中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

奇跡の人 (新潮文庫) 文庫 – 2000/2/1

5つ星のうち 3.1 46件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

31歳の相馬克己は、交通事故で一度は脳死判定をされかかりながら命をとりとめ、他の入院患者から「奇跡の人」と呼ばれている。しかし彼は事故以前の記憶を全く失っていた。8年間のリハビリ生活を終えて退院し、亡き母の残した家にひとり帰った克己は、消えた過去を探す旅へと出る。そこで待ち受けていたのは残酷な事実だったのだが……。静かな感動を生む「自分探し」ミステリー。

内容(「BOOK」データベースより)

31歳の相馬克己は、交通事故で一度は脳死判定をされかかりながら命をとりとめ、他の入院患者から「奇跡の人」と呼ばれている。しかし彼は事故以前の記憶を全く失っていた。8年間のリハビリ生活を終えて退院し、亡き母の残した家にひとり帰った克己は、消えた過去を探す旅へと出る。そこで待ち受けていたのは残酷な事実だったのだが…。静かな感動を生む「自分探し」ミステリー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 574ページ
  • 出版社: 新潮社 (2000/2/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101270228
  • ISBN-13: 978-4101270227
  • 発売日: 2000/2/1
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 46件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 623,976位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
簡単なあらすじは、交通事故を起こし以前の記憶を全て失ってしまった30歳の青年が、8年間入院生活から退院し、事故を起こす前の自分はどんな生活をしていたのか、事故を起こした時、誰かを巻き添えにしてなかったかを調べる・・・というものです。

面白くなくはなかったんだけど、今回は主人公にはほとんど感情移入できませんでした。
それ以外の人物にも。
そのせいか、主人公の行動や考えが苛立たしく感じたりもしました。
ストーリー的にも私は突っ込みどころ満載でした(-_-;)
そして最後も納得できないというかイマイチでした。

真保さんは「ホワイトアウト」の原作者でもあるんだけど、こっちは面白いのかな?
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 鈴木純一 VINE メンバー 投稿日 2003/3/27
形式: 単行本
車の大事故の後8年間の治療とリハビリテーションを経て、母親の献身的な看護の後、植物人間から回復して社会復帰した男が主人公。母は主人公の退院の前に病死した。主人公は事故後の記憶は全くない。母親が、字を(再度)教え、人間としての最低限の知識を教え、社会生活の基本を教え、ようやく中学生程度の学力と知識を持つようになった。病院では「奇跡の人」と呼ばれ、印刷会社に就職することができる。こうした物語前半のプロットと展開、新しい人生を一所懸命に生きて社会生活に慣れようとする主人公の姿はすばらしく描かれている。時速100ページの勢いで読み進んでしまった。
物語の後半は、過去の自分について知りたいという欲求を抑えきれずに「自分探し」を追求する展開。前半までは主人公は前向きで誠実な人物の典型なのだが、失った自分の過去に少しずつ出会っていく後半では不愉快というか「もうそのくらいにしておけば」と思いたくなる人物像へ変化してゆく。主人公の純粋さもあるものの、この展開は読んでいて気持ちのいいものではないし、自己中心的ではあるものの、自分を知りたいと思ったり、人を好きになるという、人間の根底をなす部分をあからさまにストレートに見せられるせいもあるかもしれない。なんとなく読後感の悪さはあるものの、それは自分の(できれば)見たくない部分を見せられた(見てしまった)ことによるものかもしれない。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
そもそも、過去の自分を探す旅に出る前に、昔の新聞等を探って事故の状況を調べるなどすれば良かったのではないかと思った。 12才程度の知能しかないとはいえ、警察だと欺いて昔の恋人の現住所を聞き出したり、土地勘のないところへ1人で行き、地図を片手に何日間も動き回ったり、カプセルホテルに泊まったりが出来るのだから、それくらい出来てもおかしくない。というか知能は普通に大人並みだと思う。 後半はただのキモいストーカーだし、感情移入が全く出来ない。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
事故で過去の記憶をなくし、奇跡的に命をとりとめた男性の話。
赤ん坊のような状態から8年という長い時間をかけて再び成長したが、唯一の身内である母親を亡くす。
退院をして、事故を起こす前の自分はどんな人間だったかを探るために東京に出かけた。
そこでは、信じたくないような辛い真実が待ち受けていた。
後半は、過去に犯した罪に衝撃を受け、現在の自分を否定したりしていて、主人公の不安や戸惑いがドンドン流れ込んできて苦しい気持ちながらも引き込まれていきます。
ラストは、ちょっと予想外な感じですが、それもいいかなと思います。
本筋とは別ですが、主人公は8年間も病院で暮らしており、退院してからも身体が少し不自由で世間慣れしていないので、周囲から「頭のおかしい人」と見られたりして事件が起こります。
主人公は、何も悪いこともおかしいこともしていないのに、酷い扱いを受けることもありました。
そしてもちろん、彼の事を理解して助けてくれる人もたくさんいました。
彼のような身体に障害を持った人たちの気持ちなどが見事に描写されていて、私自信これからの人生でそのような人たちに対する見方が変わったように思いました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
前半は事故で記憶を失った主人公が、8年間のリハビリ生活の末、

病院を退院し、職を得て自活するまでが描かれる。

病院での仲間たちとのふれあい。

最初は誤解されながらも、隣人と理解を深めて行く様子。

先輩や同僚たちの指導により職場になじんで行く主人公。

母の手記を挟みながら、これらの物語が語られる。

いい話です。

実にいい話ではあるが、物足りない。

もちろん、これで済むはずがありません。

やってくれます、この主人公。

それはもう、読者の期待以上にやってくれます。

過去を探すために東京に旅立った主人公。

そこで出会った昔の仲間たち。

嘘をつく事を覚え、嘘に嘘を重ねる主人公。

いい人だった主人公が、どんどん自己中心的な人間に変貌して行きます。

知恵がつくことは、悲しいことだと思わざるを得ません。

やがて昔の仲間を利用し、あげくにストーカー行為にまで発展します。

もうそれくらいでやめときなよ。

田舎に帰
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック