通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち 単行本 – 2010/11/29

5つ星のうち 4.4 40件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち
  • +
  • 伝説の灘校教師が教える 一生役立つ 学ぶ力
  • +
  • 銀の匙 (岩波文庫)
総額: ¥3,413
ポイントの合計: 106pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

文庫本一冊で「東大からの学力」。灘校伝説授業の真実

橋本武(現在98歳)は、戦後、公立のすべり止めだった灘校で、文庫本『銀の匙』だけを3年間かけて読むという空前絶後の授業を始める。明治の虚弱な少年の成長物語を、横道にそれながら丁寧に追体験していく。五感や季節感を大切にしながら進められる橋本の授業は、生徒の興味で脱線し、テーマを見つけた生徒はどこまでも調べていき、“個性"と出会っていく。一学年200人の中高一貫。6年間を繰り上がりで一教科一教師担当制の灘校で、橋本の『銀の匙』授業を受けられたのは30年間でわずか千人。『銀の匙』2巡めの昭和37年卒業組が「初の京大合格者日本一」。3巡め43年卒業組は、「私立初の東大合格者日本一」。実社会でも旺盛な好奇心で、教科書なき道を切り拓いていく彼ら。現在の東大総長・東大副総長・最高裁事務総長・弁護士会事務総長など、各界の頂点が“銀の匙の子"である。「燃え尽きない、一生学び続ける好奇心」を授けた授業を、橋本自身と教え子たちへの1年に及ぶ取材から解析した、21世紀の教育界、受験界への一つの回答になる感動の実用ノンフィクション。子育て本としても有用な1冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

橋本武、98歳。昭和9年、旧制灘中学に赴任。戦後、1冊の文庫本『銀の匙』を3年かけて読みこむ授業を実践。公立高のすべり止めだった灘校を一躍、東大合格日本一へ導く。その後、『銀の匙』の生徒たちはニッポンのリーダーへ。伝説教師の言葉・人生からひもとく脱「ゆとり教育」への解答、そして21世紀に成功するための勉強法『スロウ・リーディング』の極意に迫る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 220ページ
  • 出版社: 小学館 (2010/11/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093881634
  • ISBN-13: 978-4093881630
  • 発売日: 2010/11/29
  • 商品パッケージの寸法: 19.8 x 13.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 40件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 144,671位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
戦後の間もないころ、まだ無名だった灘中学で、現代国語の
授業に、検定教科書を使わず、『銀の匙』だけを3年間かけて
読み解くという授業をおこなった橋本武(通称、エチ先生)のことを、

その奇跡の授業を受けた教え子たち(日本弁護士連合会事務総長だったり、
最高裁判所事務総長だったり、元東大総長だったり・・・すごい顔ぶれ)
に、当時の授業やエチ先生のことを回想してもらう形で、
(もちろん、エチ先生本人にもインタビューをしている)

その授業がどういうものだったのか、そこで何を得られたのか、
当時、どんな気持ちで授業を受けていたのか・・・などなどを紹介した本。

『銀の匙』を3年間かけて読み解く授業っていったい、どんな授業なんだろう・・・

詳しいことは、ぜひ、本書をお読みいただくとして、

かんたんに紹介すると、本のなかで、凧揚げのシーンがでてくれば、
みんなで、凧をつくるところから始めて、凧揚げをしたり、
ねずみ算の話がでてくれば、たちまちそこは、算数の授業のように、
ねずみ算の話になったり・・・

物語の世界を追体験しながら、とにかく、横道にそれていく授業なのです。
...続きを読む ›
コメント 92人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 速読の無料体験に行ったとき、できればいいなと思ったが、魅力を感じなかった。
 本に限らず、いろんな細かいことにひっかかり、「どういうことやろう?」「この人はどんな人?」とつい興味が横道にそれてしまう自分だからだ。
 学生時代も、どうしても受験勉強を楽しめなかった。無味乾燥な知識の注入を体が拒絶してのだと思う。
 この本の主人公、橋本先生は、あっちこっちに興味が行きがちな多感な中高生に正対し、「銀の匙」という本を土台にして、子ども達とともに本の内容を追体験し、自由に思考や表現の授業を展開した。
 私の思い描いていた教師像を体現した人だと感じた。

 わたしは、高度経済成長とともに青少年期を過ごしてきたので、きっと合理化、効率化が骨身に染みてしまっているのだと思う。はやく役立つ情報と技術を身につけることを、何の疑いもなく追いかけてきたのかもしれない。しかし、心労から休むことを余儀なくされたことをきっかけに、この本と出会うことになった。自分が疲れてしまった原因と、そして、立ち上がる希望をこの本から学べたと思う。

 すぐ役立つことはすぐ役立たなくなる 

 この橋本先生の哲学が、「銀の匙」の授業を通して教え子達に受け継がれ、各界で困難な状況を打開する原動力となっている。わたしも、もう一度、本当の学びを起こしていこうと思う。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「本の紹介」

「東大合格発表と奇跡の教室」

3月10日、テレビで東大の合格発表風景が映し出されていた。折も折、私は東大に大量合格させている灘高校に関する本を仕入れて読んでいた。この本は教育の原点ともいえる本物の教師が覚悟して読む本だ。2冊セットで読まないと何の事だかわからないだろう。灘高は神戸にある酒造の会社、白鶴、菊正宗、桜正宗の3社が出資して昭和3年に創立した私立中学校である。(当時の旧制中学校)

1冊目   エチ先生と『銀の匙』の子どもたち「 奇跡の教室 」 1300円
2冊目   銀の匙  著者 中勘助   560円

本の内容はあだ名がエチ先生と言われる橋本 武先生が灘高に赴任してきて、当時はそれほど有名でなかった灘高を東大合格全国一の学校に仕上げるまでの物語である。
どのようにして勉強させたのかということを紹介しなければならない。まず灘高校は中高一貫教育システムである。一人の先生が中学1年から高校3年まで同じ生徒を一貫して持ち上がる。5回卒業させると30年たってしまうのだ。

エチ先生は当時私立が公立の格下とみられていた灘校へ昭和9年に赴任した。しかしエチ先生が本格的に子供達を教育し始めたのは昭和25年からである。その間第2次世界大戦があり教育ど
...続きを読む ›
1 コメント 96人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 友井幹夫 トップ1000レビュアー 投稿日 2014/9/19
形式: 単行本 Amazonで購入
明治45年(1912年)生まれの国語教師、橋本武(はしもとたけし1912〜2013)は、灘校で中・高校と国語を6年間担当、その中学の3年間、教科書を一切使わず、中勘助(1885〜1965)の小説『銀の匙』を1冊、読み尽くすことで国語を教え、彼が担当した中高一貫教育6年間の学生たちの高い実績が、伝説になったことを知る。

p77「国語はすべての教科の基本です。学ぶ力の背骨なんです…」とある。
僕は、数字が苦手だったけど、大人になって簿記の勉強した時、「簿記は国語力だ」と思った体験から、国語の大切さを痛感しました。

この『銀の匙』を徹底的に読み解くことで、「歳時記を感じる。」ことの大切さを学び、「日本の歳時記を実践している家庭の子は成績がいい」との結果について、著者は触れられている。

『銀の匙』に関する膨大なプリントを作成されたエチ先生(橋本武)の信念が、名門灘校の礎のようでもある。

昭和37年に灘中学に入学され、橋本先生の『銀の匙』授業3代目の生徒だった「東京大学第29代総長」濱田純一さん(1950年生まれ)p154「情報を真の知識にする。」など、学ぶ姿勢が伝わってきました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック