなり消化不良です。

あと、これは個人的な好みですが、先生と主人公のキャラがあんまり立っていない気がします。
先生はもっと辛辣なのかと思ってたら普通に優しくて、いまいちキャラが掴めないというか。
つまり、キャラ萌え小説としてもちょっと微妙というか…。
リーガル○イみたいに、ものすごい癖のある先生
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ボカロ曲のほうは好きで、アルバムも良かったのでついでに購入。

やはり、本職の小説家ではないので、今ひとつという所でした。

特に気になったのは主役二人の特徴のなさでしょうか。

ひばりちゃんが事件の謎を解くわけですが、その謎を解くことのできる背景が説明されていないとゆうか・・・

先生は何でも分かるキャラみたいなんですが、こちらも「ただ凄い人」を書いただけで終わってしまっています。

なんというか、曲の中に登場させた、よく固まっていないモヤッとした人物像をそのまま小説内に登場させてしまった感じなので、

話のほうも切れが悪くなっている印象です。

小説としてより、てにをはさんファンのコレクションアイテムとして買うべきでしょう。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
少しのネタバレと少し辛口なレビューとなりますがご了承下さい。

この本はボーカロイド曲「古書屋敷殺人事件」以前のお話となります。なので知らないで読む方には「アレレ?」となってしまう方もいるかもしれませんので、先に曲のほうを聞くことをおすすめします。まぁ、知らなくとも大したことはありませんが。
著者であるてにをはさんは昔から小説を書くことが好きだと聞いていたため、素人であるとしても少しは期待をしていました。ですが3日に1冊は小説を読んでいる私からすると、結構な粗が目立ちます。仕方のないことかもしれませんが。会話文だけで話が進むところが多々あります。。どういう状況なのかがいまいち掴み取れず、脳内補完しなければよくわからないという場面がみうけられます。もう少し人物の描写に気を使ってほしいところです。そしてこれは推理小説となりますが、私はあまり推理ものを読まないため気の利いたことはいえませんが「うーん」と感じるような推理がありましたね。それは別にそういうことだと断言できるというほどのものでもないだろうと。読んでいるうちに名探偵コ○ンを思い出しました。
と、少し辛口になりましたが私は全体的に面白いと感じました。収録内容は
・明尾高屋上投身事件
・探偵暇潰遊戯
・両国幽霊屋敷殺人事件
の3つになります。私はCDも持
...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
全体的には面白かった。
ライトなので普段ミステリーを読まない人も読みやすいです。
脇役のキャラクターが少しブレたり、誰のセリフかわかりにくいものが気になりました。
キャラ読みする方はハマると思います。
コアなミステリーを読み込んでる方には少し物足りないかもしれません。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
悪ノシリーズから終焉の栞、カゲロウなど様々なボカロ派生本を読んで来ましたが、どれも残念な本にしか思えませんでした。

曲であらすじを知っているからでしょうか?どれもつまらなく、ファンだったら歓喜ものだったなー、でも本としてはイマイチというものばかりでした。そのため、まるでトラウマのように、ボカロの曲を元に書かれた本は手を出すのをためらってきました。

が、今回のは当たりだったと思います!他のレビューのように文章に違和感や荒っぽさはありましたが、小説としてはそこそこしっかりしたものだと思います。ちなみに、私は2日に一冊は読む派です。

多少の違和感は大丈夫!な方は読めるでしょう。推理の方はよくわかりませんが、素人な私からはきちんとした推理だったように見えました。推理につながる伏線も、ちゃんとありましたし。

キャラもしっかりしていて、その点は問題ないでしょう。来年の春に第2弾が発売されるみたいなので、しかも今回はまだ序章の序章。それでこの完成度なら、期待していいでしょう!

存在は知っていましたが、私は少し前から女学生探偵シリーズを聴き始めたばかりのためか、あまり先入観なく読めました。そのおかげか、とても楽しんで読めました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー