¥4,620
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
女の生、男の法(上) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

女の生、男の法(上) (日本語) 単行本 – 2011/8/27


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥4,620
¥4,620 ¥3,600
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

アメリカにおけるフェミニスト法学確立の最大の貢献者の一人であり、理論と実践の両面でフェミニズムの新しい地平を切り開いてきた著者の、理論的骨格をなす主要論考を収録。上巻では、現代社会における女性の生とそれをとりまく男性優位の法について批判的に解明。マッキノン理論の全体像を示すとともに、性的暴行から中絶、売買春、ドメスティック・バイオレンスに至るまで、性的不平等にもとづく性的虐待の問題を具題的に論じる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

マッキノン,キャサリン
1946年生まれ。米国ミシガン大学ロースクール教授。法学者、弁護士。憲法および国際法における性の平等理論で高い評価を獲得。フェミニズム法学理論の第一人者として知られる。弁護士としてセクハラ裁判、国際的な女性の人権擁護にも積極的に取組み、理論と実践の両面で活躍

森田/成也
1965年生まれ。一橋大学大学院経済学研究科修了。駒沢大学非常勤講師。理論経済学

中里見/博
1966年生まれ。名古屋大学大学院法学研究科修了。福島大学行政政策学類准教授,憲法学

武田/万里子
1957年生まれ。早稲田大学大学院法学研究科修了。津田塾大学国際関係学科教授。憲法学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません