通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
女子をこじらせて がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 神戸ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 少し擦れ、軽いヨレが見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。2営業日以内にゆーメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

女子をこじらせて 単行本 – 2011/12/5

5つ星のうち 4.1 30件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 240
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626 ¥ 193

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 女子をこじらせて
  • +
  • 女の子よ銃を取れ
  • +
  • 東京を生きる
総額: ¥4,644
ポイントの合計: 140pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

可愛くないけどモテたいし、頭の中はエロい妄想でいっぱい。絶望と欲望の狭間で、私は「女をこじらせ」、気がつけば職業・AVライターに。過剰な自意識と恋愛欲と性欲のせいで、坊主にしたり、サブカルにかぶれたり、親友の彼氏で処女を捨てたり……。それでも「女」はやめられない! コンプレックスを吹き飛ばす力をくれる自伝的エッセイ。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

「女子力検定失格!」の烙印を押されても、女子街道をひた走る!「女子」という生きづらさを描き出す、平成こじらせガール漂流記。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 252ページ
  • 出版社: ポット出版 (2011/12/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4780801729
  • ISBN-13: 978-4780801729
  • 発売日: 2011/12/5
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 131,810位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
“女であるが故の痛み”について書かれた本です。
幼少期から現在に至るまでが時系列で書かれており、巻末に「モテキ」作者の久保さんとの対談が収録されています。
 
幼少期からエロエピソード満載ですが、そういうエロエピソードとは別に、
社会人となった著者の七転八倒する姿も書かれており、
社会=男社会の中で女がもがき苦しみながら仕事をしていく姿は、身につまされるものがありました。
特に仕事を辞め、実家に帰り、そしてまた仕事に復帰していく箇所は、胸に迫ってくるものがありました。

が、続けて巻末対談を読み、そこで久保さんと、いわゆるアダルトチルドレンを嘲笑し合っているのを読んで、
今までこちらの胸にも迫ってきていた痛みがスーッと冷めていきました。
 
雨宮/こじらせてる人って・・・もう三十代も半ばになって今さら「親の教育が〜」とか、
  親のせいにするのもろくでもないと思うの。
久保/厳しい親だったかもしれないけど、育児放棄されたわけでも暴力ふるわれたわけでもないじゃん。
  だからやっぱり親のせいじゃなくて「自分は自分でダメになったんだ!」と思うよ!
雨宮/自分は自分でダメになった・・・(笑)。キツいわ〜。
 
著者が
...続きを読む ›
4 コメント 470人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
これ、私小説じゃないですか。しかも、著者とほぼ同い年なので、色々な時期が自分とかぶってて、あーこの頃の自分はこうだったなあ、と自分の人生を振り返る事が出来た。しかし、この本の限界は同時代を生きた女性でしか共感し得ない部分が多々ある事。他世代の女、またはすべての男たちからは真の共感を得られないのが、この本とこじらせ女子の悲哀と限界だと思う。この世は所詮男社会なのだいうことを、この本の現時点での社会での位置付けが物語っている。でも、生きて、書き続けてほしかったなあ。おつかれさまでした。安らかに。。。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
男ですが、太宰治の人間失格を読んでいるような気持ち、「これは自分ではないのか?」という箇所が何度もありました。世間一般には晒されることのない、でも、多くの人が抱えているであろう、歪んだ心の様相が書かれているように思います。女でエロのライターで、なんていうことなどどうでもよいぐらいに、人が生きる本質に触れたような気がして呆然としています。急逝されたことが本当に残念でならない。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
タイトルの「女子をこじらせて」に大きな期待を寄せました。私も女である事に生き辛さを感じていたからです。でも、これは。。。これは一言で言うなら「私が舐めた孤独とは違う」でしょうか。女性であること、またはそれをこじらせていることにはあまり触れておらず、それよりもこの方本人の紆余曲折の人生の歩みに対する壮大な言い訳本、といったところです。その割に大した紆余曲折もないのですが。文体も軽く(それが売りなのでしょうけど)言い訳が何行にも渡って続くスタイルは非常に読んでいて疲れるものでした。ここ数年にない、大失敗の買い物です。
コメント 171人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
個人的には隔靴掻痒というか…。
まず、こじらせてる人というのは「肥大化した自意識と折り合いをつけられなくなってるけど、世間的によしとされている価値観への執着も捨てきれない人」とでも言いますか。
そこにサブカルへの傾倒なども加わり、ますます多勢への迎合に対して抵抗感が生まれているのが著者のそれでしょう。
ですが、個人的には仕事にも就いていて、肉体関係のみとはいえ異性との付き合いもあって、それでこじらせというのはどうかな、とは思います。
そもそもこじらせというのが結局は「他の人みたいにふつうに恋愛して結婚して家庭を築けていない」ことに集約されるのはちょっとすっぱい葡萄が過ぎるのではないでしょうか?
桜沢エリカが「結局は男に依存したいだけだ」とぶった斬ったのは痛快でした。
安易なリア充叩きにも似たルサンチマンでしかないです。自分の庭より青い芝生に見えてもみんな苦労してるんですよ。
世の中には色々理由がありますが学校もいかず、就業経験もなく、踏みとどまっているうちにどんどん社会に参加することへの恐れが強くなる悪循環に陥っている人がいるというのに。
椎名林檎に嫉妬してしまうくだりも、サブカルに傾倒してこじらせが強まったわけではなく、多かれ少なかれ彼女やCoccoなどのファンはそんな感じだったのでは、と。
...続きを読む ›
コメント 109人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー