Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 699
(税込)
ポイント : 7pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[村上春樹]の女のいない男たち (文春文庫)
Kindle App Ad

女のいない男たち (文春文庫) Kindle版

5つ星のうち 3.7 22件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 699
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 702 ¥ 119

商品の説明

内容紹介

舞台俳優・家福をさいなみ続ける亡き妻の記憶。彼女はなぜあの男と関係したのかを追う「ドライブ・マイ・カー」。妻に去られた男は会社を辞めバーを始めたが、ある時を境に店を怪しい気配が包み謎に追いかけられる「木野」。封印されていた記憶の数々を解くには今しかない。見慣れたはずのこの世界に潜む秘密を探る6つの物語。村上春樹の最新短篇集。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 423 KB
  • 紙の本の長さ: 184 ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2016/10/7)
  • 販売: 株式会社 文藝春秋
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01LYN5VFK
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 1,288位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
ある女性を深く愛した後、色々な理由でその人を失ってしまった男性達の失恋ストーリー集です。
当時前作(長編)が難しい評価だったこともあったのか、他の村上作品と比べると、暗示的なたとえや凝った心情描写などはいくらか控えめに感じました。シチュエーションは比較的ライトで生活感のある印象ですが、お決まりの比喩表現は“健在”です。

評価は正直分かれるところだと思います。過去、心を鷲掴みにされた若き日の作品と比べると、正直星1~2減るかもしれません。
過去の村上春樹作品に長く親しまれた方であれば、既視感や物足りなさ、あるいは軽い嫌悪を感じる方もいるかと。具体的すぎる性描写や少し偏った自己愛表現もわりと主題の周囲で頻繁に顔を出してきますので、受け付けない方には生理的な違和感もありそうです。
一方、今回は文庫版ということで、あまり村上ワールドに親しまれていない方には、男女ごとの妙と傷みの物語を小洒落た文章でサラッと楽しめるのではないでしょうか。また、私自身はエッセイ「職業としての小説家」で作家としての姿勢・意気を感じられたことで、初版14年当時と少しこの小説の読み方も変わりました。

各短編についてはハードカバーレビューを参照されればなお良しですが、初めての方のために簡単にご紹介だけしておきます。

【ドライ
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
久しぶりに村上さんの本を読みました。
相変わらずなのはわかっていましたが彼の世界観は半端ない。

どの話もある程度村上ワールドを認識している人にはストンと落ちてくるものであったと思います。

前書きにもありましたが、「シェエラザード」は若者向け雑誌に書いたので他の作品とは少し毛色が違うとのことでしたが、特に心に残った作品でした。
40半ばの男が、30半ばの女が、そして、書き手が60半ばなのか、、、
と書き手の年齢を知りつつ30半ばのおっさんがいろいろ想像と現実を比しながら読むと何だかいろんな意味で胸がぞわぞわする作品でした。
表題作の「女のいない男たち」も良い意味でも微妙な意味でも、これ書いてるの60半ばの方ですよね?
と、確認したくなりました。

ホントに感性豊かだな、と。

背景と言う作品以外の先入観込みですが、こういう、他人に一言話したくなる様な内容を提供してくれた事だけでもこの作品集を読んでいた時間は楽しかったです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
6編中の1編『木野』だけは『ねじまき鳥クロニクル』に遥か及ばないまでも通底する所がある傑作だと思いますが、他の5編は時折、箴言が如き言葉に巡り会えるものの習作感が否めないです。

以下、本編から気になった言葉をご紹介しますので、興味を惹かれた方はぜひご一読ください。

そうでない方には過去の短編集『神の子どもたちはみな踊る』や『東京忌憚集』をお薦めします。

1.ドライブ・マイ・カー
 「本当に他人を見たいと望むのなら、自分自身を深くまっすぐ見つめるしかないんです」
 「私の父が私たちを捨てて出て行ったのも、母親が私ととことん痛めつけたのも、みんな病がやったことです。頭で考えても仕方ありません。こちらでやりくりして、吞み込んで、ただやっていくしかないんです」

2.イエスタデイ
 「僕は自分が所属するささやかな世界の中で、なんとか生き延びていかなくてはならない」
 「僕らはみんな終わりなく回りみちをしているんだよ」

3.独立器官
 「魂はもう失われてしまっている。それが戻ってくる見込みもない。なのに身体器官だけはあきらめきれずに独立して動いている」

4.シェエラザード
 「それは病気のようなものではな
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 沙羅 投稿日 2016/11/16
形式: 文庫
作品に出てくるシーンや描写が著者の私生活を丸出しにしてるように感じました。古いジャズのレコードを流すバー。乱暴な運転をしないこと。猫。きちんとした規則正しい生活。読者はエッセイも読んでます。新しい世界をどうか書いて下さい。長くファンでいてこんな作品は読みたくなかったです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover