奇談 プレミアム・エディション [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,076
通常配送無料 詳細
発売元: falo-media
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

奇談 プレミアム・エディション [DVD]

5つ星のうち 3.4 26件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 5,076 通常配送無料 詳細
ポイント: 1pt  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、【365日迅速発送】アマゾン専売ショップ つくば屋【茨城県古物商許認可店】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 5,076より 中古品の出品:7¥ 890より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 藤澤恵麻, 阿部寛, ちすん, 柳ユーレイ, 神戸浩
  • 監督: 小松隆志
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2006/05/25
  • 時間: 88 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 26件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000ERU9TQ
  • JAN: 4988102243838
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 105,172位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   1972年、民俗学を専攻している大学院生の里美(藤澤恵麻)は、幼い頃東北の親戚に預けられたとき、一緒に遊んでいた少年と共に神隠しに遭い、その記憶がなかった。失われた記憶を求めて、彼女はかつて隠れキリシタンの里でもあった村へ赴き、そこで異端の考古学者・稗田礼二郎(阿部寛)と出会う…。
   諸星大二郎の傑作コミック『生命の木』を原作に、『ワイルドフラワーズ』の小松隆志監督が執念の映画化。設定を現代に置き換えず原作どおりにするなど、こだわりが諸所に感じられる力作となっており、原作のおどろどろしさを映像に還元することに腐心しているのが痛いほどにわかる。主人公を男性から女性に代えたのは映画用の措置だが、藤沢恵麻のはかない感じはこの歴史ミステリの哀しみとも巧まずして呼応していていい。一方、妖怪ハンターこと稗田役の阿部寛は原作のイメージに違わない風貌なだけに、髪型なども原作どおりでよかったかも。(増當竜也)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

伝奇漫画家・諸星大二郎の「生命の木」を、『天花』の藤澤恵麻と「トリック」シリーズの阿部寛が主演で映画化したミステリー。“隠れキリシタンの里”と呼ばれる東北地方の寒村を舞台に、大学院生の里美と異端の考古学者・稗田が衝撃の真実に遭遇する。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
劇場で観て、藤澤恵麻の可憐な雰囲気が良かったこともありDVDを予約注文しました。

劇場で観て物語の展開として分かりにくかった「なぜ新吉君は現世が厭になったのか」「そもそも新吉君は"いんへるの"をどうやって知ったのか」「重太は警官のところに何かを言いに行ったというだけで裏切り者になってしまったのか?」というあたりが、撮影されながらカットされていたのだと知りました。

そのシーンを入れると、クライマックスの「風景」が先読みできてしまうのでカットしたのだということですが、もっと他のかたちで撮影されていたらと残念です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
Amazonで購入
未公開映像を監督が解説しているが、「ここは停滞するのでカットした」という語りが多い。
この映画は「停滞」、この一言である。
また、神隠しのくだりは「水増し」であろう(なぜ神隠しにあったのか説明不足)。
諸星大二郎の短編を映画化しようなど、そもそも無理だったのだ。
「ヒルコ」の方がまだ許せたと思う。
討ち死に、無念である。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
Amazonで購入
小生今年還暦を迎えた年期入りの諸星大二郎ファンです。多分一冊漏らさず所有しています。最近「原作レイパー」なる造語がネット上で度々見受けられます。しかも賛意を表するしか無い位程度の低い「映画化」が目立ちます。大手プロダクションがゴリ押しで作らせる愚作(強力わかめとかいうタレントなんぞ酷いモンでしたね)の数々に呆れたり怒ったり.......。「生命の樹」は諸星大二郎作品の中でもファンに取っては絶対にベスト10に入る作品でしょう。ただ商業ベースに乘せるには宗教が絡む為に余計な気遣いが必要となり、余り意味の無い「神隠し」というサイドストーリーを加え煙に巻いたんでしょう。稗田礼二郎=長髪&高身長という思い込みを除外すると短髪の阿部寛さんに違和感が少なかったのは演技力なのかな?購入後何回も見直しましたから元が取れた感じがします。それにしても「神隠し」は全然ストーリーとして要らない上に「何で隠された?」「いんへるの、に居たのか?年齢が当時物のまま出てきたが.......」「知恵の木の実を食べたアダムとイブの子孫が何故、じゅすへる直系連中に混ざって彼らだけの為の専用ぱらいそに行けるんだ?」「婆ちゃん以外と口をきかないシズエはどうやってピアノを覚えたんだ?」とか消化不良と下痢と便秘状態。大体「神隠し」は「民俗学」系お得意の柳田國男系典型ネタで「異端の考古学者」に考察させちゃ魚屋に野菜を買いに行くのと...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
隠れキリシタンが独自の進化?(あるいは原理主義)をとげていたら・・・
そんな幻想をリアルな筆致で描いた佳作。
藤沢恵麻と阿部寛が謎解きに挑む!!
この二人がいい。
特に阿部寛、今やコメディからシリアスまでこなす
名優の域に達してきたが、ここでもその醸し出す
雰囲気は、この異端の考古学者のイメージに
マッチしていて存在感はバツグンである。
謎の解明については消化不良を否めないが、
一気に引っ張っていく画力はたいしたもの。
しっかり書きこんで、ロングバージョンでみてみたい
作品です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 案山子 トップ500レビュアー 投稿日 2017/7/31
 ある年代以上のSF漫画フアンにとっては懐かしすぎる響き。
 諸星大二郎の『妖怪ハンター』シリーズの初期の短編である『生命の木』が原作ですが、それからはかなりの程度変更が加えられています。

 未見の諸星フアンの方は、映画として成立するのか等々色々な意味で不安かもしれませんが、是非一度ご覧ください。ちなみに原作を先に読むのが必須かと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
諸星大二郎の短編漫画「生命の木」を原作として製作された、いわゆるJホラーの一作。しかし、諸星先生の描き出す独特の世界観を、スクリーンに映し出すのにある程度成功しているため、他のJホラーとは一線を画す作品となっている。

しかし、脚本がガチャガチャで、整合性が取れていない。説明不足の点や、逆に余分に付け足された部分が多く、観終わった後、「結局あのシーンはどういう意味だったのか」という疑問が多く残る。しかし、阿部寛が予想以上の好演を見せていたため、ギリギリ☆3つを差し上げよう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
今なお日本の伝奇SFに(伝奇SFマンガに非ず)巨大な影響を与え続ける諸星大二郎の、
これは若き日の金字塔。この頃、氏は確か未だ20代ですか、あな恐ろしや。

氏のデビュー時に「この道」の大先達・半村良の講評で、
百のアイディアを精査して使えるのは一つか二つ、とか宣われたのが思い出ですが、
増刊ジャンプ誌上で読んだ当時の私は小学生(笑)。
今でこそ生命の樹なんて単語も頻出するご時世ですが、
後にも先にも百科事典を引きながらマンガを読んだのは、アレ一回きりであります。

さて映画の方ですが、そんな「生命の樹」に神隠しの「天神さま」辺りも加えての長編化。
役者はかなりの布陣で、もともと稗田は誰が演ってもマニアは納得しないのでOKだし、
神戸ちゃんは重太を演る為に生きてるようなヒトだし。
若干説明的な台詞が鼻につきますが、諸星流衒学趣味の極致たる創世神話のくだりを、
古フィルムに収められた“はなれ”の人々の読経で一気に見せるのは悪くない。

ただ神隠しと善次の復活との絡みが映画のストーリー上は失速してしまった。
監督も映画のスピード感とエピソードの選択に悩んだようなので、そこは減点。

そしてなんといってもこの映
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ファイアーエムブレム フィギュア