Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 324

¥ 252の割引 (44%)

ポイント : 3pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[石川拓治 NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」制作班]の奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録
Kindle App Ad

奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録 Kindle版

5つ星のうち 4.6 264件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 324
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 576 ¥ 1

商品の説明

内容紹介

話題をさらったベストセラーノンフィクション。
絶対に不可能といわれてきたリンゴの無農薬栽培を成し遂げ、ニュートンよりライト兄弟より偉大な発見をした男の感動ノンフィクション。長年の極貧生活と孤立を乗り越えて辿り着いた答えとは? 全てのビジネスマンに読んでほしい名作。

内容(「BOOK」データベースより)

ニュートンよりも、ライト兄弟よりも、偉大な奇跡を成し遂げた男の物語。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 353 KB
  • 紙の本の長さ: 207 ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2013/4/19)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00C6QFI9E
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 264件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 7,450位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 woodenpestle 投稿日 2009/5/28
形式: 単行本
残念ながら著者の講釈が煩く、読みながら苛立つほどでした。
木村さんを紹介された本って事では評価できますが・・・

後で木村さん書下ろしの『リンゴが教えてくれたこと』を読みましたが、
内容はほぼ同じ+αで素晴らしいモノでした。
世界中の多くの方に読んでいただきたいと思います。

購入を検討されている方には『リンゴが教えてくれたこと』をお勧めします。
コメント 70人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
石川氏がナルシストですべて自分の文によって、自分の指向思い込みに当て嵌めるようとしすぎて、気持ちがわるい文章だ。

テレビマンにはこの手の人間が多い。インタビュウしておきながらくだらないこといいやがってと怒り出し、アナウンサーに文句をいうディレクターもよくあること。

そして、木村さんの精神世界をウソバナシと勝手に決めつけ、また自分勝手な妄想的解釈で切って棄てている。
こういう木村さんだから成功出来たのかもしれないのに。
こいいう木村さんだから皆が不可能と言うことを信じるきれたのだろう。

そして、木村さんの生き生きとした言葉が活かされてないこと。
本屋で立ち読みしたら木村さんの本は、愉しいこと愉しいこと。
読むだけであかるくなる魅力があるのだ。

コノホンはナルシストなテレビ関係者が書いたため、木村さんの魅力、10分の1のほんだ。一様時系列で書いてあるで★★。
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
感動した。NHKの番組で取り上げられたことのある人だなぁ位の予備知識しかなく、何気なく読み出したら途中で止められずに一気に読み終えてしまった。大げさに聞こえるかも知れないが、読む前と読了後では人間が一回り、いやもう少し大きくなった気がする。この人がやったことは、単に無農薬のリンゴを育てただけではなく、”地球に生きている生命は全てお互いを必要としている”、という真理を明らかにしたことではないだろうか。この本を読むことにより、人類が築き上げてきた文明(わかりやすく言えば、先進国における便利な生活)が、根本部分で過っていることに改めて気付かされた。大変な苦労(自殺も考えたそうであるが、”お互いを必要とする自然”に引き留められた)の後に、無農薬リンゴを育てながら、生きてゆく、生きさせていただく、真理にたどり着いた木村さん。直に会ったことはないが、この本を通してすごく身近に感じられる。読了後より、ちょこっと悩んだ時、”そりゃちょっとちがうんでねぇか”、”うんだ、その通りだ”、津軽弁で木村さんが語りかけてくれるように思えるようになった。これからの人生で困難に遭遇した時、木村さんだったらどうするだろうか、と常に自問することになるだろう。読了後のすがすがしさといい冗談抜きで最高の本である。
コメント 163人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
生命は全て野生であり、自然と言うシステムの中にある。
しかし人間だけはそうではない。人間は、本能と言う自然のシステムが壊れた生き物であり、“考える”ことを本能に置き換えることで今まで生き延びてきた。聖書では知恵の実である“リンゴ”を食べたことが事の始まりとなっているが、この話が“リンゴ”なのは偶然の一致なのだろう。

僕達は農作物を自然の恵みと思っている。しかし、人が“栽培”と言うことを覚えて以来、殆どの野菜や果物は人間が加工して、自然から取り出す物に変わってしまった。手入れの行き届いた畑や、耕して天に至る棚田は美しいが、それは僕達の祖先が長い年月をかけて作り上げた一つの人工物で、自然ではない。それが自然の一部に見えるのは、それを造った人々の怨念にも似た思いが、歴史を刻む中で剥落して風化したからなのだろう。

野生の植物を農場に移し替えて、農作物としてより多く、おいしいものに変えて行ったことで、僕達は必要な食料を得られるようになった。しかしそれと引き換えに作物と言う植物は動物園で飼育されたライオンのように、人間の手を借りなければ生きられないものに変わってしまった。特に肥料とそれに続く農薬の発明は決定的で、それまで何とか野生を残していた農作物は、全てを人間の手に委ねてしまった。

無農薬とは何とも魅力的な響きだが、
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover