通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
女はポルノを読む―女性の性欲とフェミニズム (青弓... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【メール便にて、迅速に発送致します】表紙とページ部分に経年によるヤケがございます。しかし、読むには差し支えないコンディションです。中古品の為、検品には万全を期していますが、書き込みや付録が付いていない場合など、状態説明に錯誤がある場合は対応させて頂きます。お手数をお掛け致しますが、ご連絡はメールにてお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

女はポルノを読む―女性の性欲とフェミニズム (青弓社ライブラリー) 単行本 – 2010/2

5つ星のうち 3.5 17件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 948

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 女はポルノを読む―女性の性欲とフェミニズム (青弓社ライブラリー)
  • +
  • 欲望のコード―マンガにみるセクシュアリティの男女差 (ビジュアル文化シリーズ)
  • +
  • 密やかな教育―“やおい・ボーイズラブ”前史
総額: ¥7,128
ポイントの合計: 160pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

女性もポルノグラフィを楽しんでいる―。男性特有のものと特殊視されやすい「ポルノを読む」経験をそのくびきから解き放ち、「女性たちがどのようなポルノを読んでいるのか」「どう楽しんでいるのか」「女性向けポルノはなぜマンガなのか」などを「ハードなBL」「レディコミ」雑誌を大量に読み込み、読者投稿を分析することで明らかにする。そのうえで、フェミニズムのポルノ批判が女性の性欲=性的能動性を取りこぼしている点を指摘して、快楽的な性に対する女性の能動性を肯定し、ポルノを消費する主体としての可能性を丁寧に論じる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

守/如子
1972年生まれ、北海道大学文学部卒業、お茶の水女子大学大学院修了(博士:社会科学)。現在は関西大学社会学部専任講師。専攻はジェンダー研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 246ページ
  • 出版社: 青弓社 (2010/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4787233106
  • ISBN-13: 978-4787233103
  • 発売日: 2010/02
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 214,111位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 yuki_yu 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/7/15
形式: 単行本 Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
「女性の読むポルノ」をその歴史、流れ、傾向を解説し、
女性の性的欲望を肯定、
男性とは異なる、女性のポルノの消費を学術的に論じた書・・・の
はずなのですが。

タイトルから、革新的なテーマの本、と興味深く手に取ったものの、
中身はその歴史、傾向、サンプルの端的な紹介が中心で、
著者が調査の中から発見した何か、著者なりの論があまりなく、
一冊を通しての印象はかなり拍子抜けです。

調査の対象範囲やサンプルの抽出があまりに少なく、偏りすぎていて、
このテーマ論じられるほどの内容なのか首をかしげてしまいます。
BLをよく読む身(笑)としても、
サンプルに取り上げられている部分がそのジャンルを代表するものでは
なく、著者が語りたい部分とはズレがあるため違和感を覚えます。

レディコミとBLコミックを「女性のよむポルノ」と位置づけていますが、
ではハーレクインやTL、またノベルスへの視点がないのは不自然ですし、
また、「これが女性の消費ポルノだ」とするほど
男性のポルノとの対比、比較がなく、テーマの論点が浮かび上がってきません。

この本が、ただ単に女性の消費するポルノについての流れの
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
本書はよくある上から目線のポルノ批判一辺倒の本ではない。
作者の冷静にして愚直なまでの実証主義は
フェミニスト側からの過去のポルノ批判をも総括・検証しつつ、
大量のエロ劇画、美少女コミック、レディースコミック、ボーイズラブ雑誌を読み込んで
そこに掲載された漫画のストーリー、コマ割り、セリフを分析してそれぞれの視点の違いを徹底検証する。
この手のポルノコミックの描き手は女性・男性が複雑に入り混じっているのだが、
そうした制作者側には一切触れず、分析はあくまでも作品に表れた表層的な部分のみに徹しているので
非常にわかりやすく清清しいと感じた。
また編集部に協力を依頼し、雑誌に寄せられた女性からの生の感想を取り上げて
一般女性読者がポルノとどう接しているのかを検証しているのも興味深い。
通して読むと『淑女』『娼婦』に二極化して分類されがちな女性の存在や、
積極的に『ポルノグラフィーを楽しんでいる』と認めづらい社会的立場の難しさがよくわかる。
そして本書で挙げられている『ポルノリテラシー』という概念には今さらながらハッと気づかされた。
規制規制という以前に、これからはこういう言葉をもっと定着させていくべきではないのか?
結論部分が弱いのでそれほど革新的
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ソコツ トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/3/8
形式: 単行本
ポルノは女性をモノ化し男性による女性支配や固定的な性別イメージを強化するのでよろしくない、といった紋切り型的なもの言いをするフェミニズム論者は少なくない。だが、そうした単純な考え方では、レディコミやBLなどのポルノを楽しむ女性、という著者も含む女たちの存在が認められないことになり、これは女性の力の拡張をめざすフェミニズムにとっても好ましいことではなかろう、と著者は批判的に述べる。そして、では女性向けポルノはいかなる表現であり、それはどのように享受されているのか、これを男性ポルノとの比較などを通して、実証的に明らかにしようと試みる。
女性ポルノでは登場人物のモノローグが多くこの「内面」の記述が読者に共感をもたせるとか、男性ポルノとは違い「受け」の描写のみに終始せず「攻め」の快楽も明示化されており感情移入の構造がより複雑、といった指摘の数々になるほどなと思いつつ、特に刺激的であったのが、女性ポルノの読者にもある種のレイプ願望、ムリヤリ暴力的にやられてしまうことへの憧れが存在している、という見解であった。むろん、その行為を「愛ゆえに」などと意味づけ暴力性を無化する物語上の仕掛けがあり、それゆえ読者は「レイプ」でも安心して楽しめる、といった留保をつけるなど著者はきわめて慎重な議論を展開しているが、しかしこうした見識が導きだせるだけでも、フェミニズムによる既存のポルノ批判はどこか的
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 しんじ VINE メンバー 投稿日 2010/7/12
形式: 単行本 Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
この本については、他に同様の事を偏った意図や主張や考えで書かれていない本が極めて少ないため、非常に有用な本だと感じました。

基本的に男も女も享受してもいいはずの性的な快感について、社会生活の中で多くの女性は、そのことを否定的・悪い物として考えていらっしゃる方が多いかもしれません。
誤解を恐れずに書くならば、体についている部位について、付いていてはいけない不要な部位はありません。
また、性的な興奮を得るために特定の部位を触れたりすることについても過剰でなければ顔や手足を触ることと何ら変わらないことであると思います。
もちろん男女では、体の部分的な相違がありますから、全く同じとは言い切りませんが。
また、そういう性的なことを「恥・不潔・良くないこと・悪である」などと自分から遠ざけたくなる女性の方が多くいらっしゃることも事実かもしれませんが、人間の生活の中で家にいる個人としての自分が愉しむ為にポルノを利用することには、何ら問題がないということを考えていただくには、この本はとてもいい本だと思います。
「なぜ、ポルノがいけないのか?」・「なぜ、性的なものがいけないのか?」・「性的な快楽を得ることがいけないことか?」そういうことも考えて読むといいと思います。

しかしながら、この本は、過去の事例やサンプ
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック