中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品の為、カバーや本体の経年による若干の状態劣化、軽度の傷みはご了承ください。一部店舗併売商品がある為、売り切れの際はご返金致します。 43180
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

奇跡をくれた犬たち (幻冬舎文庫) 文庫 – 2006/12

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 62,124 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • | 犬の飼い方から犬の写真集など、幅広いジャンルの本をラインアップ。の本ページへ。

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

『ボクね、捨てられたんじゃないんだよ。寂しくても、ボク、がんばるよ』。4才半ばで「飼い主放棄」されたボストンテリアのグーフィー。しつけと称して虐待され続け、乱暴な犬になってしまったシェパードのジェイ。生まれつき耳が聞こえない、2カ月半の捨て犬、元気。心に傷を負った犬と不思議な絆で結ばれた人との感動の実話集。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

篠原/淳美
1963年生まれ。94年、犬の保護活動を開始し、その後、動物愛護団体のボランティアとして保護犬の預かりや飼い主探しに携わる

米山/邦雄
1942年生まれ。「週刊競馬ブック」嘱託カメラマンとしてレース写真などで活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 242ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2006/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344408861
  • ISBN-13: 978-4344408869
  • 発売日: 2006/12
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.2 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 634,907位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
冒頭からショッキングな描写で始まります。家族で行ったキャンプ場の橋の上から仔犬が入った段ボール箱が川面に投げ捨てられたのです。生まれたばかりの3匹の仔犬は必死に引き揚げたにも関わらず死んでいました。

著者は多岐に渡る犬の保護活動をするかたわら、犬と人とが上手に暮らせるように犬と飼い主のしつけ教室なども開いています。捨てられた犬を保護して新しい飼い主を探したり、殴られたり蹴られたりしてすっかり凶暴になってしまった人間不信のシェパードの心を開いて立ち直らせたりなど、さまざまなエピソードが書かれています。人間不信になった犬ばかりではなく、犬がいたからこそ脳梗塞の後遺症のリハビリを頑張って克服した人のお話も胸を打ちました。

また犬を伴って学校に赴き、捨てられて殺処分されている犬や猫たちについて子供たちに教え、命について考えるきっかけを与える活動も目を見張るものがあります。生まれつき目の見えない犬、耳の聞えない犬・・。それは決して不幸なことではなく、ありのままを受け入れ、特別扱いせず彼らにわかる方法で接してやることの大切さに目からウロコが落ちた思いでした。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
知り合いにこの本を貰い、読みました。

元々犬好き(家にもいます)なので1日で読み終えました。

著者は動物愛護団体のボランティアをしている方です。その方の携わってきた犬達の話などが紹介されています。

しつけと称して殴られ続けたシェパードのジョイ。心のリハビリを続け自ら新しい飼い主を見つけ出したり、心温まる話など、犬と人間の不思議な絆の話がたくさんあります。

そして、動物愛護管理センター(保健所)での現実の紹介も。

本当に犬と人間の絆って深いなぁと考えさせられました。

素敵な本でした。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私も動物に関わる仕事をしています。
子猫を保護し、里親に出すまで大変でしたが、幸せなひと時を過ごせました。
動物の保護についても再度勉強している時にこの本と出会いました。
最近、躾もろくに出来てないか、間違った(虐待に近い)躾をしている飼い主さんが
多いこと。動物との心の通わせ方。心を開いてもらう方法など、とても参考になりました。
涙。涙で最後までいっきに読んでしまいました。
動物関係のお仕事をされている方にもとても参考にさせて頂ける本です。
是非、他の著書も読ませて頂きたいです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告