日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

奇跡のリンゴ

 (133)6.82時間9分2013G
1975年、青森県弘前。リンゴ農家の木村秋則は、妻・美栄子の身体を心配していた。美栄子は年に十数回も散布する農薬の影響で皮膚がかぶれ、数日寝込むこともあったのだ。そんな妻を想い、秋則は無農薬によるリンゴ栽培を決意する。しかし、それは「神の領域」といわれるほど「絶対不可能」な栽培方法。数え切れない失敗を重ね、周囲の反対にあい、妻や3人の娘たちも十分な食事にありつけない極貧の生活を強いられる日々。それでも諦めなかった秋則は、11年にわたる想像を絶する苦闘と絶望の果てに常識を覆すある「真実」を発見する。『チーム・バチスタの栄光』の中村義洋監督が、壮絶な辛苦の果てに、無農薬栽培で甘くて美味しい「奇跡のリンゴ」を生み出したある家族の感動の実話を映画化。(C)2013「奇跡のリンゴ」製作委員会
監督
中村義洋
出演
阿部サダヲ菅野美穂池内博之
ジャンル
ドラマ
オーディオ言語
日本語
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
Prime Video視聴でBOSE製品が10%OFF

キャンペーン期間中Prime Videoを視聴すると、BOSE対象商品で使用可能な10%OFFクーポンの特典が受けられます。詳細はこちら

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
原田美枝子山﨑努
提供
東宝
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち4.4

133件のグローバルレーティング

  1. 60%のレビュー結果:星5つ
  2. 28%のレビュー結果:星4つ
  3. 8%のレビュー結果:星3つ
  4. 1%のレビュー結果:星2つ
  5. 3%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

匿名2018/08/11に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
奇跡の感動。木村さんご本人もこっそり登場!?
確認済みの購入
以前、本で読んだことのある話でしたが
そのときはへーって、思う程度でした。

しかし、阿部サダヲさんが主演とのことで
少しお笑い要素もあるのかなーという興味本位で見ました。
冒頭の菅野さんのナレーションからとても素敵で
ついついあっという間に全部見終わり、爽快な気持ちになりました。
ネタバレが少し入りますが
15分11秒付近の婚礼の時に、ちょっと注目すると、木村さんご本人も登場!?

エンドロールで木村さんのお名前が出て来たので、急いで見直しましたw
ぜひ2回見てみてください^^
38人のお客様がこれが役に立ったと考えています
うにママ2018/08/12に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
支えきれるか
確認済みの購入
自身と重ねて 考えさせられました。
子供をかかえ先も見えない貧困生活。もし 旦那がその道を選んだら 成功するまで 笑顔で支えられるか...
正直 いいときはいいけれど 状況が悪化すると精神的にも家族関係は悪化します。
子供のころ 父の会社の倒産などの経験から 私は あ、金の切れ目は縁の切れ目なんだ、と学習してしまいました。
奥様役の菅野美穂さんは どんなときでも味方でありよき理解者でした。
本当は何度も迷ったと言ったけれど 精神的に不安定にならずにそばにいることは 相当な気持ちの強さが必要だと思います。それとも それだけ想える相手だと出来るのか...。
お父さんも いつだって協力的だった。主人公の頑張りに加えて 家族の大きな力も感動した。
37人のお客様がこれが役に立ったと考えています
・・・2018/09/29に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
映画を映画として見れる心の余裕があれば面白いですよ
確認済みの購入
低評価の人って、虫がとか私だったらとか人の人生観を否定したり、虫が登場するから映画の評価低くするとか
すこし基準がおかしいような気がしますね。
嘘だ!とかエセ科学系は、ネットでみた批判的記事の情報に基づいて語ってるんでしょうね。
まぁそこまで一般の人にも誤解させるような描写はなかったし、そもそも誤解するような所を注目してこの映画を見る人はいないと思いますね。
科学も正解とは言えないし、科学で正解が導き出せればとっくに無農薬リンゴなんか作れていますし、そういう面でいうとエセ科学とか批判的すぎるのも考え物です。エセ科学だという証拠も書かれていませんしね。
どちらサイドも不十分な証拠に基づいているのでそこで評価するのはまだ早いかと。

映画としては苦労が感じられるのと、その絶望からの奇跡的な成果、そういうのが感じられてよかったです。
地獄を見たCGシーンやおやじ狩りはいらない気がしましたけどね。
後は見る人にやる気や感動を与えるいい映画なのではないかと思いますね。
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
AirandStrings2018/11/25に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
嘘が多い作品
確認済みの購入
物語として成立させるためか、無農薬栽培の成功要因がまったくのウソ。
自然に放置したからという自然回帰的なプロパガンダが真実と誤解される。実際は大豆の根粒菌を使っている。
さらにひどいのはこの映画でリンゴの無農薬栽培はEM菌のおかげと喧伝する非科学的な勢力があること。
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
フクシンスケ2019/04/16に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
世界で一番、美しいリンゴの花
確認済みの購入
 過酷である、熾烈である。たぶん、このような生き方はできないと思う。このように生きよと強制されていると捉えないほうがいい。生き方を選択できる自由社会の人間だからである。まして、生き方など、時代の要請によって変わっていくものだ。「たかがリンゴ、されどリンゴ」の世界観なのだ。
 誰もが自分の領域で自分なりの戦いをしているのだ。しかし、自分だけが戦っているわけでもなく、自分ひとりで戦っていわけでもないのだ。そのことに気付いてほしいのだと思う。
 時代の背景がなつかしい。自然の懐で生きることにはやはり共感できる。リンゴの木に話しかける阿部サダヲが可笑しい。妻へのべたべたな愛の告白も表現としては抑制されて好感が持てる。なによりも山崎努の存在は、寄りかかることのできる大樹そのもので安心感がある。そして、ラスト近くのリンゴの木に咲き誇るリンゴの花の輝きがとても美しい。
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
akky2018/08/05に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
失敗描写がきつすぎる
確認済みの購入
10年連続失敗が、どれだけ大変なことなのか。それを見る人に伝えなければ作品にならないのはわかっているんだけれど。。あまりにもその間が過酷すぎて、自分には堪えた。ハッピーエンドってわかってる作品じゃなかったら最後まで見られなかったよ。いい映画だと思うよ。個人的に菅野美穂好き❤
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
mmy2019/08/17に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
原作のほうが素晴らしさが良く分かります。興味ある方は是非ご一読を!!
確認済みの購入
原作既読ですが、本作以前に読んだので記憶がかなり薄れてました。
映画化されたことを知らず、タイトルを見て恐らくあれだ!と思い見ることに。
ところで。
木村さんの前歯はみそっ歯だったとのおぼろげな記憶を確認したくなり、原作を取り出すと・・・
みそっ歯どころか一本もありませんでした。その逸話は残念ながら端折られていますが。
読み返すと”自分の歯と引き換えにリンゴの葉をもらった”んだそうです。
当時の非常識と格闘した結果とはいえ、大変な苦労の末の奇跡のリンゴなんだと思い知らされました。

原作の記憶がうつろでしたので、視聴後に原作を斜め読み、のつもりでしたが、熟読してしまいました。
ハンドタオルとティッシュのお世話になり、やむなく休憩した場面も。
大筋は原作どおりですが、半分くらいは端折られている感じです。
残念なのが、ハッピーエンドがショボイこと。原作は木村さんの功績をもっとたくさん紹介してます。
メディア、講演、普及活動等々。そこまでやるとドキュメンタリーチックになってしまうかもしれませんが、
それだけのことをやってると思いますので、エンディングで紹介してほしかったです。

※原作を読まれることをお勧めします。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
阿形と吽形2020/05/03に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
リンゴの花が咲く時期だから見てほしい!
確認済みの購入
このレビューを書いた時期はゴールデンウィークの真最中で、これからリンゴの花が咲く時期です。
撮影した岩木山の麓のリンゴ園、弘前近辺の雰囲気や状況、出演者の方々が農家や話す言葉の雰囲気を丁寧に細かいところまで演じております。
木村秋則さんを演じた阿部サダヲさんは木村さんの人柄を非常に上手く演じており、美栄子さんを演じた菅野美穂さんは特に素敵ですね。母親役の原田美枝子さんは津軽に存在するお母さんそのものといった感じでしたし、伊武さんや山崎さんのリンゴ農家の親父の雰囲気もかなりイイ!意外にも祝言のシーンで山崎努さんの隣にいる木村秋則さん本人も良い味出してました。実話を基にした映画としてやり過ぎた感じも無くバランスが良く楽しめる作品となっております。

この映画を通じて青森のリンゴ農家だけでは無く、他の地域も含めた農家の苦悩や気持ちが消費者に伝わり感じてくれたら農家として農業を続ける励みになります。
ちなみにリンゴは冷蔵庫で冷やして食べてください。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示