通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
女の一生〈2部〉サチ子の場合 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥350 配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)【2020/02/13 12:59:30 出品商品】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


女の一生〈2部〉サチ子の場合 (新潮文庫) (日本語) 文庫 – 1986/3/27

5つ星のうち4.5 27個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
文庫
¥869
¥869 ¥1
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


ブックマイレージカード
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 女の一生〈2部〉サチ子の場合 (新潮文庫)
  • +
  • 女の一生〈1部〉キクの場合 (新潮文庫)
  • +
  • 沈黙 (新潮文庫)
総額: ¥2,398
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

島原の乱直後、過酷なキリシタン弾圧の時代を舞台とした『沈黙』。
その200年後、300年後を描いた精神的続編にあたる『女の一生』、その第二部。


第二次世界大戦下の長崎で、互いに好意を抱きあうサチ子と修平。しかし、戦争の荒波は二人の愛を無残にも引き裂いていく。修平は聖書の教えと武器をとって人を殺さなくてはならないことへの矛盾に苦しみつつ、特攻隊員として出撃する。そして、サチ子の住む長崎は原爆にみまわれる。
激動の時代に、信仰をまもり、本当の恋をし、本当の人生を生きた女の一生を鮮やかに描き出す。

著者の言葉
(戦争を経て)おたがい、よく、生き残れた――しかしこの気持の背後には、もっと複雑な感情がある。つまり自分は生き残ったが、いとしい者、愛した者、親しかった者を戦争や戦後で失ったという悲しみや苦しみがかくれているのだ。
どんな人間にもその人生には書くに足る劇があるのは当然だが、我々世代の一人一人にはそういう意味で個々の劇のほかに共通したドラマがある。
私はその共通したドラマを主人公サチ子の半生のなかに書いてみたかった。(「あとがき」)

本書「解説」より
遠藤氏は昭和五十一年十二月に、アウシュヴィッツの収容所を見に行き、翌年『アウシュヴィッツ収容所を見て』というエッセイを発表している。この「悲惨と拷問と死しかない」地獄のような世界での、コルベ神父の殉教を描く章は読者に強く訴える。「神がくださる運命に身を委(まか)せ」、苦しみの中で皆のために祈りつづけ、妻子のいる囚人の身代りとなって静かに死んでいったコルベ神父は、愛のない世界に愛をもたらした聖者として描かれている。このコルベ神父の崇高な愛の意志が、キク、サチ子の生き方の根源を照らし出して、この作品に重層的な感動を生み出している。
――谷田昌平(文芸評論家)

遠藤周作(1923-1996)
東京生まれ。幼年期を旧満州大連で過ごす。神戸に帰国後、12歳でカトリックの洗礼を受ける。慶応大学仏文科卒。フランス留学を経て1955年「白い人」で芥川賞を受賞。結核を患い何度も手術を受けながらも、旺盛な執筆活動を続けた。一貫して日本の精神風土とキリスト教の問題を追究する一方、ユーモア作品や歴史小説、戯曲、映画脚本、〈狐狸庵もの〉と称されるエッセイなど作品世界は多岐にわたる。『海と毒薬』(新潮社文学賞/毎日出版文化賞)『わたしが・棄てた・女』『沈黙』(谷崎潤一郎賞)『死海のほとり』『イエスの生涯』『キリストの誕生』(読売文学賞)『侍』(野間文芸賞)『女の一生』『スキャンダル』『深い河(ディープ・リバー)』(毎日芸術賞)『夫婦の一日』等。1995年には文化勲章を受章した。


内容(「BOOK」データベースより)

第二次大戦下、教会の幼友達修平と、本当の恋をし、本当の人生を生きたサチ子の一生。


登録情報

  • 文庫: 592ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1986/3/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101123241
  • ISBN-13: 978-4101123240
  • 発売日: 1986/3/27
  • 商品の寸法: 14.8 x 10.5 x 2 cm
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 4.6 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 118,166位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
評価の数 27
星5つ
62%
星4つ
24%
星3つ
13%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

24件のカスタマーレビュー

2016年3月14日
形式: 文庫Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年2月12日
形式: Kindle版Amazonで購入
2018年2月15日
形式: Kindle版Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年4月18日
形式: 文庫Amazonで購入
2017年3月25日
形式: 文庫Amazonで購入
2014年3月3日
形式: 文庫Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年9月16日
形式: Kindle版Amazonで購入
2016年11月6日
形式: 文庫Amazonで購入