女囚さそり 701号怨み節 [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

女囚さそり 701号怨み節 [DVD]

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,024
価格: ¥ 2,381 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 643 (21%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 2,381より 中古品の出品:1¥ 1,600より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 女囚さそり 701号怨み節 [DVD]
  • +
  • 女囚さそり けもの部屋 [DVD]
  • +
  • 女囚さそり 第41雑居房 [DVD]
総額: ¥7,107
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 梶芽衣子, 田村正和, 細川俊之, 金井由美, 土方弘
  • 監督: 長谷部安春
  • 形式: Color, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日 2014/07/11
  • 時間: 88 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00JIGG5SI
  • JAN: 4988101178520
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 20,627位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

【解説・ストーリー】
猛る! 黒い殺意! 復讐の呪経が闇中にひびき、さそりの刑事(デカ)狩りが始まる
キラリ、この眼が光った!さそりの執念は裏切りへの復讐に燃えさかる!
“怨"の炎をたぎらせて、ひとり復讐に生きる女──“女囚さそり"シリーズ第4弾。刑務所を脱走し、花嫁衣裳の着付けをしながら身を隠す、さそりこと松島ナミ。だが、鬼警部・児玉の執拗な捜査により居場所を突き止められて逮捕される。その護送中、取り囲む刑事たちの目を盗んで再び逃走したナミは、場末のヌード劇場へ。そこで、舞台の照明係をしている元学生運動家の工藤と出会う。彼もまた、学生運動で警察に捕まり、自分に壮絶な拷問をかけた刑事に対して復讐の念を抱いていた。その刑事とは、ナミにつきまとうあの児玉だった。ナミは、自分と同じ経験を持つ工藤に心を許すが、やがてその工藤にも裏切られて復讐心を燃やし、児玉と工藤を殺して人間不信の逃走を続けるのだった。梶芽衣子がハマリ役、怨念の世界に生きるさそり=松島ナミに扮して好演。さらに、本作が東映初出演となる田村正和が工藤役に体当たりする他、細川俊之、中原早苗、渡辺やよい等、異色のキャスティングで放つ注目作。伊藤俊也監督から長谷部安春監督にバトンタッチされた今回、クールなさそりの怨念もさらにエスカレート。さそりの“怨み節"が地の果てまで響きわたる。

【キャスト】
梶芽衣子、田村正和、細川俊之、金井由美、土方 弘、大下哲矢、渡辺やよい、初井高栄、楠田 薫、中原早苗、森 秋子、根岸明美、安藤純子、土山登志幸、佐藤晟也、大泉公孝、久邇あき子

【スタッフ】
監督:長谷部安春
企画:吉峰甲子夫
原作:篠原とおる
脚本:神波史男、松田寛夫、長谷部安春
撮影:仲沢半次郎
音楽:鏑木 創

【公開日】1973年12月公開

【スペック】
●映像特典
◆フォトギャラリー
◆予告

DUTD02302/COLOR/本編88分/片面1層/1.主音声:モノラル/16:9LB(シネスコ)

【販売元】東映株式会社【発売元】東映ビデオ株式会社

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

篠原とおる原作、梶芽衣子主演によるバイオレンスアクション「女囚さそり」シリーズ第4作。脱獄したナミは警部に逮捕されるが、護送中に再び脱走。ヌード劇場の照明係に救われるが…。監督は長谷部安春。“<東映 ザ・定番>シリーズ”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

警察が 権力をカサにかけて、犯人を いじめまくる。
悪役みたいな 警部 細川俊之。
設定が ストリップ劇場の照明がかり。裸をたんまりと見せる。
若い田村正和。言葉少ない 梶芽衣子。
田村正和が かばうが、警察に捕まり、母親の訴えで、
結果として 梶芽衣子を 売ってしまう。
細川俊之は 徹底して 梶芽衣子をいじめる。

1973年と言う時代が『革命』という言葉が残っていて、
過激派くずれが存在して、警察などを国家権力として敵対する。
敵対することは なんでもいいと言う感じ。

警察が 悪で、梶芽衣子が 正義のような 逆転した関係がおもしろい。
寡黙であればあるほど 主人公の魅力が出る。
孤独、拒絶、何も信じない。虚無 がはやった時代。そんなときの ヒロイン だった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す