通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
奨学金が日本を滅ぼす (朝日新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆状態は概ね良好です。中古ですので多少の使用感がありますが、品質には十分に注意して販売しております。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
10点すべてのイメージを見る

奨学金が日本を滅ぼす (朝日新書) 新書 – 2017/2/13

5つ星のうち 3.9 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 582

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 奨学金が日本を滅ぼす (朝日新書)
  • +
  • 「奨学金」地獄 (小学館新書)
  • +
  • 貧困クライシス 国民総「最底辺」社会
総額: ¥2,656
ポイントの合計: 82pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

メディア掲載レビューほか

奨学金が日本を滅ぼす

大学生の貧困問題に早くから取り組む教育社会学者が、なぜ今社会で奨学金が問題となっているのかを解説した。

近年、大学生の間で奨学金利用者は急増している。背景には日本社会での雇用体系の揺らぎなどに伴う、親世代の収入低下がある。仮に月12万円ずつ借り入れた場合、学部卒業時の返済額は600万円近くに膨れ上がる。大学時代に借りた奨学金がネックとなり、大学院進学を断念した女性、結婚時相手方の両親に難色を示された女性──学生の姿からは、若い時期の「借金」が進路選択、結婚など、その後の人生の全局面に影響を及ぼすことが読み取れる。奨学金制度の充実は、社会に出る前の「スタートの平等」につながる、という著者の指摘に同意。金銭面に限らず“学ぶ自由"という原点にまで立ち返って考え込む。

評者:松岡瑛理

(週刊朝日 掲載)

内容紹介

いまや大学生の半数以上が奨学金を借りている。
多い人は600万円もの借金を抱え、卒業後に返済で困窮する。
授業料が高く親世代の収入が減ったため、
子世代は奨学金とバイトが頼みの綱。
「ブラックバイト」と命名した著者が奨学金問題の本質と解決策に初めて迫る。

――目次――
【第1章】この30年で大きく変わった大学生活
●奨学金問題の「発見」  
●大学で奨学金の講義を行う  
●新学期の奨学金説明会に長蛇の列  
●片道3時間以上かけて通学する学生  
●事例1 通学に6時間以上かかる学生に
●「大学、楽しいだろ! 」と話しかける高校教員  
●ゼミ合宿の日程調整ができない  
●仕送り額急減│大学生の貧困化によるブラックバイト  
●車をめぐる世代間断層│格安バスツアーの悲劇  

【第2章】なぜ奨学金を借りなければならないか
●事例2 卒業後の返済が600万円を超える不安  
●大学授業料の値上がり│国立だからといって安くない  
●国立でも自宅外通学なら、自宅通学の私立と変わらない  
●無理せずに高卒で働けばいい?  
●奨学金利用│全大学生の50%を超える  
●なぜ奨学金に頼るのか?│急速に下がる親の所得 
●自己責任ではすまされない  
●奨学金返済を心配し、希望の進路をあきらめる学生たち  
●事例3 奨学金返済が無理だから大学院進学を断念  
●事例4 借金1千万円でも弁護士になる夢を追いかけるべきか  

【第3章】奨学金を返せないとブラックリストに
●事例5 延滞金が発生し、返しても返しても元金が減らない  
●事例6 心の病になり奨学金返済は無理……親子で自己破産  
●極めて厳しくなった奨学金の回収  
●奨学金返済は将来借りる学生のため?
●延滞金というシステム  
●「返せない」人に返済を強制する奨学金制度  
●1十分には知られていない返還猶予制度  
●2返還猶予制度の不備  
●「使いにくい」救済制度│猶予・減額・免除規定  
●奨学金の回収強化  
●事例7 返済のためにブラックな職場で頑張った末に過労自殺  

【第4章】奨学金返済で「結婚」「出産」「子育て」できない
●奨学金を「返す」ことによって生み出される問題  
●事例8 結婚相手に多額の返済義務があることが分かり、両親が難色  
●事例9 2人の返済額合計が1200万円。出産・子育ては無理?  
●奨学金返済のため「結婚・出産できない」  
●奨学金返済がのしかかる│若年層雇用の激変  
●結婚や出産・子育ての困難と親子関係の現在  
●重くのしかかる子育て費用・教育費負担  
●アンケートでも明白「結婚できない」「出産できない」「子育てできない」  

【第5章】学費と奨学金制度の過去から現在
●国立大学の授業料はなぜ安かったのか?  
●授業料値上げへの動き  
●なぜ学費の上昇が問題とならなかったのか?  
●大学の学費上昇と日本型雇用  
●80年代に有利子奨学金の導入  
●有利子奨学金の拡大  
●有利子貸与型奨学金はなぜ受け入れられたのか?  
●高卒と大卒の就職格差  
●1990年代から続いた親の所得減少  
●自己責任論の台頭と日本型雇用の「幻想」  

【第6章】奨学金をめぐる改善の動き
●ゼミでの学生との出会い  
●「愛知県 学費と奨学金を考える会」の活動と反響  
●「奨学金問題対策全国会議」結成  
●2014年、早くも行われた奨学金制度改善  
●奨学金制度改善の運動から見えてきた課題  
●高校教員や大学教員の認識不足  
●ブラックバイトの発見  
●奨学金利用者が当事者意識を持つことの困難  
●2015年以降の奨学金制度改善運動│中央労福協との出合い 
  ●所得連動返還型奨学金制度の問題点  
●2016年秋からの奨学金制度改善運動  

【第7章】奨学金制度│当面の改善策
●当面の対策  
●1奨学金をめぐる現状を正しく認識する  
●2高校・大学関係者に求められること  
●3日本学生支援機構に求められること  
●4親や保護者に求められること  
●5奨学金返済に困った場合  
●貸与型奨学金の改善へ向けて  
●1延滞金を廃止する  
●2返還猶予期限の撤廃  
●3日本学生支援機構による運用面での改革  
●4真の所得連動返還型奨学金制度の導入  
●5人的保証の廃止と機関保証料の引き下げ  
●6無利子貸与型奨学金の抜本的拡充

【第8章】奨学金制度の抜本的改革が必要
●奨学金と教育費負担をOECD諸国と比較する  
●私費負担=親負担主義の限界  
●貸与から給付へ│給付型奨学金の意義  
●給付型奨学金だけでよいのか│授業料引き下げとセットで  
●給付型奨学金と授業料引き下げの財源はどこに求めるべきか  
●財源をどこに求めるか│富裕層と大企業  
●給付型奨学金と授業料無料のために約4兆円  
●人への投資の重要性│大学教育への公的支出増額による経済戦略  
●「自分の子どもさえ良ければ」を乗り越えられるか  
●「生まれながらの差別」に鈍感な日本社会を変えたい

おわりに  
奨学金返済に困った時の相談先  
参考文献  

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 246ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2017/2/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022737042
  • ISBN-13: 978-4022737045
  • 発売日: 2017/2/13
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.7 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 7,107位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
奨学金の問題は、「借りるかどうするか」にしても、「どうやって返すか」または「返せないときどうするか」にしても、とかく個人の問題(=借りた人の判断と責任の問題)として語られることが多い。しかし、この本を読むと、実は個人云々を超えたマクロ経済上の問題であることが実感できる。高度成長期には当たり前だったいわゆる「日本型雇用」が崩壊したのに、奨学金に伴うリスクやマイナス面を借り手の自己責任として丸投げする(あるいはマクロ経済上の損失を借り手の自己責任によって経済的に補填する)というシステムが、悲しい。しかし、パイが小さくなった今、パイの小さいところの枠内だけで待遇向上を求めても限界があると思われるので、これからの時代は(豊かな奨学金という)パイのあるところ・パイの大きいところや、新たな道すじを、自分達で逐一探していく必要があると感じた。これから奨学金を借りる・またはもらうことを検討している生徒とその親御さんに、ぜひ一度は読んでもらいたい、激しくおすすめの本。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
 今般社会問題化している「奨学金問題」を現役の大学教員がわかりやすく解説した新書である。普段奨学金や大学にあまり縁のない層にも、奨学金問題の根の深さ、日本の病巣がよくわかるように解説されている良書である。
 ネットニュースのコメント欄でよく見かける「そもそも大学や大学生が多すぎる、大学なんて一握りのエリートだけが進学すればよい」「卒業して奨学金も返せないような低賃金の非正規雇用にしか就けないないやつに奨学金は不要」「自分たちが学生のころは今以上に貧しい社会で苦学生はいっぱいいたが、みなアルバイトで学費を払って卒業した。今の若い奴は考えが甘いのではないか」等々・・・。
こういうことを平気でネットに書き込む人間がいかに世間音痴なのか、時代とズレているかを知らしめる衝撃的な内容である。
貸与奨学金問題についてはそのシステムが右肩上がりの経済成長や年功序列賃金を前提とした「出世払い」のような旧来の日本型システムのままであること、過去の行政改革における奨学金制度の改悪、大学学費の高騰、学生アルバイトにおけるブラックバイトの増加、産業構造の変化による高卒求人の激減などが複雑に絡み合った根の深い問題であることが大変わかりやすく解説されている。
また、やり玉にあげられることの多い日本学生支援機構そのものが過去に存在した日本育英会を行政改革により改悪した別物の
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
1980年頃と比較して、「奨学金が主に無利子から有利子へと切り替わった点」

や「学費の高騰」や「年功序列制度の崩壊」など、取り巻く環境を多面的に

よく分析している。

その人が生きた世代の常識に囚われて、誤解している人が多い事もわかった。

しかし、著者は不都合な事実からは目を背けている。

すなわち、一部の進学者の学力が低すぎる問題から目を背けているのだ。

元々、学力の低い者が無理に行くから、大した稼ぎを得られずに、延滞となるのだ。

現在では、大卒でも高卒どころか、中卒程度の学力のない者も多いのだ。

大学進学率50%だから起こっている事だ。

また、年間50万とか100万以上の金を支払って得られる物が、あまりにも少ない。

現代では、ネットや図書館で大学程度の知識を獲得する事は容易であり、

大学進学は、コスパが極めて低いのだ。

著者は教員で、進学者が減ると大学が淘汰され困る立場だから、

不都合な事実を無視しているのだ。減星1。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ICHIRO トップ500レビュアー 投稿日 2017/4/15
形式: 新書
今は、国立も授業料があがり、奨学金制度を利用しないと
大学生活を送れない。しかし卒業したときには数百万円の「借金」である。
社会人を「借金あり」でスタートするのは、じっさいかなり厳しい。
このタイプの奨学金制度があるのは、日本だけだとも言う。
もっとも、そのぶん「税金」で学費が補われている国が多いのだが……。

だがいずれにせよ、大増税も無理なわけだから、このままではいけないと著者は警鐘を鳴らす。
保護者(親の世代)の収入も頭打ちである。
自己責任論で片づけるのではなく、
これからの時代に即した仕組みを考えなければ、
奨学金の返済ができないものも増える。
著者も提言しているが、著しくランクの落ちる大学に4年通うより、
高卒ですぐに技術を身につけることも考えていいと思う。
私の知り合いの子供は、英語力を活かして、高卒後すぐに英語が活かせる企業に就職した。

もちろんランクの落ちる大学でも、「4年間」というのは、それなりに価値がある。
学業だけでなく、学生生活というものは他に得るものも多い。
しかし「経済力」が絡んでくると身動きできなくなる。

出生率などとも大きく関係するだけに、今の間に着手しておくべき問題ではないかと思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告