通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
奇縁まんだら がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

奇縁まんだら ハードカバー – 2008/4/16

5つ星のうち 4.8 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 2,057
¥ 2,057 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 奇縁まんだら
  • +
  • 奇縁まんだら 続
  • +
  • 奇縁まんだら 続の二
総額: ¥6,171
ポイントの合計: 76pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容紹介

いまや日本を代表する女流作家が、藤村、川端、三島から岡本太郎まで、21人の物故巨匠作家との奇縁を綴った随想集。誰にも書けない日本文学史“ライブ”であり、“自立した女性”の魁となった著者の精神史でもある。

内容(「BOOK」データベースより)

島崎藤村、川端康成、三島由紀夫から岡本太郎まで、21人の物故巨匠作家との奇縁を綴った随想集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 288ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2008/4/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532166586
  • ISBN-13: 978-4532166588
  • 発売日: 2008/4/16
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 14 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 172,919位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
 文壇を代表する作家をはじめ、著者が接した傑物、奇才たちの忘れがたいエピソード、思い出を記したエッセイ集。大作家と称される人たちの素顔が生き生きと、時に生々し過ぎるくらいの鮮やかさで活写されていて、ぐいぐい読まされてしまいました。

 川端康成〜三島由紀夫、谷崎潤一郎〜佐藤春夫、今東光〜松本清張など、続けて取り上げた作家の間に、不思議な奇縁ともいうべき引き合う力が働いているところにも興趣を誘われましたね。

 横尾忠則のカラー人物画の妙とも相俟って、著者が言葉を交わしたあの作家、この作家が彷彿と浮かび上がるエッセイとして、これは実に味があって面白い。本屋でぱらぱら拾い読みしていたら、「これはぜひ、家でゆっくり読みたい一冊だなあ」となりまして。で、読みはじめたら、のめり込むように読み耽っていた次第。

 本書に取り上げられた人たちは、以下の21名。
 島崎藤村。正宗白鳥。川端康成。三島由紀夫。谷崎潤一郎。佐藤春夫。舟橋聖一。丹羽文雄。稲垣足穂。宇野千代。今東光。松本清張。河盛好蔵。里見'ク。荒畑寒村。岡本太郎。檀一雄。平林たい子。平野謙。遠藤周作。水上勉。

 初出は、日本経済新聞の土曜日付け朝刊、2007年1月6日〜2008年1月5日。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
著者が若い頃から文学の世界を歩んできた間に接してきた大作家などの見事な人物伝。

普段は声をかけることさえ憚れる様な、また、私にとっては既に歴史上の人物になっている
ような文学界の大物達に変に構えることなく自然体で一人の人間同士として接していく著者の姿が、そのような大物達が垣間見せる人間味を引き出し、そのエピソードを、読者がその場面にいるがのごとく感じさせるほど、生き生きとし、かつ、みずみずしい文章で著者は描き切る。

特に、私自身がその作品を愛している作家については、あの本を書いたあの人は、このような人物だったのかと感慨深く、思わず何度も読み返している自分にふと気付くページも多く、その意味でも、寂聴さんにとても、楽しませてもらった。ありがとう。

本書を読むことにより文学史上高名な作家達に、いままで私が自分なりに抱いていたイメージをくつがえされたことも多々あった。数々のエピソードの一つ一つは読者を時に、唸らせ、苦笑させ、そして、感動させることであろう。
それは寂聴さんという魅力的な人間性を持った文学者の人間に対する愛情や優しさが生み出した賜物であろう。

明治生まれ以降の日本の文壇の大物達の貴重な人物伝として歴史的資料としての本書の
価値も高く評価したい。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 麻冷 VINE メンバー 投稿日 2009/2/9
形式: ハードカバー
どこにも品格という言葉は出てこないが、登場人物に品格ありの実話を品格ある文章でまとめていて、それだけでも何だか殺伐としていてがさつな空気も漂う今の世の中への問いかけにもなっているような本である。生き方によってはどこまでもどろどろとしそうなところを粋にかえていくそのエネルギーの源は知性であろうか。横尾忠則の挿し絵がまた素晴らしい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
日経新聞の連載を楽しみに読んできました。
こんなに早く単行本化されるとはとの驚きもともに、再読しました。

錚々たる顔ぶれとの寂聴さんの縁。
寂聴さんの体験と感性を通じて、
知っている人の意外な一面がうかがえ、知らない人への興味が湧きます。
そして何より、寂聴さん自身が一番見えてきます。

現在も連載中です。続刊が楽しみです。

これまで寂聴さんに関しては、法話や講演を聞いたことはありましたが、
小説・エッセイなど文章は読んだことがありませんでし、聞いた話以上の知識
がない読者の言い分で失礼しました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
寂聴さんは今とても可愛らしいお婆ちゃんの尼さんだ。若い頃はきっと素直で明るくひたむきであったのだろう。

彼女と関わりのあった大作家達がそれぞれ10頁内外で面白く描かれていて、非常に面白い。作家だけに人情の機智のようなものに触れる話が多い。すべて好意的な見方に徹しており、この人は元来好かれるひとなんだなぁ〜と納得がいく。

続も注文しておきました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック