¥1,980
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
奥村五百子 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


奥村五百子 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2002/3/1


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥1,980
¥1,980
お届け日: 1月25日 月曜日 詳細を見る

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

幕末から明治にかけて、女性運動と社会事業に邁進・活躍した奥村五百子(おくむら いおこ)。

本書は、奥村五百子という一人の女性の生涯を通して、近代日本史の検証を行う。

抜粋

奥村五百子(1845-1907)は、忘れられた女傑である。幕末の1845(弘化2)年に生まれ、若い頃から尊王運動に関り、2度目の結婚に破れた43歳からは、選挙運動や郷土唐津の開発事業に尽力した。1897(明治30)年、53歳で韓国光州の「日本村」建設に着手し、中国への視察や軍慰問も行い、1901(明治34)年には愛国婦人会という軍事救護団体を創設し、1907(明治40)年63歳で亡くなるまで、「お国のため」に働いた。

愛国婦人会は、総裁に皇族妃を置き、華族・将校・知事などの名望家婦人を集めた団体で、40年以上存続し、解散時には600万人以上の会員数を誇る、世界にもまれにみる婦人団体となった。奥村五百子は、この愛国婦人会を主唱したことで著名になる。多くの五百子伝が刊行され、劇や映画にもなり、教科書にも掲載された。しかし第二次大戦敗戦以後、五百子は忘れられてしまった。

近年、女性運動や女性団体の資料などが集成復刻され、女性の戦争加害責任を問う研究が着々と進められてきている。しかし、女性の戦争協力の研究は、満州事変以後のいわゆる戦時体制期を中心としてきたのではないだろうか。近代の戦争と女性の係わりは、1930年代からのみあらわれたものではなく、近代日本の生成過程で形成されたものである。五百子の活動を多面的にみていくことで、奥村五百子という一人の女性を忘却のかなたから連れ戻すだけでなく、近代日本の帝国主義・植民地主義・軍国主義を洗いなおすことになるだろう。


登録情報

  • 出版社 : 奥村五百子 (2002/3/1)
  • 発売日 : 2002/3/1
  • 言語 : 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) : 174ページ
  • ISBN-10 : 4901351192
  • ISBN-13 : 978-4901351195
  • 寸法 : 21 x 12.8 x 1 cm

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません