通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
女医裏物語―禁断の大学病院、白衣の日常 (文春文庫... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 比較的状態が良く、目立ったキズなどはありません。中には書き込みがあるものもございますが、文章を読むのに支障はありません。Amazonより迅速に発送されます。Amazon倉庫にて保管しているので在庫切れはございません。【注文後24時間以内に発送】【クレジットやコンビニ払いも可能】【速達可能】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

女医裏物語―禁断の大学病院、白衣の日常 (文春文庫) 文庫 – 2011/6/10

5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 689
¥ 689 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 女医裏物語―禁断の大学病院、白衣の日常 (文春文庫)
  • +
  • ナース裏物語―白衣の天使たちのホンネ (文春文庫)
  • +
  • 患者さんには絶対聞かせられない ナースのぶっちゃけ話
総額: ¥2,006
ポイントの合計: 48pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

うら若き女医が体験したオドロキの医療現場。講義で××な写真を見せる先生、超ミニスカ好きの女医、大声では言えない解剖の話、大学病院のひみつ部屋から、さまざまな病気の話、壮絶な外科手術、名医迷医列伝まで、医学部・大学病院の衝撃秘話が満載。医学生とドクターの知られざる日常が赤裸々に明かされる、抱腹絶倒の一冊。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

神/薫
197×年、静岡県生まれ。私立K大学医学部卒業後、大学病院で研修医生活をおくる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 291ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2011/6/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167801345
  • ISBN-13: 978-4167801342
  • 発売日: 2011/6/10
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 109,987位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8

トップカスタマーレビュー

投稿者 班長 投稿日 2016/7/18
形式: 文庫 Amazonで購入
ソフトカバー版は漫画チックな感じの気だるい女性のイラストですが、こちらはエロチックな感じでいいですね。正直、これで抜きました、ハイ・・・。

肝心のないようですが、医療関係者なら「あるある」と思える内容満載です・
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 最初にこの本を書店で見つけたとき、スワッ!これは美人女医の禁断の愛を描いた小説かと思い、タイトルだけで買ってしまいました。(・・エロビデオの見過ぎや!!)しかし、内容はじつに真面目で、1人の女性、美人?がK大医学部(多分慶応だと思います)に入学し、卒業し、無事国試に受かり、研修医として活躍するまでを、悲喜交々、記憶に残った事、解ってほしいこと等色々述べておられます。 
 お年寄りの大腿骨骨折を家族が渋るのに治療し逆に恨まれたこと・・実はこの老人、徘徊癖があり、暴力を振るう。・・悪いけど寝たきりのほうが良かったんです。習慣性肩脱臼癖を持つ超美人の悲劇。口唇紋が犯罪捜査に役に立つ事(そう言えば、牛にも鼻紋があります。)。K大では、医学部女子は、メイクも控えめで服装もコンサバな子が多い事。解剖学実習で、壁に耳ありを実際行った人がいた・・らしい。骨実習で、頭蓋骨を持ち帰り、電車に忘れて大騒ぎになった・・・当の本人は、シラをきり続け、後内科の教授になった。開腹手術を受けた彼女の横で添い寝をし、咎めたら、「俺は○○新聞の記者だ」と逆ギレした男。先輩が高級焼肉をおごってくれたが、食べ始めるや否やポケベル(懐かしい!!)がなり、おじゃんになった話し・・・等興味深い話が満載です。
 実は、私もこの世界に少し関係があり、また、親戚にも医師、眼科医もいます。医学系は進学課程のときだ
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
なんとなく陰湿な雰囲気のあるタイトルですが、中味はあっけらかんとした医学生〜研修医時代の女医さんの日常を描いています。むしろ陰湿な雰囲気を著者に要求するのは無理なようです。
ヘレン・ケラーとナイチンゲールの混同やら、犬に対する愛着、KO太郎さんの話も印象に残りました。
最初は「私立K大学医学部」とは、北里大かなと思いながら読んでいましたが、途中から慶応大学であることがわかってきます。著者の現在の年齢は40歳くらいではないでしょうか。
著者の選んだ専門は眼科。患者から医師とみられないことや、当直の話など結構大変な女医の姿が描かれています。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す