通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
女城主・井伊直虎 (PHP文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆全体的に使用感があります。少し、小口に傷みがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

女城主・井伊直虎 (PHP文庫) 文庫 – 2016/4/29

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 756
¥ 756 ¥ 225

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 女城主・井伊直虎 (PHP文庫)
  • +
  • 剣と紅 戦国の女領主・井伊直虎 (文春文庫)
  • +
  • しずおかの文化新書16 湖の雄 井伊氏~浜名湖北から近江へ、井伊一族の実像~
総額: ¥2,156
ポイントの合計: 51pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

2017年放送の大河ドラマのヒロイン・井伊直虎。
時は戦国時代。曽祖父は毒殺、祖父と父は戦死、そしてかつて愛した元許婚は謀殺……。
井伊家の男が次々と世を去る中、女として生まれた直虎は〝男″となって家を差配し、
ついに滅亡寸前の家を大名へと押し上げる。しかし、彼女の史料はあまりに少なく、
井伊家の系図にすら名がない。はたして彼女は、何者だったのか?
本書は、直虎の過酷ながらも美しき生涯を、現地取材と史料から解き明かしたもの。
写真・図版・地図約90点と、「特別史跡ガイド」が付いた決定版。文庫書き下ろし。

●いつ、どこで生まれたのか?
●なぜ「直虎」と名乗ったのか?
●いかにして今川家の圧力に対抗したのか?
●どうやって井伊直政を、家康と対面させたのか?
●いかなる最期を迎えたのか?
謎の真相が次々と明らかに!

内容(「BOOK」データベースより)

徳川家臣で最大の大名となった井伊直政。その栄光の影には、直政の養母でありながら“男”として生き、家を守り抜いた井伊直虎がいた。しかし、彼女の史料は極めて少なく、井伊家の系図にすら名がない。はたして彼女は何者か?その過酷ながらも美しき生涯を、現地取材と史料から解き明かした。写真・図版・地図約90点と、「特別史跡ガイド」が付いた決定版。文庫書き下ろし。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 379ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2016/4/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569765521
  • ISBN-13: 978-4569765525
  • 発売日: 2016/4/29
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 148,200位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
元々の資料に乏しく、直虎に関しては大半が筆者の憶測により書かれています。ある程度戦国の時代背景を知っていて直虎の事だけを深く知りたいと思って購入するとガッカリします。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
NHK大河が放映される前に、予備知識として読ませていただきました。史跡ガイドも地図や写真付きで掲載されており、大河ドラマで最後に関連地域が紹介されますが、その予備知識としも興味深かったです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
『女城主・井伊直虎――この一冊でよくわかる!』(楠戸義昭著、PHP文庫)は、戦国時代末期に、女でありながら井伊直虎と名乗った国人領主の謎に実証的に迫っています。

「(直虎は)女でありながら、男として生きなければならなかった。出家しても尼となることを許されず、次郎法師という僧名を背負い、井伊家を守るために還俗して、男を装った」。「彼女が還俗して地頭職を継ぎ、女城主となってからは、的確に政務をこなし、主家である今川家の決定もはねのける、強い意志の持ち主だった。そして彼女は井伊家を守ろうと必死に生きた」。国人領主であった井伊氏は、守護大名から戦国大名へと脱皮していく今川氏の支配下に組み込まれ、辛酸をなめ続けたのです。

一族の幼い虎松(後の井伊直政)に井伊家の家督を継がせるべく、当主として、虎松の母代わりとして、直虎は力の限りを尽くします。徳川家康の将来性を見込んだ直虎の計らいで家康に仕えることになった直政は、家康の信頼を得て出世を重ね、徳川家臣団中の第一位に位置するまでになります。

滅亡の淵に立たされた井伊氏の運命に大きな転機をもたらし、江戸幕府の重鎮となる礎を築いた直虎の歴史的事績を知ろうとするとき、本書は必読の一冊です。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
大河が始まり、直虎本読み漁っています。
今川との対立の根本原因と歴史が分かりました。

今年はたぶん人が多そうなので、行きませんが、来年浜松旅行にるるぶ代わりに持っていこう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
🙆🆗✨思ったより届くのに時間がかかった。近くの書店で買っても良かったかも。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告