通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
奇跡の人 ヘレン・ケラー自伝 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 二次元本舗
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■■■ご購入前に必ずお読み下さい■■■ ●通常使用による若干の使用感はありますが、良好なコンディションです。 ●土・日・祝日は郵便局がお休みの為、発送は行っておりません
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

奇跡の人 ヘレン・ケラー自伝 (新潮文庫) 文庫 – 2004/7/28

5つ星のうち 5.0 20件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 464
¥ 464 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 奇跡の人 ヘレン・ケラー自伝 (新潮文庫)
  • +
  • ヘレン・ケラーはどう教育されたか―サリバン先生の記録
  • +
  • 奇跡の人 [DVD]
総額: ¥3,942
ポイントの合計: 61pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

わずか一歳で光と音を失い、七歳までことばの存在を知らなかったヘレン・ケラー。三重苦の彼女は、サリバン先生の愛に導かれ「ことばの世界」に目ざめる。そして負けず嫌いで前向きな性格と驚異的な努力により、十九歳で名門ラドクリフ・カレッジ(ハーバード大学の女子部)に合格──知的好奇心に満ちた日々を綴った若き日の自伝。大人のための新訳! 〈巻末エッセイ・大竹しのぶ〉

内容(「BOOK」データベースより)

わずか一歳で光と音を失い、七歳までことばの存在を知らなかったヘレン・ケラー。三重苦の彼女は、サリバン先生の愛に導かれ「ことばの世界」に目ざめる。そして負けず嫌いで前向きな性格と驚異的な努力により、十九歳で名門ラドクリフ・カレッジ(ハーバード大学の女子部)に合格―知的好奇心に満ちた日々を綴った若き日の自伝。大人のための新訳。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 207ページ
  • 出版社: 新潮社 (2004/7/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102148213
  • ISBN-13: 978-4102148211
  • 発売日: 2004/7/28
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 17,419位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
本自体が薄いので読みやすいですが、内容は深いと思います。ヘレンケラーさんの人生がよくわかりました。不屈、希望、不断の努力の大切さ等を改めて教えらました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
伝記物等読んで、ヘレン・ケラーのことは何でも知っていると思っていたけれど、大間違いでした。
赤ちゃんが世界に接していく時、こんな感動を日々味わっているのでしょう。
でも、赤ちゃんはそれを表現する言葉を持たず、それを表現できる頃には、その感動を忘れてしまっているのでしょう。
言葉を得てからのヘレンの人生は、1日1日がその新鮮な感動にあふれていたのです。
春の香り、嵐、カナリアと猫、列車での旅行―ヘレンの自伝は、素直な感動にあふれた美しい世界を、私達に見せてくれます。
訳も内容にふさわしく、繊細な美しさと、しなやかな力強さに満ちていて、まさに珠玉作というにふさわしい一冊です。
巻末の、舞台でサリバン先生を演じた大竹しのぶさんのエッセイにも、胸を打たれました。
「続けること、ただ信じ続けること―私にできるのはそれだけです」
大竹さんと同様、私もこの言葉に勇気をもらいました。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
嫉妬という言葉が最も適した感想です。

三重の障害という信じられないハンディキャップを背負った中で、
いかにして前向きさを持ち続けられたのか、
それを知りたくて手に取った一冊でしたが、
ただただ人生に希望を持ち続けていたからだと私は感じました。

人生をこんなにも明るく捉えられるなんて、
彼女に嫉妬すると同時に、
自分が恥ずかしくなりました。

誰もが無理だという中、
ハーバード女学校を目指し、
ついには実現したビジョンの持つ力など、
私を大いに啓蒙する材料がたくさんありました。

誰にとっても絶対に勉強になるはず、
そんな一冊です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
訳が大変素晴らしいです!訳されている日本語の格調が高く、美しく、ケラーの汚れない純粋さが、幼い頃よりちゃんと育まれていたのが、本当に良くわかります。小さい頃は小さい子の言い方で、大学生になったら知識が豊富になった大学生らしい日本語を選んでの表現になっており、ケラーの成長がよく分かります。ケラーの精神性の高さがこの訳で確かに表れていて、幼い頃より健常者の何倍もの濃い人生を意識をちゃんと持って、無駄な生き方をせず、大事に生きてきたこと(周りの人たちの愛情も含め)が、この素晴らしい訳者のお蔭で、ちゃんと伝わります。映画「奇跡の人」にあるような、サリバン先生が、乱暴に厳しく教育するような場面はなく、出会ってから一貫して、ケラーの優しい真珠のような透き通った心、精神によりそって2人三脚で生きてこられてきた事が感動を呼びます。訳の言葉選びにも。訳者の優しさ、ケラーへの愛情、尊敬までも感じられる素晴らしい本です。読後は、ただただ、心が清く、澄んだ気持ちになりました。読んでいると、なんら健常者と変わらない悩みもいくつかあって、いっぺんにケラーのファンになりました!読んでよかったなあ!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
あまりにも有名なヘレン・ケラー。今の子供達も知っているだろうか?

子供時代に読んだ他人が書いたヘレンの伝記本とは違い、本書はヘレン自らが語っている。リアルなヘレンの心情を知ることが出来る。言葉もなく、映像も音もない世界で人はどのように思考を巡らすのだろう。ヘレンはその時代を暗黒の時代と表していた。空想か現実かの区別がつかなく、区別する手だてもない、と。この世界にはありとあらゆるものに名前がついている。そんなささいなことがどんなに重要なのか、私達が日頃気がつかない当たり前で小さなことがどんなに大切なのかを教えてくれる。体に障害を持っていても、然るべき条件下で本人の努力があれば、あらゆる可能性を与えてくれるのだということを教えてくれる。

ヘレンが20代前半に書いたこの回顧録は、彼女の喜びや不安を私達の心に直接的に伝えてくる。良書である。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
言葉を持たない三重苦のヘレン・ケラーがサリバン先生の教育のもと、「ウォーター」という言葉の存在に気づく姿をクライマックスで描く舞台や映画の「奇跡の人」はあまりにも有名ですが、この本は帯の紹介にもあるように「ウォーター」を、物語の始まり、へレンの「生の始まり」とし、その後の生き様を描いた感動作です。
映画や舞台のように外側から見たヘレンではなく、伝記という点で、内側からヘレンを知ることができたのは本当に新鮮な驚きでした。まだ言葉を持たず、闇と静寂の「牢獄」に閉じ込められていた時の苛立ちや怒り、みじめな思いが胸をついて伝わってくるだけに、「言葉の神秘の扉」を開けたときにへレンが感じた開放感と幸福感がいっそう心に強く響き、扉から洩れくる光にヘレンと共に興奮と喜びを感じることができるのです。
サリバン先生とへレンの交流には読んでいて熱い思いがこみあげる箇所がいくつもありますが、特にサリバン先生が「愛」について教える場面は、この伝記の中でも「ウォーター」に匹敵する名場面だと思います。形あるものだけではなく、触ることのできないもの、自分の心の中にあるものの存在に気づき、その存在をつかまえたいと一心に考えるヘレン。時間をかけてゆっくりとヘレンに「愛」を説明するサリバン先生。二十歳の女性がこんなふうに愛を説明できるなんて・・・。二人の静かな情熱が伝わってくる、美しく力強い名場面
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー