通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
奇面城の秘密 (少年探偵) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【普通】使用感が有るが、全体的におおむね良好。【中古・本】折れ、シミ、ヤケ、汚れ、破れ、傷みなどのある商品です。中古品になりますので、帯・カバー、付属品等が無い商品がございます。記載ない限り付録・特典などは付属致しません。ご不明な点は注文前にお問い合わせください。 アルコール消毒後梱包。郵便局のゆうメールにて発送させて頂きます。金曜の午後から日曜までは発送を行っておりませんのでご了承ください。十分に検品しておりますが、まれにチェック漏れが有る場合がございますので、お気づきの際にはご連絡下さいませ。速やかに返品、返金にご対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

奇面城の秘密 (少年探偵) 単行本 – 2005/2

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 199

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 奇面城の秘密 (少年探偵)
  • +
  • 夜光人間 (少年探偵)
  • +
  • 魔法人形 (少年探偵)
総額: ¥1,944
ポイントの合計: 24pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

またしても、四十面相が送りつけてきた挑戦状。ねらわれたのはレンブラントの油絵。名探偵明智小五郎は、自信たっぷりで待ちうける。厳重な見はりの目をぬすみ、四十面相はどうやってしのびこむのか?予告の夜。だれもいない美術室の中で、パチパチと物音がする。大きな石膏像が、ひとりでに動き、ひびわれはじめた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

江戸川/乱歩
明治27(1894)年10月21日、三重県名張町(現名張市)に生まれる。本名、平井太郎。早稲田大学在学中から、英米の推理小説を片っぱしから読む。卒業後、貿易会社、古本商、新聞記者などたくさんの職業を経験する。大正12(1923)年に『二銭銅貨』を「新青年」に発表。筆名の江戸川乱歩は、推理小説の始祖エドガー・アラン・ポーから取っている。その後、数多くの推理小説を精力的に書く。昭和11(1936)年「少年倶楽部」の求めに応じて書いた『怪人二十面相』がたいへんな人気を博し『少年探偵団』『妖怪博士』など少年少女に向けた作品を発表する。昭和40(1965)年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 173ページ
  • 出版社: ポプラ社; 文庫版 (2005/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591084299
  • ISBN-13: 978-4591084298
  • 発売日: 2005/02
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 13.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 168,469位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 投稿日 2011/3/15
形式: 単行本
ルパンシリーズの『奇巌城』を彷彿とさせる作品です。

例の如く,四十面相と明智側の戦いがくり広げられますが,本作品はまさに「戦い」という表現がぴったりするような展開になります。

第一部は,四十面相の脱獄から始まり,レンブラントの油絵を手中にした四十面相側の勝利で終わります(ただし逆転勝利ですが)。

第二部は,四十面相の隠れ家件私設美術館である「奇面城」が舞台になります。
この「奇面城」という仕掛け,実に少年の心をつかむアイテムですね。
いつの時代も,秘密の隠れ家にワクワクする少年の心理は変わらないと思います。
また,本作品における立役者は「ポケット小僧」です。
彼の活躍で,奇面城は内部から崩れていきます。
そして最後は,明智側の総攻撃となり,派手なろう城戦がくり広げられた結果,シリーズお決まりのパターンで締めくくられます。

作品間のネタの使い回しがあるにしても,冒険活劇の要素がふんだんにつまった楽しい作品です。
あと,「おとな」の感覚で惜しい!と思ったのは,四十面相の愛人(?)らしき女性がちらっと登場する点で,大人向けの作品なら,もっと膨らませられるのにと思いました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック