通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
女にとって夫とはなんだろうか がカートに入りました
+ ¥350 配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)【2019/08/02 19:22:52 出品商品】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

女にとって夫とはなんだろうか 単行本(ソフトカバー) – 2018/5/26

5つ星のうち5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本(ソフトカバー)
¥1,512
¥1,512 ¥20
この商品の特別キャンペーン SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大380円OFF。 1 件
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大380円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大380円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


ブックマイレージカード
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大380円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 女にとって夫とはなんだろうか
  • +
  • 家族戦争 うちよりひどい家はない!?
総額: ¥2,700
ポイントの合計: 70pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


Amazonタイムセール祭り開催中
期間限定!人気商品がお買い得。最大5,000ポイントのポイントアップキャンペーンも同時開催中。 タイムセール祭りを今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

本書は作家・井上ひさしの元妻・西舘好子と三女・井上麻矢が自らの
「結婚・離婚・再婚」を通して気づいた、女性が自分らしく生きるための指針である。
母から娘へ、娘から母へ、娘から子供たちへ
今こそ向き合いたい「愛情の遺伝」。
自立した女性に贈る「幸せ」をもたらす折れない生き方とは
母と娘、渾身の全編描き下ろし作品。

100万部突破、2017年度ベストセラーランキング総合1位に輝いた
『九十歳。何がめでたい』の著者、作家・佐藤愛子先生から本書推薦のお言葉をいただきました。
「あなたはお母さんのことをよく見ていればいい。あんなとんでもないお母さんがいてよかったね」

【本書第一幕「母から娘」より 西舘好子】
「結婚は判断力の欠如」
「離婚は忍耐力の欠如」
「再婚は記憶力の欠如」

と言われそうだが、その全部を経験している私からみれば、
そのいずれも結果論にすぎない。人生幕を閉じるまで答えなど出せはしない。
所詮一人では生きていけないのだから、たくさんの人と交わり関わりあって
毎日は織られていく。自分の人生が一人では決められないのが当たり前、
だからこそ誰もが悩んだり間違えたりするのだろう。
が、その中で誰かと寄り添える人にめぐり合えればオンの字というものだ。

夫婦であっても、頭の中までは支配できない、他人の干渉などが入る余地はないはずだ。
当事者であってもどうにもならないことなのだ。
私も離婚ではマスコミには散々騒がれたが、後で考えれば離婚などたいしたことではない、
長い人生のひとコマにすぎないと思うようになった。
メディアがどんなに騒ぎ立ててもそれは当事者になる方も見る方にも本当に
むなしい時間なのだ。賤しさ、貧しさ、狡さのコメントを聞くたびに、
なんとしても不幸をつくりたい、不幸でなくては困るという言葉の毒を感じる。
罪悪論で、判定を面白おかしく下すなど、品性下劣と、浅ましさを感じていた……(中略)……
「皆様にご心配ご迷惑を掛けました」
判で押したような会見をみんな本気でやっているのだろうか。
誰も心配などしていないし、ご迷惑をかけたとすれば子どもや家族以外、
どんな人が心配と迷惑がかかったのか、教えてほしい。
不特定多数の人に向かって「申し訳ありません」はないだろうに

【本書第二幕「娘から母へ」より 井上麻矢】
私がもっとも尊敬する作家は佐藤愛子先生である。
以前、一緒にご飯を食べていたときに先生から言われたこと、
「あなたはいいわね、お父さんとお母さんを見ていたら、
ネタに困ることがないでしょう」と。
「先生、あの二人を何かで表現するのは不可能です。
それにネタというほどのことでもありませんよ」と私は笑いながら答えた。
「でも、あなたは女性だから、お母さんのことをしっかり観察して生きていきなさい。
いつか必ずその体験があなたの中で大きな参考書のようになるから。
それにしてもあなたのお母さんがあなたのお父さんと離婚した時の会見、
あれを見た時思ったけれど……私はかつてあんなに美しい顔の女性を見たことがないわ。
どこも誤魔化していない、いい顔していたわ」。母の顔は丸顔で鼻ぺちゃであるから、
それが顔の造作について仰っていることでないことはわかった。
なるほど、離婚会見の時の母は美しかったのだ。

悲しみを手放すこと……。
それが歳を重ねる秘訣と知ったのは両親のおかげかもしれない。……(中略)……
傷つきやすい少女時代に親の離婚を通して感じた孤独も娘としての不甲斐ない気持ちも
振り返ってみると妙に懐かしい。あの時必死に前に進めたことを今感謝している。
私を産んでくれた両親、育ててくれた祖父母、
何代から続く私をこの世に送り出してくださった宇宙の営みにも、
奥底から湧き出してくる畏敬の心があり、
支えてくれた友だちや人生の先輩たちにも導かれた。
この先、このままではだめだと思うこともあるだろうが、
それでも人は一歩でも前に進む力を備えているはずだ。

【目次】
はじめに
第一幕 母から娘へ
――結婚、離婚で学んだ親子の絆 西舘好子

●私が旅に出る理由
●子離れの儀式
●男と女の違い
●二度の離婚
●笑ってくれればいい
●元祖「不倫」からの教訓
●「離婚」を演じていた
●母親という母舟
●誰の子でもいいから産みなさい
●愛し、傷つき、生きつづけ、あきらめよ
(他)

第二幕 娘から母へ
――今、想う両親への感謝と謝罪 井上麻矢

●祖母から渡された時計
●母とは受け継ぐもの
●家を出た母
●父から母へ―無言の愛の形
●親への失望と愛の渇望
●言葉の暴力
●精神の遺伝
●母の怖い目
●親に似る
●いないはずの「父への手紙」
(他)
おわりに

内容(「BOOK」データベースより)

母から娘へ、娘から母へ、娘から子供たちへ、今こそ向き合いたい「愛情の遺伝」。自立したい女性に贈る「幸せ」をもたらす折れない生き方への指針。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: ベストセラーズ (2018/5/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4584138486
  • ISBN-13: 978-4584138489
  • 発売日: 2018/5/26
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 641,364位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
評価の数 1
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件のカスタマーレビュー

ベスト100レビュアー
2019年1月29日
形式: 単行本(ソフトカバー)
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告