中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録 単行本 – 2008/7

5つ星のうち 4.6 265件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 576 ¥ 21
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ニュートンよりも、ライト兄弟よりも、偉大な奇跡を成し遂げた男の物語。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

石川/拓治
1961年茨城県水戸市生まれ。ノンフィクションライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 207ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2008/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344015444
  • ISBN-13: 978-4344015449
  • 発売日: 2008/07
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 265件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 209,455位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
・サノーさん一言コメント
「無農薬のリンゴを目指す男がもたらしたのは、回天。常識を覆し、新しい道を示した男の生き様」
【サノーさんおすすめ度★★★★★】
・ウノーさん一言コメント
「小さなリンゴに、ここまでの念を込めることができるのは、その先にある未来を信じることができるから。農業の求道者に、胸が打たれます」
【ウノーさんおすすめ度★★★★★】

・サノーさん、ウノーさん読書会

サノーさん(以下ウ):そもそも、いつも食べているリンゴが、19世紀の前と後では、まったくの「別物」だという検証に驚いた。
ウノーさん(以下サ):「別物」になってしまった要因は「農薬」の誕生です。でも、不思議なのは、リンゴ全てが変わってしまったことです。
農薬を使わなくても生きていける、リンゴの実ができる木が、少しくらい残ったって不思議じゃないのに。
サ:その辺りは、全体意識や集合意識の研究領域なので、その疑問は見送ろう。
ウ:そうですね。でも19世紀以降、農薬とともに人間によって栽培されたリンゴは、全部、農薬なしでは実らないどころか、生きていけない「種」となってしまうんですね。
サ:きっかけは、一冊の本というのも印象的だ。知らなかったな。無農薬のリンゴって、ありそうだ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 D. Taka 投稿日 2016/10/10
形式: Kindle版 Amazonで購入
ドキュメンタリーでありながらどこか小説のような情景描写・表現がなされている。
正直に言えば、小説をほとんど読まない私にとってはドキュメンタリーはドキュメンタリーテイストで読みたいと思っていたが
読み進めるうちに著者の文章と木村さんの壮絶な生きざまに引き込まれていった。

脚光を浴びたTV番組を観ていなかったので、最初は世に流通している「無農薬本」のうちのひとつかと思っていたが
この本は客観的に農薬が果たしてきた貢献・何故農薬が必要だったのかといった歴史的背景を記述した上で
完全無農薬のリンゴ栽培物語が描かれているので、「日本農業の歴史書」として語り継がれるべきだと感じた。

また詳述されてはないが末尾では、将来(GMOに代表される)アメリカのような大規模農業は自然を荒廃させ続けられなくなると予言。
個人的にここの部分はそうであってほしいがそうなる前に有機農業に回帰してほしいと逆説的な感情を抱いた。
つまり(数百年後とはいえ)モンサントのような穀物メジャーが本当に衰退してくれるだろうかという疑念は拭えないが、
少なくともそうなった場合に備えている木村さんと著者のノアの箱船に例えた会話は鳥肌もの。

最後に自分ができることとしてできるだけ有機農家から買うよう
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
台風でも落ちないリンゴ。
一時期話題になりましたね。
一番感動したのは、やはり無農薬リンゴが出来るきっかけになった、
どんぐりの木のくだりです。
普段、何気なく食べてるリンゴが、農薬がないと作れないってことが
一番衝撃でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 写楽 投稿日 2013/2/16
形式: 単行本 Amazonで購入
不可能に挑戦し結果を出した著者に対し賞賛するレビューが多いが、

不可能と言われた無農薬のリンゴ栽培に挑戦したいと、娘婿である著者が言ったときに反対せずに賛成して応援してくれた義父・諦めかけたときの娘の言葉(挫折しようとする父に対する怒りの)不可能に挑戦する夫に文句も言わずに赤貧に耐える妻(挑戦するきっかけはこの妻に対する愛情から)

家族ってイイな!。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
無農薬のりんごを作ることがどれだけ大変か、木村さんがどれだけ辛かったか、本当によく伝わってきました。農業、自然等についての考え方が変わりました。これからの生き方を考えさせられました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
たかが無農薬栽培の苦労話でしょ?と表紙とタイトルを見た時にはたかをくくっていた自分が恥ずかしくなる一冊でした。木村さんは、第二の本田宗一郎と呼んでもおかしくない、人間力と洞察力と探究心に秀でた逸材だと思います。最後に諦めて死を覚悟した山の斜面で、月明かりに照らされた野生のリンゴを発見したシーンは、鳥肌が立つ程感動しました。最近トウモロコシ栽培を70歳過ぎてから始めた父にも、Amazonさんから発送させていただきました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー