通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
女ぎらい――ニッポンのミソジニー がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★ご来店ありがとうございます。 ★帯あり。カバー微スレあり。小口天地と本文は汚れ、書き込み、折れなど無くお読み頂けます。 ★2013年1月17日発行。第9刷。 ★在庫確実!(アマゾン専用在庫の為、売り切れはございません。)◆年中無休で迅速・丁寧に発送いたします(24時間以内発送)。◆ 商品は当店で大切に在庫管理しておりますのでソフトパック包装と緩衝材の二重包装にて、防水と衝撃対策を施し郵メール便で迅速発送します。商品の内容・状態など、メールを頂けましたら詳細にお応えさせて頂きます。★【返金保証】十分な検品をして出品しておりますが万が一、商品の状態が説明と異なる場合は速やかに全額返金保証しますのでご安心下さい。心よりお待ちしております。本マル堂 16
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

女ぎらい――ニッポンのミソジニー 単行本(ソフトカバー) – 2010/10/6

5つ星のうち 3.9 32件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 400

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 女ぎらい――ニッポンのミソジニー
  • +
  • 女たちのサバイバル作戦 (文春新書 933)
  • +
  • 身の下相談にお答えします (朝日文庫)
総額: ¥3,197
ポイントの合計: 98pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

男の「女ぎらい」と女の「生きづらさ」を解剖する!
わたしの中の〈女〉が嫌い?  女好きの男は、実は女ぎらい?

ミソジニー。男にとっては「女性嫌悪」、女にとっては「自己嫌悪」。――「皇室」から「婚活」「負け犬」「DV」「モテ」「少年愛」「自傷」「援交」「東電OL」「秋葉原事件」まで…。上野千鶴子が、男社会の宿痾を衝く。

ブックデザイン:鈴木成一デザイン室

◆『朝日新聞』読書欄(2010/11/14付)、『日本経済新聞』書評(11/7付)、共同通信配信書評(11/7付)、『週刊文春』書評(11/25号)、『週刊読書人』書評(11/19付)、『サンデー毎日』特集記事(11/28号)、『婦人公論』(12/22-1/7号) 「ルポルタージュ 時代を創る女たち:上野千鶴子」、日経ビジネスオンライン書評(12/13)、サイゾーウーマン(『女ぎらい』著者インタビュー)、『読売新聞』(2011/3/4夕刊)「松任谷由実プレミア対談 yumiyoriな話http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/yumiyori/20110304-OYT8T00678.htm、『週刊ポスト』書評(4/8号)、Inter FM「ラジオデイズ~ラジオの街で逢いましょう」(4/10)等で紹介!

<本文より>
社会学者という職業を、ときどき因業だと思うことがある。自分にとって気持ちのよいもの、美しいもの、心温まるものではなく、むしろ不快なもの、むかつくもの、許しがたいものを対象に選び、なぜそうなるのか、その謎を理解しようとしてしまう執念に取り憑かれるからだ。
書き手にとってと同様、本書は多くの読者にとって、女にとっても男にとっても――とりわけ男にとって――不愉快な読書経験をもたらすだろう。なぜならそれは多くの男女が目をそむけていたいことがらのひとつだからだ。
(あとがき)

出版社からのコメント

◆朝日新聞読書欄(11/14付)、日本経済新聞書評(11/7付)、共同通信配信書評(11/7付)、週刊文春書評(11/25号)、『サンデー毎日』特集記事(11/28号)で紹介!

◆2011年1月20日(木)朝日カルチャーセンター新宿教室で『女ぎらい ニッポンのミソジニー 出版記念講座』開催予定。
http://www.asahiculture.com/LES/detail.asp?CNO=98665&userflg=0

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 288ページ
  • 出版社: 紀伊國屋書店 (2010/10/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 431401069X
  • ISBN-13: 978-4314010696
  • 発売日: 2010/10/6
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 20,800位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 お気に召すまま トップ500レビュアー 投稿日 2010/10/14
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「女ぎらい=ミソジニー」と題されているが、著者は「ミソジニーの男には、女好きが多い」と言う(p7)。奇妙な逆説に見えるが、そうではない。きわめて包括的な「女性蔑視」が、「ミソジニー」の本質である。というのも、「いい女や美しい女をものにした男」は、何よりも男の集団の中で高い評価を得るからであり、女はもともと男たちが評価を競う「獲物」という低い位置にあるからだ。「いい女や美しい女」であることは、それ自体において、あるいは女自身にとって価値があるというよりも、そういう女は「男に選ばれる」からこそ、女自身も自分が「いい女や美しい女」でありたいと望む。つまり、女自身の欲望は、男の欲望に合わせて形成される。そうなる理由は、男が権力と金を握る男性優位の社会がある以上、強い男や裕福な男に選ばれた女が、それだけ幸福になるからである(「女は金についてくる」=ホリエモン)。いや、そんなことはない、高い地位と経済力をもつキャリアウーマンもいるじゃないかと思う人もいるだろう。だが、キャリアウーマンであっても、男に選ばれない女は、「女として幸福ではない、かわいそうな女」という評価を男から受ける。女は男に選ばれてこそ女なのだ。女は「選ばれる対象」という受動的な位置に置かれているので、男はどこかで女を自分より一段低いものと考えている。これが「ミソジニー=女性蔑視」の本質であり、また、たとえ男に選ばれた「いい女」で...続きを読む ›
コメント 172人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 日本のあちこちで、女性というものが社会から阻害されている現実を、これでもか、これでもかと、書き綴った本です。
 とにかく根深い問題なので、問題の指摘だけで、解決策がないところがつらい。

 確かにそうだと思うことは多いのですが。
 これは違うなと思った事を。

「東電OL」が、売春価格をどんどん値下げていった事を、「彼女の方が男に値段をつけていた」という表現は、うがちすぎではないかと思うのです。

 彼女がディスカウントしてまでノルマをこなそうとしたのは、まさに今の日本の企業の姿だからです。
 彼女のディスカウントは、一足先にバブル期に行われたので、それが何なのかはわからなかったのも無理はありませんが。
 売り上げが落ちて来た時に取り扱いの品数をむやみに増やしたり、取引先が値切ってきたら単価の低下を請け負い数で埋め合わせようとしたり、競争相手が安い値段で納品するならもっと安くしてでも納品したり。デフレ期に日本企業が行った、ただただ頑張るだけの解決にもならない解決方法。
 彼女はそれと同じ事を行ったのではないか。つまり、まじめで、一所懸命にやる以外に何も現状打破の方法を思いつかない愚かな日本企業の仕事の仕方。その典型となる、とにかくノルマさえこなせばと闇雲に仕事し続けて、立ち止まって考えられない状況。

 それはきっと、男、女、という問題ではないと思うのです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
上野 千鶴子の近刊 ニッポンのミソジニーを読みました。強い衝撃で近頃読んだどんな本よりも圧倒されました。最近の上野千鶴子は老いとその生き方をテーマに取り上げている傾向があると思っていましたが、本書では、著者本来のテーマである、ジェンター・フェミニズムを正面から取り上げています。社会学者は本書では「ミソジニー」と、「ホモソーシャル」という用語で性的二元性かなる現代社会のしくみを明快に論じています。

男達が性的関係を含まない集団「ホモソーシャル」を形成してそのなかでの自分達だけの世界を作り上げ、「おぬし、できるな」とお互いに認め合って連帯し、そのなかでランク付けをします。それのグループに意図的に入らないか、脱落せざるを得なかった残りの男や、全ての女達はグループから排除されます。それでも、排除した女達と性的関係を結ばざるを得ないたの自己矛盾から、男は「女性嫌悪」に陥ります。一方、女達はある年代から、自分が男である「主体」ではなく、男によって評価を受ける「客体」としての存在である女に属していることを、思い知らされ、「自己嫌悪」に陥ります。

本書の最終部分「ミソジニーは超えられるか」で、上野は「自分自身はミソジニーからは完全に自由だが、周囲の社会がそうでないから社会変革のために闘う人がいるとしたら、フェミニズムはもはや「自己解放の思想」ではなく、「
...続きを読む ›
1 コメント 187人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
以前から、大抵の男性は、女嫌いなんじゃないか、と、うすうす思っていた。
会社の男性達は、できれば男ばかりでやりたいんだろうなあと折に触れ思わされること。
いい年のオジサマ達でさえ男同士、しかもなるべく同質な属性の仲間でいるとき
少女のようにのぼせた顔でキャッキャはしゃいでいること。
男性の友人が結婚して妻子持ちになると、急にエスタブリッシュになってしまうこと。
「世の馬鹿な女ども」を罵るネット上の呪詛。
なぜ男性は女を馬鹿にしつつ、女と付き合ったり結婚したりするんだろう?
女性たちはそんな現実をどう思ってるの?

「ホモソーシャルはミソジニーによって成り立ち、ホモフォビアによって維持される」
この公式で、もやもやが整理された。
男達の連帯は、男ではないもの(女子供と同性愛者)を差別し排除することで成立する。
男は男社会の中で承認されるための要件として少なくともひとりの女を所有する必要があるのだ、と。
たちの悪いことに、ミソジニーは女性の中にも内包されていて、これがまたしんどい。

でもこれを突き詰めて考えるのは実に恐ろしいことだ。
父母や夫、子供、友人。もちろん自分自身。
身近な存在の中のミソジニーを認識するのはつ
...続きを読む ›
コメント 157人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック