通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
女のカラダ、悩みの9割は眉唾 (講談社 α新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 二次元本舗
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■■■ご購入前に必ずお読み下さい■■■ ●中古品の為、軽度のスレ・ヨレなどがある場合がございますが、 使用感が少なく概ね良好なコンディションです ●土・日・祝日は郵便局がお休みの為、発送は行っておりません
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

女のカラダ、悩みの9割は眉唾 (講談社+α新書) 新書 – 2014/2/21

5つ星のうち 3.9 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 907
¥ 907 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 女のカラダ、悩みの9割は眉唾 (講談社+α新書)
  • +
  • 女医が教える 本当に気持ちのいいセックス
総額: ¥2,450
ポイントの合計: 75pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ホルモン、妊娠・出産、セックス、プレ更年期。女性誌もネットも誤解だらけ。
人気女医が一刀両断「その悩み、きっと思い込みです!」

「オス化」「卵子老化」に怯え、生理の辛さに泣き、「私らしい」妊娠・出産を夢想する……ああ、なんで女ばかり気苦労が多いのか? 「みんな医学的根拠のない情報に振り回されすぎ!」と警鐘を鳴らすのは、産婦人科医・宋美玄先生。「恋してなくても女性ホルモンは出る」「子宮はそう簡単には冷えない」「出産をイベント化しないで」などなど、自らも35歳で高齢初産を経験した著者が語る、女心とカラダにまつわる画期的人生論!

内容(「BOOK」データベースより)

女性誌にケンカ売ります!セックスできれいになる?そんなアホな!「オス化」に怯え、生理に泣き、「私らしい出産」にこだわる、その気苦労、晴らします!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2014/2/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062728389
  • ISBN-13: 978-4062728386
  • 発売日: 2014/2/21
  • 梱包サイズ: 17.5 x 11.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 58,736位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
「女医の教える~」の方も持っていて、宋美玄の新著という事で購入しました。
恋愛をしよう!セックスをしよう!という女性誌の煽るような風潮に感じていた違和感はコレの事か!とすとんと腑に落ちた感じ。ピルについての項目は、とても参考になりそう。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
これまでの宋美玄先生の本のなかで一番面白かったです。
私たちがいかに女性誌の影響を受け、メディアに踊らされていたかがわかります。
温めるといい、とか、オーガニックがいい、とか。笑
文章のタッチも痛快なので飽きることなく読めちゃいます。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 みゃう 投稿日 2014/2/24
形式: 新書 Amazonで購入
もともと女性誌は読まないが、友人や母親から入ってくる「何を根拠に?」と感じる妙な情報の正体が、この本を読んでわかった。

「ホルモンを薬でコントロールするのは不自然でよくない」「恋愛してセックスしてたらホルモンが出て月経が安定する」「冷えは不妊のもと」

全て信じてはいなかったが、明確に否定できるほどの知識もなかったので、気持ちの悪いまま過ごしていた。この本では、医学的にどこまでのデータが有り、どこからのデータが無いのかが、はっきりと素人にもわかるように示されているので、とてもわかりやすかった。

妙な情報をばら蒔いている母や友人にそれとなく薦めたいと思う。
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
帯に「セックスできれいになる?そんなアホな!女性誌にケンカ売ります!」とあるように、特に女性誌にあり、女性が喜んで食いつきそうな非科学的な“迷信”についてきっちりと否定して見解を述べる。
面白かったし、男性にもお勧めの一冊である。ちょこちょこ笑えます。

女性ホルモン、敏感肌、ヨガ、妊娠力、自然派、オーガニック、冷え、骨盤、卵子老化、更年期などなど、自分は電車の中で女性誌の吊り宣伝を見るのは好きだ(たまに美容室で女性誌も読んでいるくらい)
よくもまぁ如何にも世の女性が好みそうな、新しい言葉をたくさん出して、それに見合ったらしい女優のインタビューを見ているのが面白い。
(最近の「おふぇろメイク」はひどかった…苦笑)

本書は、そういった女性誌に書いてあるような“迷信”をぶった切る。
個人的には、こういう女性コラム的な書き方(途中で自分に突っ込みを入れたり…)は新書に限っては好きでないんだけれど、本書に限ってはとても好感が持てたし、楽しんで拝読させていただいた。

日本のピル使用率は1%なのに対して、アメリカは18%、ドイツに至っては52.6%である。宋さんが後半、特に主張するのはピルの使用についてである。日本ではピルに対する悪い印象ばかりが先行してしまい、現在のピルに副作用はほとんどな
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
巷にあふれるもっともらしい話しに振り回されやすい女性必見です!
私は無駄なことが嫌いなので、大分コレで助けられました。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
この本に書いてあるコトが事実なら、マスコミにイイ様に躍らされてるをだなーって(; ̄ェ ̄)
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この本、書いてくださってありがとう!といった感じです。
以前から、女性の体に対する通説って、女性に規制を強いるものばかりな感じがして、気持ち悪さを感じていました。
オス化だとか、セックスしないと女性ホルモンが活性化されないとか。
特に、「布ナプキンを使うと生理痛が軽減する」「市販のナプキンは有害成分が子宮の病気を招く」という説に、胡散臭いものを感じていました。
そもそも市販のナプキンは、女性を生理の苦労から解放するはずのものだったのに、使うのはよくない、って。
布ナプキンだって、洗うために水をジャンジャン使うわけだし、汚水を発生させるわけですから、エコではないですよね。

さまざまなもやもやを、お医者様の立場から非常に的確に解説してくださっていて、気持ちが晴れました。
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー