通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
女子をこじらせて (幻冬舎文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 使用感やいたみは少しありますが、中古品としては概ね良い状態です。◆原則48時間以内に発送手続きをいたします。◆ゆうメールで配送のため日、祝日の配達はありません。◆清掃後丁寧に防水用の袋に簡易梱包して発送いたします。◆付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。 ◆Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。◆検品には万全を期していますが、ご連絡して頂ければ対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

女子をこじらせて (幻冬舎文庫) 文庫 – 2015/4/10

5つ星のうち 4.1 30件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 214
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 87

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 女子をこじらせて (幻冬舎文庫)
  • +
  • 東京を生きる
  • +
  • まじめに生きるって損ですか?
総額: ¥3,758
ポイントの合計: 114pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

可愛くないけどモテたいし、頭の中はエロい妄想でいっぱい。絶望と欲望の狭間で、私は「女をこじらせ」、気がつけば職業・AVライターに。過剰な自意識と恋愛欲と性欲のせいで、坊主にしたり、サブカルにかぶれたり、親友の彼氏で処女を捨てたり……。それでも「女」はやめられない! コンプレックスを吹き飛ばす力をくれる自伝的エッセイ。

内容(「BOOK」データベースより)

可愛くないけどモテたいし、頭の中はエロい妄想でいっぱい。絶望と欲望の狭間で、私は「女をこじらせ」、気がつけば職業・AVライターに。過剰な自意識と恋愛欲と性欲のせいで、坊主にしたり、サブカルにかぶれたり、親友の彼氏で処女を捨てたり…。それでも「女」はやめられない!コンプレックスを吹き飛ばす力をくれる自伝的エッセイ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 262ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2015/4/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344423216
  • ISBN-13: 978-4344423213
  • 発売日: 2015/4/10
  • 梱包サイズ: 15 x 10 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 70,308位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 sawa 投稿日 2017/1/17
形式: Kindle版 Amazonで購入
読む前は、タイトルを見てみうらじゅんの「童貞をこじらす」のぱくりじゃないか!とか、あと表紙のイメージからはもっと女アピールの強く面倒くさいフェミニスト系かなと思っていましたが、読んでみると本当にこじらしていてびっくりしました(笑)。
内容については、しっかり自分の性欲についてとかも語っていて、ファッションで「こじらす」とか言ってないなというのが最初の印象で、なんでこんなに悪い方にばかり考えているのだろうと思いながら、どんどん感情移入して読んでいきました。
しかし昨年お亡くなりになったとのことで、すごくタイミングの悪さというか、にわかの割には勝手な喪失感を感じているところです。
ブログ「弟よ」を最初の方から読んでいこうと思っています。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
これ、私小説じゃないですか。しかも、著者とほぼ同い年なので、色々な時期が自分とかぶってて、あーこの頃の自分はこうだったなあ、と自分の人生を振り返る事が出来た。しかし、この本の限界は同時代を生きた女性でしか共感し得ない部分が多々ある事。他世代の女、またはすべての男たちからは真の共感を得られないのが、この本とこじらせ女子の悲哀と限界だと思う。この世は所詮男社会なのだいうことを、この本の現時点での社会での位置付けが物語っている。でも、生きて、書き続けてほしかったなあ。おつかれさまでした。安らかに。。。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
自尊心が低いとか、自信がないとか、色々言えるんでしょうが。全てを人生の糧だと思えるかどうかが分かれ道なのでしょうね。中身の濃いエッセイ。
筆者の雨宮まみさん、早くも40歳で他界されてました。惜しまれます。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
みんなが感じていることを上手く表現しているなと思ったけど、だからと言ってそれが「原因」で「こじらせ」たというのは、ちょっと違うかな。
「悲劇の女なのよ、わたしは!」みたいな感じ。みんな女だしその程度の悲劇はみんな体験しているし、みたいな。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
自虐の中に見え隠れする、人に対する優しさ。似てる似てる私もそうだった、そして私は未だにそう、だからこその若かりしころの自分に読んでやりたかった!自分に自信のない自分を搾取していった人に出会い、すがり、捨てられる前に。今からでも遅くないと信じて行こうと思いました。あとがきの最後のやさしい一文に、自分でもびっくりした位唐突に泣けてきました。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
堅苦しくない文体(むしろ砕けすぎなほど)で、スラスラ読めました。「女である自分が他者からどう見られているか」という他者からの目線を内面化、という下り、あ、そうそう、という気持ちで読みました。30代後半も後半の今となっては笑い話のようですが、20代までは自分の核というか、芯もないまま、ひたすらに自分に振り回され、無駄に悩み、重たい恋(黒歴史)ばかりだったことを思い出しました。今は「良き母親」や「貞淑な?妻」という、いわば神格化された「女性像」にしんどくなったりしますが、こじらせた過去を一度なり経験していると、それでも気持ちの向き合わせ方が違うような気がします。
かつてのこじらせ女子だった私より、今の私のほうが好きだったりします。今、自分の「女」としての在り方やそんな自分に向ける目線を、悩ましく感じる方にはオススメです。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
男ですが、太宰治の人間失格を読んでいるような気持ち、「これは自分ではないのか?」という箇所が何度もありました。世間一般には晒されることのない、でも、多くの人が抱えているであろう、歪んだ心の様相が書かれているように思います。女でエロのライターで、なんていうことなどどうでもよいぐらいに、人が生きる本質に触れたような気がして呆然としています。急逝されたことが本当に残念でならない。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
“女であるが故の痛み”について書かれた本です。
幼少期から現在に至るまでが時系列で書かれており、巻末に「モテキ」作者の久保さんとの対談が収録されています。
 
幼少期からエロエピソード満載ですが、そういうエロエピソードとは別に、
社会人となった著者の七転八倒する姿も書かれており、
社会=男社会の中で女がもがき苦しみながら仕事をしていく姿は、身につまされるものがありました。
特に仕事を辞め、実家に帰り、そしてまた仕事に復帰していく箇所は、胸に迫ってくるものがありました。

が、続けて巻末対談を読み、そこで久保さんと、いわゆるアダルトチルドレンを嘲笑し合っているのを読んで、
今までこちらの胸にも迫ってきていた痛みがスーッと冷めていきました。
 
雨宮/こじらせてる人って・・・もう三十代も半ばになって今さら「親の教育が〜」とか、
  親のせいにするのもろくでもないと思うの。
久保/厳しい親だったかもしれないけど、育児放棄されたわけでも暴力ふるわれたわけでもないじゃん。
  だからやっぱり親のせいじゃなくて「自分は自分でダメになったんだ!」と思うよ!
雨宮/自分は自分でダメになった・・・(笑)。キツいわ〜。
 
著者が
...続きを読む ›
4 コメント 486人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告