日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

奇跡

 (60)2時間8分2011すべて
離婚した両親が仲直りし、ふたたび家族4人で暮らす日を夢みる航一。母親と祖父母と鹿児島で暮らしながら、福岡で父親と暮らす弟龍之介と連絡をとっては、家族を元通りにする方法に頭を悩ませていた。一方、彼らが暮らす鹿児島や博多は九州新幹線全線開通で沸きに沸いていた。開業式の日、博多から南下する「つばめ」と鹿児島から北上する「さくら」、二つの新幹線の一番列車が行き交う瞬間に奇跡が起こる。そんな噂を聞きつけた航一と龍之介は、まさに「奇跡」を起こすための壮大で無謀な計画を立て始める。もう一度家族を取り戻すため、奇跡を信じた少年たち。彼らが巻き起こした奇跡。航一と龍之介に果たして「奇跡」は起きるのだろうか?(C)2011「奇跡」製作委員会
監督
是枝裕和
出演
前田航基前田旺志郎大塚寧々
ジャンル
ドラマ
オーディオ言語
日本語
レンタル期間は30 日間で、一度視聴を開始すると48 時間でレンタルが終了します。

プライム会員の方は追加料金なしで視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

提供
ギャガ株式会社
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.1

60件のグローバルレーティング

  1. 51%のレビュー結果:星5つ
  2. 22%のレビュー結果:星4つ
  3. 13%のレビュー結果:星3つ
  4. 9%のレビュー結果:星2つ
  5. 4%のレビュー結果:星1つ

レーティングはどのように計算されますか?

カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

suika2019/04/03に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
実は奇跡が起きていた
確認済みの購入
前田前田が主役で、その奇跡が叶うかどうかというお話と思っていたが、見終わってから、あれ?と思った。
女の子の演技で、おまわりさんをだまして、危機を脱し、計画を達成したという単純なストーリーではなかった。
女の子が、名演技をしたつもりであるが、それは、演技では済まない。ふらり、訪れた古屋の老夫婦が、行方不明の娘の子ども、つまり、孫と奇跡的に出会うというストーリーに気がつかなければならない。
おじいさんとおばあさんが、孫であると気がついてもなお、だまされたふりを貫いた。結果、女の子は、演技に自信を持ち、母が挫折した女優を目指したいという気持ちに火をつけさせたのだ。
みなさん、何の奇跡も起こらない看板倒れといっているが、何度もリピートしなければ、この奇跡に気がつくまい。
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
はる2018/08/17に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
奇跡 のタイトルの意味
確認済みの購入
子供たちにはみんな夢がある。
ストーリーの日常の暮らしの中では
現実はなかなか厳しく、まだ奇跡は起きていないのだが
夢や希望に向かってたくましく生きていく中で
将来の奇跡にむけての原石を磨いている明るさがある。
そんな優しい作品だと思う。
兄弟の頑張りで、お父さんとお母さんといつかまた暮らせる日が来るかな。
お母さんの夢をつないで東京で女優さんになれるかな。
素晴らしい絵描きさんになれるかな。
子供たちだけではなくて
お祖父ちゃんのカルカンは沢山の人達に愛されるかな。
子供たちを泊めてくれた優しい老夫婦の娘が孫を連れて訪ねて来ないかな?
真面目に生きている人達みんなに、奇跡は起きるかもしれないですね。
また、この映画は誰も人が死なかった点で、
他に例を見ない真摯な(安直では無い)作りだと思います。
友達のワンちゃんのご冥福をお祈りします。
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
青9HP2019/07/12に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
世界を丸ごと抱きしめるような作品
確認済みの購入
ネタバレあります。














結構最後の方になるまで社会的メッセージが読み取れなくて、是枝作品にしては珍しいな、なんて思っていた。生活描写はノスタルジアたっぷりだし、途中からはある目標の達成という明確なゴールに向かって話が進むので、別にこのまま終わっても叙情的な作品として完成されてるな…と考えていたら、クライマックスで急に、今まで見てきた映像全ての美しさ、全ての愛おしさがそのままメッセージに繋がって、痺れた。

火山灰の降りしきる街に皆んなが住み続ける理由。それは、そこに今までずっと続けてきた暮らしがあるから。航一はそのかけがえの無さに気づいて、火山を噴火させること思いとどまるのだろう。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たときにも思ったのだが、エンターテイメント性とメッセージが一致している作品は強い。『奇跡』は、「世界」を大事にする気持ちを、主人公と一緒に学ばせてくれる映画だった。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
かもめ2019/10/19に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
温かい気持ちになる映画
確認済みの購入
ほのぼのと温かい気持ちになる映画でした。
福岡と鹿児島で、それぞれ友達にも恵まれ、大阪で習っていたスイミングにも通わせてもらって、それなりに幸せそうですが、やっぱり家族バラバラなのが心に大きな傷となっているんですね。
まえだまえだの二人は、さすがに実の兄弟で息ぴったり。子役の演技がみんなとても自然でした。

最後にネタバレ?

鹿児島中央駅に帰ってきた3人、階段を降りて走りますが、途中で犬を持っていた子が立ち止まって、袋の中を見るシーンがあります。引きのカメラで小さく映っているし、一瞬立ち止まるだけですが、なんか犬が動いた気がしたのかなー?あの子にとっての奇跡が起こったのかも知れないな、と思いました。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
通りすがり2020/04/21に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
やはり「奇跡」は起きていた!!
確認済みの購入
ネタバレ有り

前田前田の兄弟が主演
前田兄弟は芸達者であり、(本作では福岡に父と2人で住んでいる設定の)前田兄弟の弟が特に芸達者だと思いました。
(前田兄弟の兄は母と共に鹿児島市に住んでいる設定)

2回見返したら、やはり奇跡は起きていた!

前田前田の兄が(男の子の友達)2人を連れて合計3人で鹿児島市から熊本の農村地帯に赴きます。
一方、前田の前田の弟が(男の子1人、女の子2人を連れて)福岡市から合計4人で熊本の農村地帯に赴きます。

小学生の男の子5人、女の子2人…合計7人が(示し合わせて)熊本の農村地帯に集合するのです。

他の方も指摘しておりますが、リバー・フェニックスのアメリカ映画「スタンドバイミー」と少し雰囲気が似ています。

さて、熊本の農村地帯において、小学生の男の子5人、女の子2人…合計7人は夜を迎えてしまい、巡回中の警官に不審がられて大ピンチを迎えます。

ところが、女優志望の(福岡組の)1人の女の子が苦し紛れに飛び込んだ農村の家が(たまたま)その女の子の母の実家であり、女の子の祖父母に7人の小学生は夕食をご馳走になった上に一晩泊めて貰います。

女の子の祖父母はその女の子を自分達の孫であることに完全に感付いていますが、女の子の方は…泊めてくれたのが祖父母であるとには全く気付いてはいない様子です。

何故なら…女優志望の女の子の母親は、両親とは絶縁関係にあり、その女の子の祖父母とその女の子は面識が無かったからです。

その女優志望の女の子を内田 伽羅さん(父は本木雅弘、祖母は樹木希林)がとても好演していて、(ある意味)前田兄弟と同等に印象的でした。

他に…(福岡から熊本まで)前田前田の弟と同行した女の子の1人に小学6年生の時の橋本環奈が出演しています。
加えて、前田前田の弟の福岡市の小学校の同級生で子役の女優役に小学6年生の平祐奈(サッカーの長友選手の義妹、女優平愛梨の妹)が出演しています(恐らく共に映画デビュー作)。

加えて…鹿児島市に住んでいる設定の前田前田の祖父役の橋爪功が非常に好演しています。

最後に…この映画がエンディングを迎えた後に…更なる複数の「奇跡」が生じるものと予想します。
本作は、そのような「奇跡」が信じられる…そのような余韻を遺してくれる映画です。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
塩化鉄2021/04/28に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
動物と子供には弱い
確認済みの購入
子供が主役な訳だから仕方がないともいえるが、是枝組の役者が大挙して出演している。
主役であって何の不思議もない阿部寛や長澤まさみがほとんどちょい役と言ってもよいくらい。
名優の橋爪功や樹木希林は少し出番が多いが、それでも本当にわき役。
夏川結衣も出番は少ないよね。
大塚寧々は母親だからちょっと多いか。
贅沢と言うほかはないでしょうが、それだけに子供たちがうまくなかったらタイトルロール倒れとも言われかねません。

それでも主役の二人が「まえだまえだ」だから、かたくなるような部分はない。
子供たちが主役というと、名作「スタンド・バイ・ミー」が思い起こされるが、あちらはかなり険しい世界を歩いていく。結構自然の危険がある。
こちらはJRを利用していくのでそういう危険はないが、それにしても小学生を呑気に旅に出すもんかなあって思う。
大人たちがまるっきり気にしていない。
もちろんそれも含めてのドラマなんだってこと。
ありえないだろうという奇跡を求めて出かけるのだから、いろいろが都合よく出来ていても仕方がない。

奇跡は起きていたのかいなかったのか、レビューでも意見が分かれていますね。
別に奇跡は起こらなくてもいいと思います、映画の中では。
もし見た人たちが起きたと思うならば起きたのでしょう。

見た人の心が温かくなったのであれば、奇跡は起きたのですよ。
私としては、奇跡は見た人の心の中に起こるものだと思います。

一つ残念だったのは、イヌが死んでしまったらしいこと。
「前よりも冷たくなった」というような発言があったからなあ。
動物だけは死なせないでほしい。
不正行為の報告
おたおた2020/09/20に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
本当の奇跡は?この映画の続編に起きるのでは無いかな
確認済みの購入
何人かが女の子と田舎の祖父母と会ったのが奇跡といっているが、
本当にそうであろうか?女の子の名前と祖父母が言った孫の名前が違うことに気づいていたのかな。
祖父母が娘の名前を言ったときの孫は黙って祖母の顔を盗み見ていただけ。
(普通、母の名前を言われたら、うちの母と同じ名前ですよと反応するのが一般的な反応ではなかろうか)
そんなことで奇跡と言えるのであろうか?
この奇跡は、登りと下りの一番列車がすれ違うのを観ると奇跡が起きるというものです。

本当の奇跡とは
監督とまえだまえだとが会ったのが本当の奇跡です。
監督いわく、この兄弟に会ったのが奇跡だと言っています。
監督が最初に構想してたのは、男の子と女の子が会って恋に落ちる話を考えていたのだけど、
まえだ兄弟に会って、構想をガラッと変えた実話があります。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
ジンジャー2018/07/10に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
見終わったあと俳優の名前を確認してびっくり
確認済みの購入
見る前にはさほど期待しませんでしたが、見終わって満足です。
エンドロールで俳優を見ていて、アッとびっくりした女優の名前もありました。
いまでは豪華なキャストです。
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
すべてのレビューを表示