この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

女ひとり世界に翔ぶ ― 内側からみた世界銀行28年 単行本(ソフトカバー) – 2005/8/30

5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥ 2,949
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

なぜ日本は国際社会でここまで軽視されるのか?
使命感に駆られて飛び込んだ世界銀行は、政治力なしには生き抜けない、野心と利権の渦巻く“ジャングル”だった……理想と現実がせめぎあう世界銀行の現場を赤裸々に描く!
ここは西洋文化が支配するところである。担当する業務のすべての責任を一手に握り、強力なリーダーシップを発揮して、独裁的に振る舞うことが要求される。マネジメントのカルチャーが日本のそれとは基本的に異なるのである。だから、大蔵省から出向している官僚たちは、世界銀行や米州開発銀行内では、能力のない人たちと認識されていた。国際機関でのポスト獲得は、本省で煙たがられている人を一時的に外に出すのにも利用されていた。そのようにして一時的にきた人たちは、本省での自分の復権、サバイバルのことしか頭にない。そのために、どうやって人脈をつくるかに腐心する。せっかく国際舞台にいながら、日本人との人脈を強化して、何年か先によりよい天下り先を得ることばかり考えている人に、世界において日本のために貢献する姿勢など望むべくもない。——<本文より抜粋>

内容(「BOOK」データベースより)

使命感に駆られて飛び込んだ世界銀行は、政治力なしには生き抜けない、野心と利権の渦巻く“ジャングル”だった…。理想と現実がせめぎあう世界銀行の現場を赤裸々に描く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 264ページ
  • 出版社: 講談社 (2005/8/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062130130
  • ISBN-13: 978-4062130134
  • 発売日: 2005/8/30
  • 梱包サイズ: 19 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 470,849位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2014年1月13日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年10月19日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2005年9月6日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
0コメント| 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月19日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年11月8日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年2月7日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ベビーようひん 新生児